パトロールの季節2019/06/04 14:21

久しぶりにラグドールのダン君の様子をばひとつ。

初夏以降、夜になると怪しげな虫やヒタヒタ歩く野生動物が出てくるようになって以来、ダン君は夜勤に精をだすようになりました。

その結果、朝の早い時間から爆睡するように。


 元来おっとり系のラグドールは、暴れないし、垂直に登らないし、声も小さいし、狩りに関心を示さない子が多いと言われていますが、時々暴れん坊がいることもあるそうで、ダン君の場合は遊び大好きなハンター……とはいっても短毛種の敏捷な猫のハント魂に比べればおとなしいものですが……。

 

で、先日も、益虫でありながら見た目が害虫なゲジゲジをほぼ完全体の状態で仕留め、その日はいつまでも興奮が冷めずに目がランラン……体内の興奮物質が切れて激しい眠気が襲ってくると、今度はスライム状になって爆睡しておりました。

猫だけに夜行性ごっこは楽しいらしく、当面は、夜勤の強い刺激に酔う日々が続きます。

 

その反面、これまで視線で追いかけまわしていたリスの姿を見逃すことにもなるわけです。

すぐに朝寝を始めるので、朝の早い時間に庭を通り過ぎるリスの気配に気づくこともありませんし、リスの行方を見張ることもありません。

朝、動物のシルエットがカーテンに……「ほら、いつものリスきたよ〜見なくていいの?」と爆睡中の愛猫に呼びかけたところで、言語通じるはずもなく……。

リスにしてみれば、見張られたり狙われたりといった、何者かに獲物扱いされているイヤな感覚がないのか、途中でヨイショと休憩していたりして、ダン君が寝てくれたおかげでリスに平和が訪れたらしい〜。

こちらとしても、猫の視線を気にしたリスがダッシュしなくて済んだおかげで、この日はリスの様子をゆっくり観察できました。

なるほど、そう考えると猫の夜行ごっこも悪くないですね。

ただし、今の時期のダン君は、夜中のパトロールだけでなく明け方のカラスたちのカーカー騒ぎの時間帯にも、枕元を行ったり来たりして寝ている飼い主の髪の毛をギュギュっと踏むというふうに、飼い主の寝ている間がせわしない……。

夏には夏の(夜寝ずに家中&室内をうろつき回る)冬には冬の(真夜中にほおずり&ホットなグルーミングを繰り返す→何度も起こされる)猫事情があるわけで、結局、それにも付き合わされているのよだなぁ〜と思うこの頃。

まぁ、こうやって落ち着かないのも猫がまだ若くて元気な証拠。愛猫に真夜中に叩き起こされたとか、寝てたら頭を踏まれたとか、ウン◯がお尻にぶら下がったままだったとか、ブツブツ言えるうちが幸せなのですよね。

ヤマアジサイの季節/アヤ、クレナイ、ベニツルギ、佐久間テマリ2019/06/06 15:40

ヤマアジサイの開花が始まったのは少し前のこと。

庭のヤマアジサイの中ではどちらかというと開花が早いアヤ(綾)が、今年もいちばん最初に開花。

木が自発的に古い枝を更新をしたかのように、昨年のうちにほとんどの古い枝が枯れてしまいました。

なので今年は若い枝ばかりになってしまって、花は生き残った枝に咲いた3つばかり。そのかわり、入れ替わるように地際から生えてきた若い枝がたくさんあるので、きっと来年はたくさんの花を見られるでしょう。

 

クレナイ(紅)です。色が変わってゆく様子を順番に並べてみまししょう。


最初は白色にはじまり、次第に赤い色がのってきて、個人的な好みではやんわり染まったくらいの頃が表情の愛らしさに顔がほころびます。

紅色に変化中のクレナイと、似たような花姿に見えるベニツルギのツーショット。

(両者は葉っぱの形、色と茎の色が全く違います)

こちらは、クレナイの色変化の見本臭のような1輪。


そして、こちらが今朝撮ったもの。

外側のガクが反り返り始めると、ついに色もくすみはじめておしまいです。このクレナイの赤い色もこれから暗くなっていって、枯れた色になったところで変化を終えます。

 

改めてベニツルギ。一番手前に写っています。(三つ上の写真に写っているものと同じです)

ベニツルギの背後には、色変わり中のクレナイが、さらに奥に写っている濃いピンク色は終わりつつある佐久間テマリです。

このベニツルギ(鉢植え)もおそらく地植えにすると今の薄い青色ではなくなるのではないかと思います。そのへんは土のpHバランスに気を配ればいいわけで、気が向いたら土の調整をしてみようかと思っています。

 

佐久間テマリの名前がでたので、今年のサクマテマリの様子をひとつ。

今回は土の影響でピンク色になりました。

鉢植えから地植えにしたばかりの前年までは、やさしい水色でしたので、そのまま今年も水色だろうとタカをくくっておりましたので、一瞬「あれ?」となりました。

3つ上の写真にうつりこんでいるように、終わりかけの今はすでにかなり濃いピンク色になっていますが、この色もかわいいな〜と思いました。

ヤマアジサイの季節#2/藍姫、斑入り甘茶、伊予白、白富士2019/06/07 13:09

ヤマアジサイのアイヒメ(藍姫)です。藍色や青色がキレイです。

庭のヤマアジサイの中では開花が早いほうで、5月の半ばすぎにはシーズンが始まり、そろそろ終わりかけとはいえ、今なお長く花を楽しませてくれています。

日本画に使う岩絵の具を思い出させるような色ですよね。昔の浴衣にも使われていたような、なつかしい青色。アイヒメ、名前はかわいいけれど実物シブいです。


こちらは斑入りのアマチャ(斑入り甘茶)です。
アイヒメと同じように早くから花のシーズンが始まり、あとしばらく花の色形が移っていく様子を楽しむことができそうです。

色が変わり、しべが開いてさらに雰囲気が変化した状態がこちら。

定点観測で同じ花を見ていると、微妙に移ろっていく様子がよくわかりますね。

この斑入りアマチャは、葉っぱの斑が独特で魅力的。

たいてい斑入りというと、少しばかりうるさい感じになることが多々ありますが、このアマチャの葉は、絞り模様みたいなシュワシュワ感があるからか、いい具合にぼやけて印象がやさしくなっています。なので飽きないし、葉っぱだけのときでも結構イケてます。

全体が小ぶりなヤマアジサイの中では、このアマチャはどちらかというと大柄なほうですが、半日陰の目立つところに植えて、シェードガーデンのシンポル的存在にするならほどよい大きさだと思います。

(常緑だったら美味しそうな葉でシェードガーデンを年中可愛らしくしてくれるだろうに…)

 

イヨシロ(伊予白)です。今年も柔らかな白色で開花中。

小ぶりなポチッとした花が、地味ながらもポチポチと咲くのですが、これがなかなかラブリーだったりします。

もしかすると、見慣れない人には変わったアジサイに見えるかもしれませんね、まだ咲きかけで本気じゃない……みたいな感じで。

このイヨシロは枯れるまでずっとソフトな白色のままです。

 

シロフジ(白富士)です。同じ白色でも明瞭で濃い白。

雨の日はとくに、白富士の冴え冴えとした白花は浮き立って見えるので、これは雨の庭には欠かせない存在だよなぁ〜と毎度のように思います。

伊予白と同じく花色は変化せずずっと真っ白なまま、枯れるまで咲き続けます。


早くも1年の半分が過ぎ、いつの間にか雨の季節になりました。

梅雨は水が好きな植物たちがイキイキとしてくるので、雨の庭が楽しくなりますね。

ヤマアジサイの季節#3/緑星てまり、乙女の舞、舞妓2019/06/11 10:57

山アジサイのほとんどの種類は、そろそろ終わりを迎えています。季節がきたと思っていたら、次々に移り変わっていきますね、年々時間が経つのを早く感じるようになっています。

こちらは緑星てまり(ミドリホシテマリ)です。

どちらかというと早くから咲いて、でもって、どちらかといえば長く鑑賞できるヤマアジサイだと思います。

名前の由来通り、花の間から緑色の星が見えている様子がこちら。

緑星テマリは、そんなに気を使わなくても丈夫に育って、花もそこそこ咲かせてくれますし、スラッと伸びる傾向があるのでスッキリ見えるよう剪定しています。ヤマアジサイの中でも強くて扱いやすいので、日陰の狭いところに植え込んで色々と遊んでいます。


乙女の舞(オトメノマイ)です。このヤマアジサイも鑑賞期間が少しばかり長めです。

華やかな形の花(ガク)が咲くのに、不思議とおとなしい雰囲気かもしれません。

個人的には、キラキラ星っぽい星型の花と乙女チックな色合いがミックスして、天の川に現れる ”乙姫” と言いたくなるような風情のアジサイだと思います。

花のアップがコレです。乙女の舞は、色が入り混じりながら変化してゆくうえ、「まだ咲いている〜」という油断があるせいか、うっかりしていると変化の様子を見逃してしまいます〜。

 

こちらはヤマアジサイの舞妓(マイコ)。咲き始めの頃の様子です。

曇天の日の朝に撮ったので、かなり暗い中に咲いている姿になりますが、やっぱりヤマアジサイってシェードガーデンのお姫様ですよね、暗くても映えます。

ピークの頃がこちら。何色ともつかない微妙さが魅力的ですが、地植えにしたら土の具合でまた様子が変わるのだろうな〜と思いつつ、今のこの様子が好きなので鉢植えで育て続けています。

すでにピークが過ぎた今現在は、少しずつ色が褪せていっている最中で、そろそろ花を切り取らねばなぁと思いながら果ててゆく姿を見ているところです。

ヤマアジサイの季節#4/瀬戸の月、津江テマリ/ベニガク2019/06/12 15:44

ヤマアジサイの瀬戸の月です。

以前、寄せ植え(鉢植え)で育てていた間は、瀬戸の月は毎年ブログにUPしていたと思います。じつは2年前、一緒に寄せ植えで植え込まれていた植物のほうが勢力をもってしまったらしく、真夏の水切れのときに瀬戸の月だけ枯れてしまったのでした。

ちなみに、ヤマアジサイの花後って、手入れの都合上たいてい挿し芽をするのですが、発根の確率は2割あるかないかで、瀬戸の月は挿し芽に成功していませんでした。

というわけで、枯らしてしまった瀬戸の月のことが名残惜しく、昨年、苗木を手に入れて今年の開花に至りました。

小さいけれど1年ぶりの瀬戸の月の花。

おととし枯らしてしまった瀬戸の月は、ずーっと和風の鉢に入っていたから、かなり渋い感じがしていましたが、器が変わればずいぶん印象が変わるのか、軽くて若々しい感じがします。気のせい?後ろのアスチルベや、その他諸々のシェードガーデンの仲間が、瀬戸の月の印象を変えているのかな?

ともあれ、次の植え替えでは、明るくて軽い雰囲気の鉢に入れてみようと思っています。


津江テマリです。咲き始めの頃の様子です。

絞り模様が和風で素敵ですね〜、 津江テマリは今年もたくさん咲きました。

テマリの大きさがほどよい重たすぎないサイズなおかげで、このところ続いているディープな雨天でも、雨水を含んでモタモタすることなく咲いています。

こちらは津江テマリの昨日今日の様子です。(じっさいの色に近いのがこの青)

そろそろ終わりを迎えようとしている花が増えましたが、それでもまだ青い花が日陰の庭を美しく見せています。

津江テマリは雨の日を楽しませてくれました、感謝です。

 

真っ白ですがベニガクです。

ベニ色でガク咲きだから、きっとそのような名前が付けられたのでしょう、でもじっさいは真っ白の状態でスタンバイしている期間があるので、油断しているとベニ色に染まりながら変化してゆく様子を見逃すこともございます。

ベニガクは、庭のヤマアジサイの中ではいつも最後のほうにピークがやってくるので、華やかな西洋アジサイや、交配種のアジサイの開花の頃と重なります。

なのでウチの庭では、ベニガクはヤマアジサイの終わりを告げる品種になっています。

ということで、さらにベニ色に色づいたのが昨日のこと。

このところ寒風の吹く冷たい雨が降ったり、晴れても涼しく湿った晴天だったり、富士山にも雪が積もったりして、こういう不思議な天候は古来から日本にいるアジサイたちにはどんな感じなのでしょうね?

いずれにしろ、このあとものんびりと花色が変化しそうな気配のベニガクです。