試しに嵯峨菊を2019/12/17 11:26

冬になって花が少ない季節になると、四季を通じて庭に生き残り続ける花のおおよその傾向が見えてきますね。

あるとき、いろんな種類の花を植えても、日本の環境では1〜2年草として消えていく花だったり、もともと環境がマッチせず直ぐに消える運命だったり……なんとなく庭に残るのは、在来種の野草系の草木とか、外来種でも原種のものとか、いつの間にか素朴な庭ができあがる次第です。

 

なので、ここ最近は珍しい草花への関心も微妙に薄れておりまして、難しい珍種はパス、何度試してもダメだったものはもう手を出さない……といった具合に、環境に適応する可能性が高そうで、咲けばきっとキレイかもしれないものを、慎重に選ぶようになりました。

 

そんな中で最近目に止まって2株GETした菊が、嵯峨菊。

 庭に都忘れや友禅菊、段菊、野紺菊が咲くなら、嵯峨菊も咲くかもしれない……と思い立ちまして、お試しで買ってみたのでございます。

もちろん菊といっても本当にいろいろで、洋菊も和菊も環境に合うか合わないかは数回試してみなければわかりませんので、あくまでもお試しです。

もしこの嵯峨菊がうまく根付いてくれたなら、冬の庭に僅かながら花が増えるという寸法。

バフッとなった嵯峨菊、白とピンクのフサフサが軽やかですね。

花壇の、適度に乾きつつ水が切れない場所へ植え込もうと思っています。

……大株に育つといいのにな。