森のこと2019/03/01 16:34

今日の生きもののお話は、目の前の森のこと。

ブログの趣旨は生きもの全般のことなので、そこから逸れないようにお話したいと思います。

 

森の昔のオーナーは、緑を守る協定に参加していて積極的に環境を守っていたので、森の中にポコっと小さなアパートが建っているだけでした。

 

前のオーナーがいなくなり、新しくその土地を買い取ったオーナーは開発に熱心な様子で、工事が始まると森はあっという間に切り崩されました。(大きな建て物がたつ予定)

森に隠れて見えなかった向こうの景色が驚くほどによく見えて、少しショックかも。

写真の手前に写っている両サイドの樹木は、それぞれ隣家の木が写り込んでいるもので、森の木ではありません。裸の斜面が森があったところです。もっとも奥の上方に見えているのは遠くの山々です。


消えてしまった森は、家族で親しみやすい名前をつけて愛でていました。夏の夕方になると、窓を開けてクーラーを止めて、それぞれ冷やしたモノ(酒やスイカ)を飲み喰いしながら、森の方角から吹いてくる木の匂いがする風を待っていました。暗くなると、森の方へと走り去ってゆくハクビシンの背中を見送ったり、ホトトギスの声も聞けました。


……あぁ痛いな〜。

そんなわけで、今年の春は庭にリスもやってこないし、コジュケイもやってこないし、ほんの少し前まで春がきたと大騒ぎしていたトビたちも、根城を追われて姿が見えなくなりました。

今はカラスすらいません。

ウグイスの声も先日1回聞いたきりで、そのあと一気呵成とばかりに森が伐採されたので、このあとウグイスの声が聞けるのかちょっと不安かな……。


いつもと違う、寂しい春になりました。

 

愛猫は相変わらず、春の生きものの往来を見ようと勝手口の窓を陣取っています。

ところが、春になると毎日のように庭にやってきていた、いつもの野鳥や小動物が今年はちっともやってこないので、春ならではのワクワク刺激をいまだに得られずじまい。

 

重ね重ね、残念だなぁ。

時間が経って、少し環境が回復したら、消えた生きものたちがちょっとは戻ってくるかな?

そうだといいのにな。


今日のこの話の最後に、もうに度と見られない、いつぞやの森の夕暮れ時の様子をひとつ。
昔ガラケーで撮ったものなので、トイカメラで撮ったみたいに見えますが……。

記憶が間違っていなければ、秋の森、樹木の落葉が進んで少し静かになった森の上に、月と宵の明星と木星が並んで浮かんだときの写真です。
肉眼では月と金星と木星が並んで見えていましたが、映っているのは月と金星です。
この森の景色とお別れです。

曽我の梅林へ2019/03/05 13:53

先週末、大磯方面へ行くついでで曽我の梅林に遊びに行きました。

いつも車で通り過ぎるばかりの道も、花の季節を迎えてガラッと雰囲気が変わると新鮮です。

今年は河津桜の花見のタイミングを逃しそうな気配(一応、三浦の河津桜は今週一杯まで)なので、満開の梅の花を見られて良かったです。

全体的に白か桃色の梅で埋めつくされていたので、その中で紅梅が咲いているところに出くわすと目を引きます。

 

手前に枝垂れ梅が、その奥に梅林が広がっている様子……屏風絵にありそうな梅づくしの景観です。

 

白梅は、同じ白でもクリーム色がかったものと青みがかかったものがあって、かなり印象がちがいます。


 

スラッとした枝垂れ梅は、庭植えにしても場所を取りそうにない優れものの梅の木に見えました。庭が狭いと、そういうことばかりが気になります。

ただし、細っそりと上に伸びるとはいっても、形良く上手に剪定するノウハウが必要そうな気もしましたが……なので、もし自然樹形でスッキリきれいに伸びてくれるのなら、ぜひ庭に植えてみたいな〜と思った次第です。

(写真の桃色の枝垂れ梅はフジボタンという品種だそう 白の品種は一般向きではないそう)

 立派で可愛らしい枝垂れ梅を見ていたら、庭に植えたい欲望とスゴイ庭ができあがる妄想が膨らむばかり。いったい何を見ているのやらわからなくなりました〜。


疲れを忘れて梅林を歩き回ったあと、一路、見晴台をめがけてミカン山の坂道を登りました。

梅林の全体を上から見ると、梅の薄ピンク色の広がりがフワフワとして幻想的でした。

見晴らし台のベンチに座って、梅に埋もれる風景をしばらく眺めました。


見晴らし台への坂道では、オオイヌノフグリが青い花をたくさん咲かせているのをみることができました。

青い花のコロニーに近づいてみると、保温中って感じのテントウムシを見つけることができました。無事に越冬を終えられてなによりでした〜。

今よりも目線が低いところにある子ども時代は、これが春を象徴する代表的な景色でした。オオイヌノフグリにシジミチョウ、とか……。

 

曽我の梅はあと数日は楽しめるのかな?

ともあれ梅林に遊びに行った日は、天気が不安定で雲が多く、時々パラっと小雨が降る瞬間もありましたが、なにせ梅の規模がとても素晴らしく、散策しがいがあって楽しめました。

天気が良いと梅林の向こうに富士が見える)

わざわざ足を伸ばして良かったです。


アーマンディのツボミ2019/03/06 14:22

白いツボミがだんだん大きく膨らんできたな〜と思っていたら、今日は、幾つかのツボミがパクッと口を開いているのを発見。

いまかいまかと待っていたので、やっと開花がはじまって嬉しいかぎりです。


大型の常緑の原種のクレマチスだけに、放っておくと、野趣にあふれすぎてゴチャゴチャしてくるので、昨年はかなり大胆にツルの整理をしてサイズダウンさせました。

それでも、またツルをビュンビュンと伸ばしまくってあっという間に元のボリュームに戻りましたし、今春もこれから花をたくさん咲かせる勢いです。

なるほど、地植えにして数年すると、勢いがでてきて少し困惑しますが、強く剪定しても勢いよく復活するので、アーマンディは強くて扱いやすい(作りやすい)クレマチスですね。

やっぱり、鉢植えのときとはちがってパワーがあります、おかげで毎回ザックリとツルの整理をする楽しみができました。

 

あとは、白くて良い香りのする花がドバドバ咲くのを待つばかり。

やっと庭が賑やかかになりそうです。


侘助つむぎ2019/03/07 12:45

年末にGETした盆栽仕立てのツバキ、侘助(ワビスケ)が、待ちに待った花を咲かせました。ツバキは濃くて深い赤い色のほうが魅惑的ですが、こうして見ると、淡いピンクも悪くはないですね。ちょっと花びらが痛んでいますが、咲いてくれて御の字です。


ところで、ツバキの中でも侘助は、お爺チャンが昔からもっとも好きな花……でも、しばらく前から再び病気がちになり、入退院を繰り返すようになりまして、快復を思ってワビスケやツバキのグッズ類を集めだしたところ、その延長線上で侘助育てがはじまった次第です。

 

そのツバキですが、ツバキのモチーフは和雑貨や陶器に見つけやすいので便利ですね。

ツバキをキッカケに和雑貨や和文化に感じ入る機会をたくさん持つことができました。

当たり前に見かけているツバキ紋様も、うまく特徴を捉えて素敵に見える模様にしていることがよくわかりましたし。

それで調子にのりまして、ときどき通っている日本画のワークショップでは、見たその通りでなくてもOKな日本画の便利さをいかして、お爺チャン用に、ワビスケをファンタジックに描いてみたりもしました。

 

そうこうするうちに、じっさいに「侘助を育てて花を咲かせたら一緒に喜べるかも〜」と思いたちまして、そんな折に見かけたのが、苔玉で作られた小さなワビスケでした。

 

ところが、その考えは少し甘かったのか、昨年末に買った2鉢のうちの1鉢は、今冬の記録的な乾燥にやられてすでに枯死……さっそく厳しいスタートに。

……なんとなく保険のために2鉢買っておいてよかった〜。

今後の管理方法についてよく考えなければ、来年の今頃、また侘助が危機を迎えているやもしれません。

 

ともあれ、無事に生き延びたほうの侘助が、桃色の花を咲かせてくれましたし、まだツボミがまだいくつか枝に残っています。

こうして咲いた侘助の花を写真にとって、見せに行こうと思います。


ヘスペランサ新参2019/03/08 15:24

いつもなら芽を出しているはずのゲイソリザ/ツルバゲンシスが、今年は姿を見せません。

いちおう、諦めずに待ち続けますが、毎年姿を見せたのは同じ1〜2輪のみで、新たに増えることがなかったので、力が尽きて終わってしまったのかもしれません。

 

それがあって、最近花屋で見かけたヘスペランサという球根花を、お試しで買ってみました。

なので、こうしてきれいに咲いているのは生産者さんの実力です。

来年以降もコレと同じように、可愛い花を咲かせられたらな〜と思いつつ、庭のどこに植えようかと適地を物色中です。

先日、お昼の晴れ間に開花したときの様子がこちら。

 

朝方、閉じている様子がこちら。

眠っていてもピンク色のツボミが花のように見えて、いい感じ。

ここの庭で上手く育って、どんどん増えてくれることを期待しています。