アオスジアゲハとヒメライラック2019/05/01 15:06

昨日のブログで姫ライラックがほぼ満開になったことをお話ししたばかりですが、今朝はその姫ライラックにアオスジアゲハが飛んできてずっと蜜を吸い続けたので、その様子をひとつ。

 

雨上がりということもあったのか、かなりお腹を空かせていたらしいアオスジアゲハは、夢中になって姫ライラックの小花にとりついていて、すぐそばに人間が何人かいても「関係ない」と言わんばかりの勢いでした。

 なので余裕で写真を撮ることができそうなものですが、アオスジアゲハって、花にとりついても強く小刻みに羽をはためかせながら忙しく蜜を吸うので、ピントを合わせづらい……。


ともあれ、へたな鉄砲数打ちゃなんたらで、撮るだけ撮りまくって、あとはのんびりとアオスジアゲハがヒメライラック花の上を飛び回る様子を眺めてユルリといたしました。

 

このアオスジアゲハは、毎春、ヒメライラックよりも少し早く開花が始まるヒメウツギの花をめがけて飛んできていました。ヒメウツギの真っ白な花の回りを2〜3羽がハタハタ飛び回っている様子はいつ見ても楽しげな光景でした。

ところが、彼らが飛んできていた方向にあった森が、今年の3月に開発で消えてしまいましたので、今春は昆虫たちがやってくる姿をいつものように見ることはできないだろうと思っていました。

 

じっさいに4月に入って庭に現れた1羽のアオスジアゲハは、まるで今回の森の伐採の混乱にでも巻き込まれでもしたかのようにボロボロになっていて、ちぎれた羽で一心に飛ぼうとする姿に胸のあたりがシュンとなりました。それでもヒメウツギがポツリポツリと咲き始めたばかりの庭へ飛んできてくれてくれたので、とても嬉しく思いました。

こちらが、そのときのボロボロの羽で庭を飛び回ったアオスジアゲハ。危なっかしい飛びかたでしたが、羽が壊れていても飛んでいるときの姿はやっぱりキレイな ”蝶々” です。


そのあと、満開を迎えたヒメウツギの花に飛んでくる蝶々を今のところ見つけられずにいますが、今朝はどこからか飛んできたアオスジアゲハを姫ライラックが足止めしてくれた模様、花の香りが蝶々を読んだのでしょう。

 

もしかすると、花のピークは過ぎようとしているものの、満開のヒメウツギの前で張り込んでいたら、いつものように“何羽も”とはいかないにしてもアオスジアゲハが現れるかもしれませんね。

花と蝶々、個人的には脳内にゆるふわ物質がツユだくになる組み合わせです。

ヒメウツギ2019/05/02 14:47

今日は、昨日のブログでお話ししたヒメウツギのことを話題にしたいと思います。
ヒメウツギは、地植えにしてから年数がたって株が充実するにつれて、魅力も増していっています。

今年の花は4月の半ば頃から花が開き始めて、下旬にほぼ満開になりました。今は裸になった落葉樹のしたで、晴れた日にはお日様をさんさんと浴びています。

頭上の落葉樹が完全に芽吹いて、ヒメウツギがゆるく木陰に隠れるのはもう少し先になるので開花中は晴れても曇っても降っても“真っ白”に弾けるように咲く姿を見ることができます。

 

そんなヒメウツギの花が終わる頃、そろそろ春もお終いです。

晴れたり曇ったり時雨れたりする春から初夏に移り変わる流れの中で、咲き続けてくれる花だと思います。

 

同じヒメウツギでも花びらの背に赤い筋が入るアケボノウツギがこちら。

かなり小さな苗木を手に入れていらい、その苗木のサイズからあまり大きくなっていないので今年も花は少しだけ。

遠からず地植えにする予定なので、そうなったらもっとジャラッと花が咲く様子を見られるようになると思います。

 

ヒメウツギはコンパクトで扱いやすいうえに、可愛い花が咲く便利な木。

年々花の数が増えるごとに良い木だなぁと実感しています。

エリナカスケード2019/05/03 16:15

花が次々とリレーするように咲く時期に入っているので、開花がピークを迎えているときにお話ししそびれた花がいくつかあります。

そのひとつがエリナカスケード。

 何年も鉢植えで育てていましたが、昨年地植えにしたので、移植後始めて咲く花です。

地植えにしたってことで、もっと根を伸ばすことに力を入れるだろうとタカをくくっていたので、予想よりも花が多くて驚きました。

強い木なのか、移植後の管理で何かやり損なっていることがあるのか、どちらなのか不明ですが、サザンカの仲間(ヒメサザンカとも)だけにきっと打たれ強いでしょう。

 あいかわらず、いつ見ても愛らしい花です。

虫もつかず、半日陰でも育ちますし、常緑のつやつやとした葉っぱも薄めで小さく、うるさくありません。やっと地植えにできたわけで、これからが楽しみです。

河津七滝2019/05/07 12:37

大型連休は1日だけ河津へお出かけいたしました。いつもは天城(あまぎ〜ごぉ〜え〜♪)を超えて南や西の伊豆まで行くところですが、今回は河津のループ橋の付近で道をおりて、伊豆の踊り子の舞台にもなった河津七滝(かわづななだる)の滝を見に行くことにしました。

目的地に近づくと目につくのはワサビ田。ワサビ田としては日本一ということで、見ているだけでワサビ欲が高まります。このワサビ田は伊豆屈指の光景のひとつなのだそう。

 

ところで河津七滝には伊豆でもっとも大きな滝があります。

いつもの滝巡りなら、現地で滝を1〜2本見て帰って来るところを、今回は七滝というだけあって7本も見られるうえに、彼の地で特大サイズの滝も混じっているという、滝三昧なコースでもありました。

というと何やら壮大感がございますが、全体の沢歩きの距離は長すぎず短すぎず。歩道も整備されているので、手軽でお得に滝巡りを楽しめるのではないかと思います。

(なるべく歩きやすい靴で行きましょう)

 当地はひんやりと心地よい空気が漂っていて、歩いている間中、滝のマイナスイオンに癒されます。下流から上流に向かって歩いて、さらに七つの滝を超えて猿淵まで行っちゃいましたがもっともラクな歩き方は上流側から川沿いを下り歩く方法だと思います。

で、散策コースは比較的短い距離とはいえ、歩けば汗だくになりまして、歩いた後は滝の周囲は大滝温泉郷の湯につかって体をほぐしました。

こちらがもっとも大きな滝……写真では水量がもっとあるときのほうが、大きさがわかると思います。滝全体は溶岩流が通ったあとにできた渓谷ということで、周辺のあらゆる石が独特の形になっています。

少し花のシーズンを過ぎつつあるオオデマリも発見。

野生のフジの花は今から真っ盛りになろうというタイミングでした。

 

余談ですが、グルメドラマで知名度がUPした“わさび丼”も食べまして、再び「自宅でわさび栽培ができないものか」という考えに思い及んだりもしました。

(すでに1度、不注意が原因でワサビが腐り失敗している)


やっぱりジオパークはいいですね。   

ミヤコワスレ2019/05/08 14:55

今年もミヤコワスレが咲きました。

ミヤコワスレといえば、もっとシックな濃い紫色の花をイメージしますが、庭に植えているのはどれもライトパープル色をした“青空”の花ばかり。

ミヤコワスレは花の期間が長いので、しばらく前に咲き始めていらい庭の方々で目を楽しませてくれています。

ほんとうは1箇所だけ、ピンクのミヤコワスレを植えているのですが、植え場所の条件があっていないのか何年たって大きくなりません。もっといえば、合わない場所に地植えにするとアッサリ消えてしまいます。なので、気に入った色のミヤコワスレを見つけたら、いくつか苗を手に入れて、植木鉢で少し大きく育ててから地植えにすると外しません。

それに鉢植えの間に、よく育つ日照条件とそうでない条件をある程度見分けられますし……。山野草は育てやすい草花なわりに、種類によっては、ほんのわずかな条件の違いでドバドバ増えるかみるみるすぼんで消えていくか、野草らしい表情を見せてくれるものがあって、ミヤコワスレはそのひとつだと思います。

 

カウントダウンしながら2〜3年で消えた場所は、そうでない場所といったい何が違うのだろう? といまだに不思議なままですが、野草だってバラみたいに咲く場所を選ぶのですよね、きっと。