ヤマボウシ/月光2019/07/09 14:43

方々でヤマボウシの花が咲いているのを見かけるようになりました。

庭のヤマボウシ“月光”も、6月の半ばには咲き始めて以来いつの間にか満開状態を迎えて、いまなおずっと、かわいい白い花で木を覆っています。

この白い花が並んでいる様子は、まるでレースの花模様のように見えるからか、毎度花が咲くたびに「シンプルなワリにかわいい木だなぁ」と感じ入っております。

このあとなるライチの小さな親戚のような姿をした実は、野鳥に先を越されっ放しで食べたことがありませんが、おいしいらしいので今年こそは1粒食べてみたいかも……。まぁ熟れ頃の実を野鳥より早く食べるのは難しいと思いますが。

 

そんな“月光”の常緑の葉っぱは、黄緑や赤色が入って少しばかりHOTな感じの質感があるせいか、とりたてて鑑賞価値を感じることはありません。ですが、元気のいい緑の葉っぱを年中見られる、という点ではありがたい存在になっていますし、ウチの庭では半日陰に近いところに置いているので、暗いはずの場所に緑があって大助かりです。

 

いつか地植えにしようと思いつつ、大きな鉢植えのまま、何年間もその日がくるのを待っていましたが、否が応でも外構をやりかえなければならない事態になったために、ようやく“地植えカウントダウン”が始まりました。

 

なので、月光をじっさいに地植えにした日にはどうなるのか? ……ともあれ、鉢植え最後の年になるかもしれない月光の花を、梅雨の間中楽しませてもらっています。