赤と黒のヒキオコシ2019/10/10 15:43

気がついたら、庭のヒキオコシの花が咲いていました。

地味で目立たない秋の山野草なので、変化に気づけるように様子をチェックしていたつもりでしたが、なにせ庭へ出るたびに、小止み無く蚊にたかられる状態がいまだに続いているせいで、見ているようで見落とされている変化もたくさんある模様。

ともあれ、ヒキオコシにも無事に秋が到来。

濃紺色の花のヒキオコシがこちら。
まだまだツボミもたくさんあるので、もうしばらく咲き続けてくれるでしょう。

この紺色の花は、パッと見ると黒い花に見えます。黒っぽい小花は独特の雰囲気です。

 

風のせいでちょっとブレていますが、こちらは赤系の花

 

緑の草むらに、赤の小さな水玉が浮いているようにみえます。

明るい日陰、あまり花のない場所に植えられているので、小花でも咲けばそれなりに目立つのでしょうね。

それぞれ赤と黒のヒキオコシは、地植えにして何年かたっているから、今年は花がたくさん咲いてそれなりの存在感です。

ちなみにこれもシソ科の植物らしく、庭では、いわゆるシソ(食べられるシソ)の花もそろそろ咲き終える頃……当分はいろんな種類のシソの花が庭をにぎわせてくれそうです。

コメント

トラックバック