西洋ヅタ2019/08/01 11:04

夏になると、ハンギングの西洋ヅタのひとつが実をつけ、葉の色も赤く燃えるかのように濃くなります。

西洋ヅタといっても種類が多くていろいろありますが、このツタはずーっと何年も植えっぱなしで、たまに簡単な施肥をする程度で生き続けているツワモノです。

夏に水切れを起こして多少枯れ落ちる部分があっても、生き残ったところから復活をはじめるので、やっぱり屈強。

水切れを起こしやすいものの、植木鉢のサイズに合わせて淡々と生き続けるので、使いようですよね。

ちなみに、斑入りのヘンリーヅタは地植えでも増えすぎませんが、普通のヘンリーヅタは少々大きめに広がりますし、こぼれ種でコッソリ増えていることもありますので、植木鉢での管理がラクでいいのかなと。

まぁ大変はびこるタイプのツタに比べると扱いやすいとは思いますが……。

 

話を元に戻して、この西洋ヅタの新緑の頃からこれまでの様子をひとつお話いたしましょう。

初夏の頃、葉の色がだんだん赤みを増している頃の様子です。

 

そしてこちらが花。すでに実になりはじめているものもありますね。周りの葉っぱがあまりにも大きくて存在感があるので、主張しない花は見過ごされてしまいます。


花のサイズは5ミリくらい。小さな星型の花は虫にようにも見えます。

 

実も葉っぱも、色づき始めるとあっという間に赤色になり、ページの一番上の写真のようになります。

実は、時期がきたらつんでしまうので、この実(種)から発芽するかどうかわかりなせん。

でも、これを食べにくるトリや動物を見たことがなく、ついばまれた形跡もなく……なので、土に植えれば芽吹くタイプなの種なのかな〜と。たとえば斑入りヘンリーヅタなんかだと、こぼれダネに土がかかればパクッと芽を出すので、国内で見かける西洋ヅタの多くは、増やそうと思えば種から増やせそうですよね。


ともあれ、いずれこの実は全てつむことになるのですが、いつも実をつむ頃というのは、周りから草花が減った晩秋から初冬の頃。夏に実も葉も赤くなるので、少々暑苦しい印象を持つこともありましたが、すでに日足は短くなり始めていて、じきに立春だったりするわけで……なので、秋を一番どりしていると思えば、印象が変わりますね。(ほとんど個人的な都合)


いずれにしろ、これからは葉っぱだけでなく観賞用の実も時々眺めて過ごす日々です。

デグー/夏毛へ変身中2019/08/06 16:46

デグーのルディさん、かなり久しぶりの登場です。

上の写真は今朝の様子。見ての通り、超高速換毛がドバッと始まりまして、1週間ほど前から古い毛と新しい毛のツートンまだら模様になっているのでございます

ひらがなの「く」の字がいっぱい。

まだらな頭に小さなくの字、まだらな背中は大きなくの字がいっぱい。夏毛はよほど短いのですね。

それで、このところ毎日のケージ掃除の時間になると、あたかも掃除の手から逃れようとモワモワ浮遊する毛の様子に、ムズムズ〜モヤモヤ〜させられています。


まぁ、一気にまとめて換毛を終えるほうがラクといえばラクなので、舞う毛で少しばかりモワモワする期間があっても、いっときのことと割り切れますが・・・。

ルディさんの場合、換毛でお腹がいたくなるかもしれない心配をしなくてすむのは良いところのひとつになっています。


こちらは今夕の様子。

ルーさんは毎日ちゃんと砂浴びをしていても、どうしても汚れがちになるエリアがあるので、その汚れが目立つ首元からお腹にかけて、小さなブラシで軽くコシコシしています。

(ブラシは人間用付け替え歯ブラシのヘッド部分/毛先はコンパクト&やわらかめ)

ピンボケしちゃってますが(背後に焦点があってしまってマス)ブラッシングで悦に入っている様子を2〜3枚ほど……。

「そうそう、そこそこ……そこだよ、そこね」と、自ら体を移動させて、なにげに指示出ししていたりも。お腹のあたり、脇腹もブラシで梳いてもらえば、悦に入るデグーの出来上がり。

飼い主としては、どうしても汚れのほうが気になるところ。「ほれ首の下、ここキレイにしないとね」って日課のように淡々とやっていますが、このアゴから首元の部分だけはなんとなくスッキリしない〜。まぁ皮膚炎とか起こすレベルではないので大丈夫なのですが……。


余談ですが、ブラッシングをするとき、普通の持ち手ある歯ブラシを使おうとすると、なぜか柄を含む “歯ブラシ全体” を気にしてしまい、「なにコレ、なにコレ」が始まります。それだとブラッシングにならないので、同じ歯ブラシでも、付け替え用ヘッドでブラシしている次第。

たまに、ブラッシングで悦に入った隙に、こっそり付け替え用ヘッドから柄のある歯ブラシ持ちかえることもありますが、すぐに違いに気づいて「なにコレなにコレ」が始まりガジガジ噛み噛み開始。「コレかじり木、破壊対象だなっ」といった具合です。

本当は、首元の汚れの除去率アップを目指して、極細歯ブラシや歯茎用ソフト獣毛歯ブラシも使いたいのですが……デグーのルーさん目線からすると、柄ある歯ブラシと歯ブラシヘッドはベツモノということらしいのでした。

もしや、飼い主の手が本人(本デグ)の体の近くにあることで、ブラッシングではなく、撫でられていると認識しているのかも? 歯ブラシのヘッドだとタッチも違うだろうし、飼い主の手の一部くらいに思っているのかもしれないなぁ〜……そのあたりは、デグー語が話せる逸材でも現れない限り、謎でございます。

 

どのみち、我が家のデグーはどちらかといえばビビり屋さんなので、小さくて細かいことを針小棒大にして気にする性格なのかも知れません。

とはいえ、ブラッシングをさせてもらえるのはありがたいことで、汚れがちな部分にブラシをあてつつそのブラシに毛の汚れを移し、その汚れたブラシを洗って乾かし、また次のブラッシング……。これを繰り返せるだけでも、 “熱闘独りマーキング” で汚れる運命にあるルディさんの内側の毛の清潔と安全は、無事に保たれている模様です。


ちなみに、今は、始まった換毛のお手伝いがてら、頭の周辺にマダラに残っている古い毛も、ブラシでスキスキ梳きとっています。ブラシを使ったスキンシップもまた楽しいものですね。

レモンマートルとハナバチ2019/08/07 15:54

今年のレモンマートルの開花は7月末から始まりました。

梅雨に涼しい期間が長かったぶん、昨年や一昨年に比べて遅い開花になりました。

 

レモンマートルはこの先も永久に、枯れない限り大きなプラ鉢で育て続けるつもりです。

使っているプラ鉢が何リットルか忘れてしまっていますが、鉢の高さは45㎝で直径は50㎝。……で、鉢の高さも含めた木の高さはほぼ3メートルなので、木に対して少し小さめの鉢でも枝が栄えて充実した木に育ちます。

50㎝の苗木から育てて9年目の現在/湘南〜三浦の温暖な気候下で)

葉っぱの香りは通年、そして年に一度の花の香りも、どちらも楽しめる木だと思います。

 

昨年までは、早朝にミツバチがいっせいに花をめがけてやってきて、気温が上がり始める前にサーっといなくなっていましたが、今年は目の前の森が消えた影響なのか、春先からミツバチを含む昆虫類が激減しています。

ただハナバチだけは、見かける数が少ないにしても、いつもの花をめがけてたびたび飛んできてくれます。


なので、レモンマートルの爽やかな砂糖菓子のような、なんともいえない優しい香りが、無駄にならなかったなぁ〜と一安心しています。

(レモンマートルの花には、他にハチやアブの仲間が数種類とアリが訪れます)

 

さて、ここからは余談になります。

今年はミツバチの出現回数が格段に少なすぎて、たとえば、いつも初春の頃には庭の水鉢に代わる代わる水を飲みにきていた、という出来事が懐かしく思い出される日々です。そしてミツバチだけでなく、花アブもすっかり姿を見かけない状態で、今年は受粉がなされなかった庭のユスラウメは数えるほどしか実がなりませんでした。

目の前の森が消えたことが原因なのか、激減した大小様々な生きものたちは、いずれある程度まで回復するだろうと思いますが、さすがに原因によっては「以前のように元どおりに」とはいかないかもしれません。

……だとすると、寂しいものですね。

 

それで「いつものようにユスラウメの実がなった」とブログに書けずじまい……といったことが今年は続いています。それとも「一粒だけなりました」って書けばよかったのかな?(春の嵐で花が落ちたとしても、最悪30粒くらいはなっていたのになぁ)

 

そんなこんなで、結果的にブロフの記事数も今年の春から減っていて、やっぱり森の消失は痛かったのかもなぁ〜。

 

ともあれ、庭の木にトリや昆虫がやってきて、それを愛猫がオヨヨっと見入って、そんな様子を見られる毎日があるというのは、実にありがたいことなのですよね。

なので、当たり前と思いがちな日常を大切にしたいと思います。

キャットテール2019/08/08 14:25

雨が少ない今の時期は、キャットテールの赤いフサフサが存分に楽しめますね。

(雨をたくさん吸い込むとボサボサになる)


あるときから完全に植木鉢に植えっぱなしの状態になっていて、時々施肥をする程度の管理ですが、もう10年以上ず〜っと生き続けているツワモノです。

冬から初夏の頃までは、わずかに地上部分を残すのみのスカスカ状態になるので、一見、雑草混じりの土が入った意味不明の植木鉢が置かれている状態になります。

ですが、夏の半ばに入る頃には、葉を鉢いっぱいに茂らせながら赤いフサフサの花をたくさん垂れさせて、一気に楽しげな雰囲気に変身。

 

ここ最近、近所の花屋ですっかり見かけなったキャットテールだけに、近隣で目立つ存在になっています。

 

さわるとふわふわだし。

赤にもいろいろあるけれど、きれいな赤色だし。

シッポ型のカワイイ妖精みたいで、つい話しかけたくなるし。

いつからか、葉っぱの中には府が入ったものも混じるようになっていて、(葉っぱの白っぽいガラの部分)それはそれでユニークな個性になっています。

この斑入りの部分だけ挿し芽にしてうまい具合に増殖させられたら、斑入り葉キャットテールが完成するのでしょうね。(そのような増殖行為は個人の鑑賞目的でのみ行いましょう)


このあと、秋が終わって寒い真冬になるまで、楽しい花とラヴリーな形の葉っぱで楽しませてくれるはずです。

爪研ぎのリニューアルとマタタビ2019/08/09 15:48

愛猫ダン君のお話です。

ダン君はどちらかといえば小柄なほうとはいえ、ラグドールはもともと大型の猫なので、ダン君の爪研ぎは成猫になってからはビッグサイズのものを使っています。


そして、先日は年に一度の爪研ぎの交換を行いました。

家の1回と2回に1台ずつ設置しておりますが、だいたい1年くらいたったあたりで、爪研ぎからボロボロと崩れ落ちるダンボール屑の分量がふいに増え始めるので、散らかり具合を取り替えのサインにしています。

 

2台あるおかげで、年に1回の交換で済んでいるのかな……たぶん。

 

そして爪研ぎが新しくなるときの行事になっているのが“マタタビでトリップ”でございます。

爪研ぎに付属しているマタタビは、残念ながらダン君には効かないので、もっともよく効くメーカーのものを新しい爪研ぎに振りかけます。

 

以前もお話したことがありますので重複しますが、マタタビは年に3〜4回程度しか使用しておりませんが、使うときは、必ず爪研ぎのところで使うようにしているので、ダン君にとって爪研ぎは気持ちよくなれる場所。

 

すごいな〜と思うことは、年に数回しか使わないというのにマタタビのことをとてもよく覚えていて、マタタビの箱を取り出すと、ニャオニャオ言いながら爪研ぎのところにスタンバイして、粉をふりかけられるのを待つこと。

 

ということで、今回も爪研ぎの更新ついでに、お気に入りのマタタビ粉をふりかけて、NICEトリップしていただきました。

 さっそく新品でガリガリ……「こにマタタビの粉がある〜」とでも言っているふうに、マタタビの粉がふりかかった位置でガリガリのアイドリング。

 

インナーワールドへの旅が始まりました。(肉球についたマタタビ粉をなめています)

 

宙を見て「ヤッホゥ」? 音を見ている?? 空間の何かと交信中。

いちおう、ダン君が宙を見てランランとするたびに、目線の先を追って探してみますが、目を凝らしても透明な空気があるばかり。いったいどんな様子だか、教えて欲しいものですね。


寝っ転がって「ココ誰〜?」。スリスリしたり、ウットリしたり、遠い目になってボンヤリとしたり、同じトリップでもスリスリやボンヤリは、宙を見るのとはまた違うモードなのでしょうね、たぶん。

 

マタタビが効いている時間は、だいたい5分あるかないか。
なので数分間、夢のニャンコワールドにひたったような、出張・豪華ご満悦コースって感じです。
日常の延長で考えると、もし愛猫が宙に何か夢のようなものを見たとしたら、虹色のゴキブリとか素敵な羽根のはえたダンゴムシとか……そんな感じになるのかなぁ。
しかも、マタタビの効力が切れると、アッサリと何もなかったみたいにフツーのダン君に戻るので、その豹変ぶりがまた面白かったりもします。
いちおう、人間でいうところの ”温泉” みたいな効果らしいのですが……。
幸運なことに、ダン君は爪研ぎ以外の場所で爪をガリガリ研ぐことがないので、それだけに、ガリガリウォールはダン君にとって、すこぶる気持ちの良い場所であり続けなければなりません。
……と、勝手に飼い主が決め込んでいるだけとも言えますが、いずれにしろ、もはや爪研ぎは道楽。

そのおかげで、このガリガリウォールは、”爪研ぎランド” 兼 ”異世界へのポーター”となっておりまして、ウチと同じようになっている猫の飼い主さんもそれなりにいるのではないかと思います。

ちなみに、親戚の猫一味は、ありとあらゆる爪研ぎを無視して家の壁や柱で研ぎますし、その昔ウチにいたネコたちもカーテンや壁面を駆け上っては高所に陣取っていました、なので今の愛猫がウォール信者で大助かりです〜。

 


マタタビは効きすぎる子もいるので、よく様子を見ながらお使いください。

❇︎ラグドールは一般に穏やかな気質で破壊と殺戮が少ないと言われていますがヤンチャな子も中にはいるそうで……個体の性格は様々と理解しておきましょう。