箱根へ避暑に2019/09/04 15:04

先週末は久しぶりに箱根へ行きました。季節感が狂うような、かなり暑い残暑が続いていたので、「よし避暑に行こう〜」ということになりまして……で、ついでにパン買って、いつもの箱根の蕎麦を食べてまいりました。

 

箱根は春先にヒマラヤの青いケシを見に湿性花園へ出かけて、帰りに大涌谷でまた黒たまごを食べて以来です。富士山が見えづらい夏場は、たいてい他の場所で遊んでいることが多いのですが、暑い時期にたまに訪れると、微妙な涼しさが心地よくてやっぱり箱根は避暑地だな〜と改めて思います。


ドライブ中の箱根の道にも、芦ノ湖の周辺にも、タマアジサイが咲いているのを見ることができました。


自宅の鉢植えのタマアジサイは、購入した年に苗木のままアッサリ枯れてしまいましたが、花の時期に箱根界隈へ来れば見ることができますね。タマアジサイを育てるのは簡単だろうと思っておりましたが、標高が高めの涼しい環境が好きなのかもしれません。

 

この日の芦ノ湖は、水をなみなみとたたえていて、少し強めの涼しい風が吹いたので、岸辺を歩いてのんびり散策すると快適でした。

暑い時期だからか、いつになくスワンに乗る人がたくさんいたようで、白・ピンク・黒・黄のスワンがオールカラー稼働していて、湖面が楽しく賑やかでした。

 


神社の中も巨樹でいっぱい、涼しげです。

 

平和の鳥居には、いつものように記念撮影のために並ぶヒトが行列を作っておりました。インスタ映えするとかいう理由かな? 寒い時期と違って、行列が長めだったような気がします。

 

5月の中頃から入山規制でまたもや立ち入られなくなった大涌谷は、通行止めになっているゲートの前まで行ってみました。

ゲートから奥の方に見える大涌谷は、目立って煙の量が多くなっていた様子、遠目にも煙のモクモク度合いがスゴイな〜と思いました。


活発化している最中、タマゴどころではありませんね。

ゲートのところで誘導している方々に、黒タマゴはどこにもないのかとお尋ねすると、「無いよ」と笑顔で言われました。


確かに、大涌谷で食べた黒たまごの数は半端じゃありませんが、やっぱりおいしい黒たまごだけにひとつも食べられないのは残念……大涌谷が沈静化して、早くお店やロープウェイが再開できるといいですね。

青花フジバカマの周辺で2019/09/05 12:42


少し前から、庭の青花フジバカマ(ユーパトリウム/西洋フジバカマ)が咲きはじめていたのですが、あまりに残暑が厳しかったことと、暑さのマシな時間に庭に出ようものならヤブ蚊の襲撃が半端じゃなかったことがあって、草花に水やりを済ませたらとっとと退散してばかり……一時的に涼しくなった昨日今日、やっとフジバカマのソバに近づく余裕ができました。

青花フジバカマが咲いて楽しいのは、たくさんのシジミチョウが入れ替わり立ち替わりやってきて、蝶々同士で賑やかにしている様子を見られること。

この青い花をめがけて、シジミチョウの他にセセリチョウもやってくるので、毎年咲くのが楽しみな花になっていて、で、やっと花のそばまで近づく気になれました〜。

せっかくなので、シジミチョウといっしょに飛び回っているセセリチョウも1枚。

 

そして毎年この花が咲く頃の恒例となっているのが、花の周辺でのクモの巣ラッシュ。

巣に1匹だけのクモもいれば、すでにペアで巣の中にいるクモもいて、当然のように青花フジバカマの周囲にも巣が張ってあって、シジミチョウは大丈夫だろうかとハラハラさせられています。

余談ですが、この昆虫ハンターのクモたちも、あともうちょっと成長して体が大きくなってくると、トリに根ら割れるようになります。昆虫にはクモの糸もクモの姿も見えなくても、トリには、くもの巣の中心で静止しているクモの姿が宙に浮いた状態で見えるのでしょうね。

 

青花フジバカマはこのあと、種を作り綿帽子を飛ばします。でもこの花が増えるのに最速の方法は、地中で根を広げてゆく方法です。

ただ、地下茎の張り具合はそんなに強くないので、間引いて調整するのは簡単。逆に勢いあまって間引きすぎないようにしております。

 

まだ白花のフジバカマ(日本のフジバカマ)は咲いていませんが、日本の固有種でも外来種のものでもフジバカマは花がおとなしくて地味な印象で、どちらも秋の山野草らしく季節感を感じられるのがいいですね。

どんなに残暑が厳しかろうと、庭にはすでに秋がきています。

すこぶる元気な桜錦2019/09/06 17:17

今日は、近所の養魚場からやってきた3匹の桜錦を巡って、金魚話しをひとつ。

新参の桜錦の子たちは驚くほどに元気いっぱいで、杞憂とわかっていても、勢いあまって桶から飛び出すのではないかと危ぶむくらいに、ギュンギュンパシャパシャ泳ぎ回っています。

個人的には、いまのところ江戸錦と桜錦は、どちらかというと寿命が短めで少し飼育が難しいという印象を持っているので、今回の桜錦の3匹の思いのほかイキイキと活発な様子を嬉しく思うばかり。

 

余談になりますが、トサキンと津軽錦は難易度高いイメージが定着しかけているところです。

 

ところで桜錦といえば、昨年の秋に今回とは別経由で桜錦を3匹GETしたのが“初めての桜錦”でございました。その時に合わせて江戸錦も3匹購入して、一緒に6匹で混泳させて育てておりましたが、1年経ったいま現在、結局、生き残っている達者な子はそれぞれ1匹ずつになりました。それで水槽の中が広くなりましたので、同じくらいのサイズに育っていた宇野系らんちゅう4匹と混泳中させはじめたのが今年の初夏のことで、結果的に元気のいい子たちの集まりになったからか、たいへん賑やかな水槽と化しています。

こちらがらんちゅうや江戸錦と楽しくやっている古参の桜錦。

背びれ無しのデザインでスピードを出して泳ぎ回ると、水の中をキュルキュル滑っているようで面白いし、面白そうに見えますね。


桜錦って、フォルムも顔も可愛いだけでなく、その名前がぴったり似合うくらいに、体に桜の色のいいとこ取りをしているうえに、何匹かが一斉にわ〜っと泳ぐとキャピキャピと舞う桜吹雪を連想、oh……ラヴリィ。(とくに丸い桶の中でクルクル回ると桜吹雪度が倍増)

 

……話を新参の桜錦に戻しましょう、

3匹ともにすこぶる元気で活発な子たちだからか、桶の中をクルクル回る様子は見ていて飽きません。

元気すぎて、刺激するとキャ〜キャ〜騒いで写真に撮りにくいので、一箇所にカメラを構えて静かに待っているのですが、この子が通って、次にこの子がパスしていって、もう一匹がそこを通り……で、またこの子がやってきて……まるで金魚版の何かのエクササイズを見ている気分にさせられます。

で、その小気味よく繰り返される、金魚の小さな回遊見たさに、時々桶の外から感づかれないように覗き込んでいます。

金魚がいっぴ〜き


金魚がにひ〜き


金魚がさんび〜き 


順番が決まっているわけではないと思いますが……故あって3匹でご回遊。


上から楽しむ金魚も、またいいですね。クルり〜クルり〜回っている彼らの様子を楽しむなら全貌が見える上からがいちばんです。

 

*感づかれないように→ 感づかれると「エサきたっ?」という反応にシュバッと切り替わって金魚もヒトもゆるやかではなくなるため


台風のあと2019/09/10 13:59

先日の台風のあとかたづけ、すぐに終わりそうにはありません。

とりあえず、割れた植木鉢を片付け、倒れてしまった若い木は引き起こして足元を固め、折れた樹木の枝を取り除いてまわりました。

それなりの大きさの植木鉢の大半が破壊されてしまったので、フトコロの寒さを極寒マイナス50度にも感じる次第……初夏から豪雨や嵐で庭がやられまくっているからかな。


それしても、今回の台風がくる前に、庭をぐるりと点検して、飛ばされそうなものは地面の一箇所に集めたり、頑丈なところへシュロヒモでくくり付けたり、できる限り対策を済ませておりましたが、そんなものは屁のツッパリにもならなかった台風15号。

想定を超えるレベルのものが通り過ぎて行ったことは間違いありません。台風の強風で方々にすっ飛んだガーデンラックやラティス類は、古さゆえに木っ端微塵になったものはできる限り集めてゴミ処理を施し、まだ使える新しいものは突貫で修理して再設置。

良くも悪くも、猛烈台風の通過は、家の周囲やベランダに置くモノの数を一気に減らす機会になりました。


最近では、台風意外の季節の嵐も威力を増していますし、そこへ猛威をふるう台風がやってくるようになりました。

そのたびに、傾きつつもなんとか耐えていた庭木は、しだいに、しだいに、一本ずつ傾きを増していって、今回はストロベリーツリーが昨日の台風でさらに傾きを増しました。確か昨秋の台風で太い枝が2本折れて、ストロベリーツリーは勝手にボリュームダウンしたのですよね。かなり木全体がスッキリしていたというのに、また傾くとはなぁ〜……。

ストロベリーツリーの傾き具合がよくわかるショットを1枚。

傾いたものは仕方がないので、木の傾きが増す側にある太枝を全て切って、頭を軽くして、木の重心がなるべくまっすぐ起きるように剪定しようと思ってます……が、このところの厳しい猛暑がもうちょっとおさまってから作業をするつもりです。というのも、ストロベリーツリーは、それなりに背丈も大きくなっていて脚立にあがって切らなければならないサイズなので、道具もスキルも弱い素人にとっては大変で面倒な作業になります。じっさい、マトモに手を入れることができるかどうかやってみなければわかりませんし。

ということで、ストロベリーツリーの生き残りをかけたスリムUP剪定は、この暑さが和らいでから……です。

中心に斜めに写っているのは、針葉樹の仲間と思われるの隣家の高木です。

この隣家の庭の大きくて見事なシンボルツリーも、根元から倒れてしまいました。

運良く、石垣によりかかるように倒れて止まっているので、ある意味ではラッキーだったのかもしれませんが……。いつも「ウチにもこんな大きな木を植えられたいいな〜」って思いながら、年々大きくなっていく様子を見守っていましたし、最近では木のてっぺんが我が家の2階の窓より高くなろうとしていたので、一体どこまで大きくなるのだろうかと楽しみにしていました。すっかり生活の一部になっていて、それなりの存在感をかもしだしていただけに、残念でなりません。(この木は切ってしまうのだそうです)

 

台風にやれてばかり……な話になりましたので、台風にやられてばかりではありあませんよ〜というお話もひとつ。

片付けをはじめる前に家の周囲を一周していたとき、住みかを追われつつも難を逃れたらしき小さな生きものがチラホラ目につきました。

ゆっくり写真を撮っている余裕がありませんでしたが、いちばんさいしょに目についた1匹の羽虫を一枚。思わず「ピカピカだね」と語りかけて一瞬ファーブルと化すほど、きれいさが際立ってに見えました。


台風で破壊されて壊れた物が散乱した風景のの中に、まったく無傷で新品みたいな姿を見つけられると、たいへん新鮮です。

あの暴風雨の中をよく無事にやり過ごせたものだなぁと感じ入りました。

今更夏毛へ移行中2019/09/12 14:39

再びウサギのフィー君の換毛事情です。

お話をわかりやすくするために、前現在のうさデータをお伝えすると、すでに8才半、かなり小柄(この2年間の平均体重は710グラム前後)

若くて充実していたときから比べて50グラムほど痩せていますが、日々食べる量はそれほど変わっていないし、大人になって以来、これといった病気に罹患することもなく元気です。

(痩せているのは栄養を吸収する力が次第に弱まってきているからでしょう→たとえば老化で腎臓の機能が若いときよりも低下していたり〜)

で、話しを換毛に移しましょう。

昨年はマトモな換毛がなかったも同然の状態だったというのに、思い出したかのように全身の換毛がはじまったのは、8月に入ってしばらくしてからのこと。

しかも通常のフィー君のリズムだと、以前なら7月には始まっていた換毛でしたが、今回はかなり遅くからはじまったうえに、まるで毛に入れ替わりに手こずってでもいるかのようにま〜だ終わらない……だからこちらも一向に気が抜けません〜。


ブラッシングをすると、いまだに柔らかな毛がキリがなくとれるので、少しでも暑さがマシな時間に外へ出ては、換毛の手伝いをしております。今朝のように、多少勢いのある風が吹いているような日は、蚊も飛んでいないし、梳きとった毛が風にサーっと流されて、手入れがとってもラクでした。

(風がなくじっとりとした日は集まった蚊にたかられ梳いた毛は汗ばんだ腕や顔や湿った服にまとわりつき「ゔゔ〜」って感じに)

目下、被毛は3層のマダラ模様になっています。首元の”オシャレ襟巻き風”な毛は、ほとんど抜けて生えかわり待機中。
チャイ・ラテ色の被毛でしたが、換毛の途上の今はグレーの毛の色が目立っています。

こちらは一部分のアップ。


それにしても、いい加減に換毛が終わる兆しがみえてもいい頃なのになぁ〜、老ウサギ的にはそれなりに大変なイベントになっているのだろうに。とはいえ、今回はかなり久しぶりに全身の毛が生えかわるような、まとまった換毛になっているので、まだまだ達者な証拠だと喜んだりもしていて……飼い主的には「かえってきた換毛」って感じです。

ゆっくりと後ろ足で立ち上がりかけて↑……この直後に、コロンとひっくり返りました。

ここ数ヶ月は、後ろ足で立ち上がってもすぐによろけて転ぶか、途中の半立ち止まり(中腰)になっていて、月単位〜季節単位〜でジリジリと衰えていっていますが、それは身体的な能力の部分。好奇心はあるし、囃せば嬉々として踊るし、ケージの前にいる人に向かってアピールするし、衰えていない部分もたくさんです。1日2回のペレットの時間も、”ケージに手を入れられる→怒” ということで、ヴァゥヴァゥ言いながら頭突きをせんと突進してくるというふうに相変わらずの怒りん坊です。転んだり怒ったりしているうちがハナ。


とにかく動物の特権って、どんなに老いてもフケて見えないところ、ですよね。

この換毛が終わると夏毛。あきたけなわの頃に夏毛ってのもなんですが、次にブログでお目にかかるのは、きっとこざっぱりとした毛になっていることでしょう。