紅葉の一条恵観山荘2019/12/03 17:01

先週末は一条恵観(いちじょうえかん)山荘へ紅葉を見に行きました。

比較的最近、2年前から一般公開が始まった施設なので、そのうち行ってみよう〜と思いつつ今になりました。

先日12月1日の時点では、まだこれから紅葉といったところで、山や園内のモミジは赤くなりはじめたばかり。

それでも風情のある山荘のお庭はため息がでるほどに美しく、寒さも時間も忘れて園内の散歩やお茶を楽しむことができました。


庭の方々で見られるカニ。これはつくばい(?)に水がはってあって、その中に沈められていたカニのモニュメント。

他にも、井戸の上や、庭園の小さな流れの途中にカニ像が置かれていました。

 

もっとも赤く紅葉しているモミジの木の様子。

 

この大きなモミジの木の紅葉が進んだら、きっと庭全体が赤く染まっているように見えそうです。


写真の真ん中に流れている川は滑川(なめりかわ)です。

この川の流れは、朝比奈峠から由比ヶ浜までの短い流れになりますが、そのわりにいつもきれいな水が豊富に流れている川です。

その滑川が、散策の最後に山荘の景観の一部、借景として景色の中に現れるので、「あれ?これって滑川であっているよね?」と記憶やら視力やら方向感覚やら、頭の各パーツの働き具合を一瞬疑ってしまいました。

おかげで、どこかへトリップでもしていたかのような異次元感覚を味わうことができまして、時間と空間の絶妙で斬新な融合に大感激。

なるほど〜周りの景色とうまい具合に調和する庭を作れば、うちの小さなマイ・ガーデンも、壮大なテーマを持つスゴイ庭と見る人に錯覚させることができるのですね? 今回は日本の庭の奥の深さに感じ入りました。

 

教訓;小さな庭も絶妙のバランスでつくることができればウルトラガーデンに変身する

(でもお金のかかり方もたぶんウルトラ級)

アゴにきた(一番刈りの新牧草)2019/12/04 17:33

今日はうさぎのフィーくんの近況です。あと三ヶ月で9才になります。上の写真は人参の葉っぱをハミハミしている様子です。

長年常用している牧草の新牧草が少し前から出回っているので、今年も同じようにフォーダーいっぱいに詰め込んで、たくさん食べてもらっているところです。


うさぎのフィーくんにとって、この愛用している牧草はよほどおいしいらしく、大抵は食べきることがほとんどでしたが、今回の新牧草はいつもより硬く感じられているのか、食べやすいものかさら先に選んで食べている様子。


さすがに一番刈りの新牧草の硬さがアゴにこたえる年齢になったのでしょうね。


もちろん、硬い牧草をまったく食べなくなったというわけではなく、先に軟らかなものから選り分けて食べたあと、食べやすい牧草がなくなってからフィーダーの周囲に残っている硬いものもチビチビ食べている模様。

こちらは床に散らばった硬い牧草です。


牧草はフィーダーにたくさん詰め込むので、軟らかな牧草を食べ尽くした直後は大量の硬い牧草がフィーダーの周囲で山のようになります。この硬い牧草が全て無駄になるわけではなく、ここからまた、より食べやすいものを選り分けながら食べている様子です。

ですが、これまでに比べて廃棄される硬い牧草は増えました。

・・・ 1番刈りの新牧草は、だんだん咀嚼が難しくなってきているのかな?


新牧草の期間が終われば、同じ一番狩りの牧草でももう少し食べやすくなるはずなので、あとしばらく、頑張って新牧草をハミハミしてもらおうと思っています。

 

ともあれ、食欲は大変旺盛ですし、餌の時間も元気前回のはしゃぎようで、噛み合わせのトラブルもこのところ起きておらず、いたって平穏な毎日。

強いて難点を言うなら、まだ冬毛になっていなくて薄器のような状態ですが、こうなることは予測していたので、とくに問題になるでもなく……すでに寒さ対策のためのバリケードを作っていて、少し前からケージのところだけ常春の暖かさになっていますので、換毛が間に合わなくても大丈夫。

ただ、冬毛になっていないぶん、体温調節がうまくいかないと思いますので、冬は室内の散歩も減らし気味。当面はケージの中がいちばん楽しくて暖かくて安心できる場所になりますね。


冬の庭/シクラメン2019/12/05 16:52

少し前からシクラメンが咲き始めています。

一時は原種系やらガーデンシクラメンやら、いくつかの種類のシクラメンの球根を手に入れましたが、花が咲かなくなったり球根が傷んだりで年々減っていって、今も無事に生き残って花を咲かせている球根は2球ほど。

その生き残った2球は種類が違っているからか、花が咲くタイミングが違っていて、今は少し大きめの花が咲くシクラメン(たぶんガーデンシクラメン)が花のシーズンを迎えています。

花が咲き始めると、あるときは1輪、あるときは2輪という具合に、なんとなく絶えず花がポチポチ咲いていて、しかもひとつひとつの花の形がいちいち違っていて、花を長く、いろいろに楽しめます。

もっとじょうずに育てることができれば、まとめてたくさんの花が咲く姿を見られるのでしょうにね。たしか前回はたくさんの花が長く咲き続けていたので、その後の栄養補給がちょっと足りなかったか、もしかすると、そろそろ球根の寿命が尽きようとしているのかな……?(球根は3〜4年目になるはず)

 ともあれ、この花をみるたびに、スーパーサイア人のヘアスタイルはこんな感じだったよなぁと勝手にマッチングをするのも行事になっていたりもして、冬の殺風景な庭で味わえる小さな楽しみになっています。

庭の12月のバラの様子2019/12/06 17:56

このところの天候は、これまでの季節感がすっかり狂ってしまうような、不思議な空模様になっていますね。

つい先日も、いきなり気温が上昇したあと、警戒レベル3の局所的な大雨に見舞われて、今の季節がこれまでどんなだったか忘れそうになりました。

 

庭のバラも、昨年と今年はいったいどの季節を意識して咲いているのか、または、どの季節と勘違いして咲かずにいるのか、よくわからないまま首を傾げていることが多かったです。

 

春に咲かなかったり、遅い夏を何かと勘違いして咲いてしまったり、秋バラは台風がくるたびに傷んでノックアウト……とくにハンスゲーネバインは暴風雨で花びらがぐっちゃ〜状態になりまして、かわいい姿が可愛そうな姿になるという具合に、今年は庭のバラがパッとしない一年でした。


そんな中、ここ最近ようやくまともな姿で咲くアイスバーグを見ることができました。

なんとなく、やっと待っていたアイスバーグに会えたような気分。


「バラだからただ咲いた」それだけなのでしょうが、ふんわりと静かに咲いている姿に癒されますね、アイスバーグのしめくくりの花がきれいで良かったです。

 

こちらはボレロのツボミ。すでに夢が詰まっているように見えるツボミです。うまくいけば3輪くらいは咲きそうな気配なので、どうなるのか楽しみです。

 

風雨や食害で痛みながらも、秋からひたすら花を咲かせ続けたミニバラです。

だいぶ株が充実してきているのか、今年の花の数はいつもよりたくさんでしたので、あとは良い環境に恵まれれば、来年こそたくさんの小花を見ることができると思います。


……その他のバラは、秋バラが散って終わっているか、遅すぎるツボミがチビっとついていてこれから切り取られる運命かのどちらかです。

バラを育てるといっても大きくは自然が相手なわけで、昨年今年と思うようにいかない度合いが増すこともありますが、これも庭仕事のうち……バラはまた来年に期待したいと思います。

冬のおおやま(こま参道〜阿夫利神社下社)2019/12/10 14:36

先週末はおおやま(伊勢原市の大山)へ出かけました。

目的は散策がてら味噌と豆腐を買うこと。

この日も朝から富士山が見えていて、いつの間にかまた冬が来たのだな〜と思う日々。

(冬はガスがかからない日が増えるので富士山が見える日も多くなる)

寒いけれど、冬景色を楽しめる季節になりました。

 

おおやまのこま参道付近では、まだモミジの紅葉がすすんでいない場所があって、見た目は秋でした。

参考までに、こま参道を3分の1ほど登った付近と……


こま参道のもっとも上の付近……。


いつもの皇帝ダリアもシーズンを迎えて開花中でした。

(早い時間に山陰に入る場所なので夕方みたいに見えています)

湘南では、今くらいの時期に方々でこの花が咲いているのを見かけることができます。ふと、近所の皇帝ダリアも咲いていないかどうか、様子を見に行きたくなりました。

 

いつものサネカズラも実をつけていたので1枚。海に近い我が家のサネカズラはとっくに実がなって、しかもトリに食われてあっけなく終わってしまいましたが、標高が高いところでは今が見頃の場所もあるのですね。

 

ケーブルカーの途中駅(大山寺駅)の景色。

家族みんなで眺望を楽しむ様子が、また良い景色になっていますね。

 

トンネルを出ても秋のトンネルが続いています。枯れ気味の葉っぱが混じってフワフワ感がありますが、黄色やフワフワが暖かく見えていい感じです。

 

おおやまでは、すでに恒例のモミジ祭りは終わっていて、行楽や観光のお客さんはいつもより減っていましたが、冬を迎えたとはいえ、おおやまの景色あいかわらず壮観でございました。

 

おおやま阿夫利神社からの景色を眺めたあと、阿夫利神社駅のそばのお店でビールをジョッキでゴックゴク〜。

こってり厚着した体にノ〜ロノ〜ロ散歩する程度のしょぼい運動……そんなこじつけのような汗をかいたにすぎませんが、やっぱり汗をかいたあとのビールはおいしゅうございますな…。

 

おおやまケーブル駅の周囲の桜。降りた側のホームの向こうに何本も木があって、こうして花が咲くと目をひきます。たぶん十月桜? この日は花がたくさん咲いていました。

 

帰路、こま参道を下りながら、お目あての豆腐も味噌もGETして、この日の“やることリスト”はすべて完了。せっかくなので、帰りの道すがら、豆腐を使ったフワフワなお菓子や、豆腐を使ったサクサクのメンチカツを食べ食べ家路につきました。

夕方、今度は夕暮れの富士山を見ながら走行。

いよいよ、冠雪した富士の景色が楽しい季節になりましたね。

秋咲きスノードロップが開花中2019/12/11 15:22

今年もまた、いつものように秋咲きスノードロップが咲きました。

昨夜降った暖かな雨で一面濡れています)

例年よりも遅い開花になったのは、今年の秋が暖かなうえに雨が多くて多湿だったことと、冬に入った現在も依然として暖かな傾向が続いていたからでしょうね。

遅まきながらの開花を喜んでいたら、このところ夜中に暖かな雨が降る日が続いたせいか、せっかく咲いた花の一部分が早々に腐ってしまうスノードロップもいて、思わず「あぁ〜かわいそうに〜」とぼやいてしまったりもして……。

空気も土もあともう少しばかり乾燥しているほうが、秋咲きの草花には好都合なのになぁ。

なにがともあれ、いつもの時間に遅れたにしても、こうしてスノードロップが変わらず可憐な花をさせてくれて一安心、待った甲斐がありました。


なにしろ今年はモグラの活動がすこぶる盛んで、このスノードロップの球根もいつ被害にあってもおかしくなかったわけで、そう考えると、もはや魔除けレベルの強運と逞しさ……。


この調子で、これからもいろんな災難をすり抜けて無事に咲き続けてほしいです。

余談ですが、花びらの内側に極小サイズのクモが隠れていたので、1枚撮ってみました。

ただの雨宿りなのか、花を目当てにやってきたのか……もうそろそろムシの姿は消える頃ですが、このスノードロップや小さなクモのように「まだ秋」と思っている生きものもいそうですね。もしかしたら、まだ他にも予想以上に遅れて咲く花があるかもしれませんね。