巣箱に床暖/デグー2019/11/26 19:08

久しぶりにデグーのルーさんの近況です。

寒さ対策を早めに済ませたほうがよい子から順番に、老ウサギ→ニャンコ→デグー→チンチラ……のはずが、デグーの飼育キットで更新しなければならないものがいくつかあって、デグーのルーさんの冬支度の完了が一番最後になりました。

 

まずルーさん用に使っている巣箱は、年季が入りすぎて替え時になっていたので新しいものを通販で注文。

こちらが引退前のボロボロの巣箱。天井を外した状態になっていますが、使い始める前に天井と底の両方に防水防汚のための薄いビニール版を貼り付けて、汚れを拭き取りながら長く使えるように手を加えます。なので今回お役御免になった巣箱は、冬から春までの間と夏から秋までの間と、天井と床を入れ替えてほぼ1年使うことができました。ちなみに、夏の時期は使えない牧草クズを巣箱の中に分厚く敷き詰めて、こまめに丸ごと交換……夏の牧草はイグサみたいで快適そうに見えます。

言葉の説明だけではわかりにくいかもしれませんので、参考までに、こちらが取り外し可能の天井部分。(白のビニール版を張りつけてある状態です)季節によって天井になったり床になったり、言い換えると取り外しの天井&床ですね。

 

前回の冬は、天井を外してくるっと巣箱の上下を反転させて、床暖の上に床のない巣箱をじかに置いたので、巣箱に入るとそのまま床暖の上で伸びられるようになっていました。

今冬もその方法でいこうと思っていて、巣箱の上と下に貼り付けるビニール版をホームセンターで購入して巣箱の防水防汚を済ませましたが、そのあと、片付けてあった床暖式のペットヒータを使おうとして固まってしまいました。

こちらの写真は破壊王のルーさんによって徹底的にかじられた床暖パネルの姿。

(パネルの白っぽい模様は蓄積して模様と化した汚れで製品の本来の色ではありません)

いちおう通電させるとなんとなく暖かくなるのですが、赤い絶縁テープが物語るように、いたずら防止の金属すらもかじり倒して中の配線が微妙に見えたところで春……。洗って片付けるときに、もう次は使えないかもなぁと思いつつ保管しておきましたが、今思えば、そのときに処分しておいたほうがよかったのかもしれません。


というのも、数日前に、ぐっと寒くなった日が続いたときに慌ててホームセンターのペットコーナーに走ったのですが、欲しいサイズがのきなみ売り切れになっていてガビーン……。

 

今すぐに床暖パネルが欲しい状態になっているというのに、これはどうしたものか〜と売り場をグルグルウロウロ歩きながら次の手を考えていたら、ふと目についたのは、1つだけヒーターの陳列から外れた違うコーナーにポツっと置かれた、ハムスター用の小さな床暖パネル。

 

「これじゃ小さいよ」と一瞬思いましたが、「やりかたによってはイケるかもっ」と思い直してハム暖を購入。

 

ということで、今冬は、巣箱の一部に配線を通すための溝を作って、巣箱の中にハム暖を入れこみまして、そこへストレートカットしたわら半紙をたくさん詰め込んで寒さ対策完了。

この新しい方法は気に入るかな?これでちゃんと暖まるかな? と心配でしたが、ハム暖入りの巣箱を設置したその日は、長めの睡眠……やっぱり寒さ対策が遅れている間、少し寒くて熟睡できなかったのかもな〜……反省……ともあれ、床暖入り巣箱を気に入った様子で一安心。

それにこの方法なら、パネルの配線をかじりまくって床暖をダメにする心配が減りますし、門歯がビリっとくる危険もなくせるかもしれません。

とにかく、今回これで暖房機材を破壊されることなく春を迎えられたら、ルーさん関連の悩みがひとつ解消するはずです。

一応すでに冬毛になっていますが、もともと冬毛も薄いので、冬毛って感じがしませんね。