曽我浦へ/アカオ・ローズガーデン2019/03/26 12:46

先日、目的地へ向かう途中にアカオ・ハーブ&ローズガーデンへ立ち寄りました。

写真の右側の端は曽我浦にかかる橋。天気に恵まれたおかげで、公園から眺める景色がとても素晴らしかったです。


アカオ・ハーブ&ローズガーデンという名前からすると、バラの季節に遊びに行きたくなる公園ですよね。公園沿いのルートは週末になると混みやすいので、確実に混雑しそうなバラの季節はさておき、行ける時に立ち寄っておくのも良いかと……。

ちなみに、今は花桃が咲いていて、桜は……オオシマザクラが咲いていたのかな?他にも今の時期に咲く花をたくさん見ることができたので、散策がてらに花見ができて楽しめました。

斜面に咲くサクラとハナモモ。景色をふわふわにしてくれるコンビネーションですね。


終わった花も混じっているものの、まだまだ木はピンク色に染まっていました。


空中ブランコには行列ができていて、入れ替わり立ち替わり海へ向かってブランコをこぐ人たちが、空中でユラユラしていました。乗りたいけれど……先に予定があってブランコを待つ時間がなかったので、楽しそうな人たちを眺めつつ、交代のスキを狙ってブランコ撮らせていただきました。

メルヘンな雰囲気が漂う小道と……白いのはアズマ屋かな? 公園の中には和風に作られた庭もあればイングリッシュガーデンもあり、広いだけにいろんな表情が楽しめました。

小径の足元やロックガーデン風のところでは、イエイオン(ハナニラ)の青い花が青々と咲いていて、ウチの庭より日当たりがいいのだな……と現実にかえってみたりもして。

途中の小さな貯水池にいた盛り盛りのオタマジャクシたち。
酸素を吸いに水面あがってきては水底に潜って行く……肺呼吸しなきゃならないオタマジャクシは、上に下に、けっこう忙しいってことを思い出すのも春。

公園を上から降りてきて、確か最終ゾーンに作り込まれていた白い花壇。埋もれたくなる白さでした。
広い斜面に広がっているこの公園は、園内バスでいったん上まで上がってからゆるゆると全体を眺めながら降りてくる仕組みになっています。もし隅々まで丁寧に見て回ったら、きっと万歩計のカウントはアッサリ1万歩くらいになるような
(全部まわりきれていなくても5000歩だった)
……ともあれ、花と景色で気分転換ができましたし、いい運動にもなりました。

コメント

トラックバック