江ノ島にニャンコに富士2020/01/03 11:47

元旦の日の江ノ島です。

今回の年末年始は好天に恵まれているので、富士山を見られる日が続いています。

冬季は遠方の富士がよく見える確率がぐっと上がるので、キレイな夕日に富士山が浮き上がる様子を見られますし、そこへ今の季節は宵の明星も西の空に浮かんでいたりして、夕景が楽しい季節です。(宵の明星は11月〜4月まで西の空に見られる)

 

ということで、お正月の江ノ島周辺の様子をひとつ。(奥に富士、写真左はシーキャンドル)

 

ライトアップ中の江ノ島は、シーキャンドル(江ノ島灯台)を中心に、全ての道に電飾が施されているので、幻想的で寒さを忘れます。

なので日が暮れても、寒さも時間も忘れていつまでも遊んで回ってしまいます。

辺津宮から奥津宮へ続く途中の道に、


辺津宮から中津宮へ続く途中にある木道。

公園も道も地面も樹木も電飾で光っています。

中津宮と奥津宮の途中の参道から見たシーキャンドル。観光客も参拝客も、この場所で次々と立ち止まって写真を撮っていました。


今日はどんなニャンコに出会えるかな?……と期待つつ、聖天島公園から江ノ島に入りましたが、その日聖天島公園付近にニャンコを見かけることはできませんでした。そのかわり、参道のお店の前で何匹かのニャンコを発見……江ノ島の猫たちは、冬だけに寒そうにしているものの、いつものように元気そうでした。

寒いといってもどちらかといえば暖かな冬。外で暮らす猫にはラッキーですね。


明確ではありませんが、この子には首輪があったような……放し飼いのニャンコ店長だったりして……やっぱり冬場は暖色の茶トラに目が温められますね。


※バタバタと騒音をたてて駆け寄ったり、追いかけ回したりしないでね。寝ているところを撫でると叱られることもありますよ。 from江のニャン


今年も開催しています、コッキング苑の色とりどりのチューリップ&ライトアップ。

冬になっても電飾と花と灯台と海の幸でいっぱいの江ノ島は、こうしてみると1年中賑わっています。

それに今年はオリンピックのセーリングがこの地で開催されるので、当面はお祭りムードが続きそうですね。

ともあれ、良い一年になりますように。

みかんとメジロ2020/01/04 11:41

年末に小箱で買ったみかんが、2つ傷みはじめているのを発見。

モッタイナイので、カビる前に無事なところだけ食べるか、動物たちにあげるか……と一寸考えて、結局、庭先にだして、通りかかった生きものに自由に食べてもらうことにしました。


これまでの経験から、遅めの時間帯にりんごのヘタや柑橘類などの果実類を外へ出すと、夜行性のハクビシンに食べられるのが常でした。なので、今回も暗い早朝のうちにセット。


ひとつ目は予想より早く食べ尽くされ、早朝だしたみかんは昼過ぎには皮だけに。

みかん狙いのお客さんはメジロでした。




しぶ〜い。しぶくてかわいい〜。

余談ですが、メジロが止まっている裸木はユスラウメ。

ユスラウメの木の直線的に伸びる枝って、こうして見ると、メジロの背景で独特の模様のようになっていて、思いがけずシブさ倍増効果がありますね。

 

ふたつ目のみかんは、早朝庭へだしたあと、午前中のうちに完食される素早さ。メジロ見たさに毎日みかんを置きたくなりました。

せっかくなので、ふたつ目のみかんは、小さなメジロがどうやって自分の体ほどもあるみかんを素早く食べているのか、解体される前にみかんに近づいて観察。

まず、あけた穴を掘るように食べ進んでいって、それにつれて穴もだんだん大きくなり・・・

半分まで食べたあたりで、今度は反対側から食べ始め・・・なるほど、食べにくくなったら、食べやすい方から再スタートするらしい。

なんとなくやっているだけなのか、それともメジロは効率的で無駄のない働きかたをするコトリなのか? てっきり、最後までみかんの中を真っ直ぐ直進し続けるものと思っていたので、メジロをバカにしてはいけないなと反省〜。

それに、クチバシの素晴らしいドリル痕(あと)に感じ入りまして、久しぶりにまた小鳥を飼い衝動に襲われました。

リスとシークヮーサー2020/01/06 12:20

前回のブログ記事は“みかんにメジロ”でした。

そして今日はシークヮーサーに入れ込むリスの模様です。

その前に、前回のメジロの様子を2階の窓から撮った時の写真の片隅に、シークヮーサーが写っている様子を参考までに1枚。

 

食べるにはタイミングが遅くなってしまったシークヮーサーを、「野鳥が食べるかな?」と試しにガーデンテーブルの上に置いたのは大晦日。

ミカンよりも数日早くシークヮーサーは台の上に置いたわけですが、傷みかけたL玉のミカンの売れ行きのほうが、あまりにもスピーディー。なので、食べごろを過ぎた10個ほどのシークヮーサーは、このまま庭の飾りとして終わるのかもなぁと思っておりました。

 

けれど、メジロの「みかんキャピキャピ〜」が呼び水になったのか、つられるようにリスが飾り台の上に上がってシークヮーサーの“実”を持ち去り始めました。

柑橘系もイケるのか?……リス? 2階からではなく勝手口の猫用窓から覗き飲んで撮影。


このあと、視線を感じたリスは、こちらを見て尻尾をブワッと膨らませつつ、実をくわえてダッシュ、しばらく戻ってきませんでした。

 

リスが全ての実を運び去るまでほぼ2日、朝の早い時間に4〜5個、これを2回繰り返して運搬終了……その場で食べた分もあったと思いますが、遠くの巣まで、何度も往復して運んだ実のほうが多かったと思います。


リスにしてみれば、前年から、隣家のクヌギの木が切られたり、開発で森がひとつ壊されたりで、近隣の野生動物たちと同様に餌は激減しているはずです。

そんな条件にあっても、冬の寒さにも負けずに食べものを探し当てて生き抜く彼らに脱帽〜。それにしてもリスがシークヮーサーの実を食べるとは意外でした。

 

そんな野生動物たちのキビシイくもしたたかな生活ぶりを、愛猫はいつものように勝手口から「家ニャンは見た!」と興奮しながらロックオン。

忙しそうに”ただ見ているだけ”のニャンコですが、ミカンにはメジロが、シークヮーサーにはリスが、年明け早々、刺激が盛りだくさんなお正月スペシャルでございました。

原種のスイセン開花中2020/01/07 11:15

年末からポツポツと咲き始めた原種のスイセン、いつの間にか花の数が増えていました。

すでに一番初めに咲いた花はしぼんでいますが、まだツボミが下から幾つか立ち上がってきているので、あともう少しの間、入れ替わり立ち替わりしながら咲く様子を見られそうです。
こちらは年末の咲き始めの頃の様子。この頃、暖かめの大きな雨粒が降ってきて、咲いたばかりの花が数輪、傷んでしまいました。とても薄い花びらなので、傷ついた部分から腐ってしまったのかな? こういう年もありますよね。
原種のスイセンって繊細な見た目なので、まとめて球根を植えた方が見栄えがするのでしょうね。はじめに何球植えたのか忘れましたが、何年か前に、試しに花壇に植えたときからゆっくり増えているので、思ったよりも育てやすい球根花だと思います。

 

……で、今日(1/7)はこのあと、またもや冬らしくない緩い雨が降ってきそうな気配。

しかも明日にはまたもや春のような温に上昇するらしく、だとすると、これから降ってくる雨粒はボタボタ大粒の雨? 今冬は夏みたいに大きな雨粒がドボバタ降ってくるのですよね……もしそうなら、せっかく咲いている原種のスイセンの薄い花びらがまた傷んで、茶色にトロケそう……。

ま、どうなるのかわかりませんが、そうなる前に、今の様子をカメラに撮っておくことにしました。

つくづく、カメラはまるで虫捕りカゴのように、つかまえた草花や虫たちをその時のまましまっておけるので便利ですね。

ということで、こちらは今日の様子です。もうちょっと日当たりがあるほうが、この原種のスイセンの魅力を引き出せるのかもなぁ。(たぶんほんの少し徒長気味)

とはいえ、これも楽しみ方のひとつと思えばこれはこれでいいのかな。なんだかんだ言って、着々と球根は増えている様子ですし。

せっかくきれいに咲いていることですし、今がシーズンなわけですし、これから”ホットL玉雨粒対策”をほどこして、花が傷まなないよう工夫したいと思います。

サザンカの花が真っ盛り2020/01/10 12:55

毎年12月くらいから咲き始める庭のサザンカ。今の時期は木にいっぱい花が咲いて、花を目当てにメジロが飛んできています。

なので、花びらのところどころに小傷が……でも、メジロが犯人と思うと腹が立ちません。

このサザンカは、こちらが意図して植えたのではなく、勝手に生えてきたサザンカが大きくなったもので、今でもこの木から落ちた実が周辺の地面に散らばり、方々からぽつぽつと小さなサザンカの苗が芽生えてくる勢いです。

このまま放っておくとサザンカ林ができあがるのかもなぁ〜と思いつつ、庭が狭いので生えてきた苗は間引かれているのでした。

ちなみに、現在樹高は3メートルほどで、生垣の角の、とても日当たりの悪い狭い場所に埋もれるように生えていて、そのせいかのんびりとコンパクトに育っています。

 

ところが作年、この何の変哲もない名無しの自生サザンカに、思いがけない出来事が起きまして、自然の猛威に驚かされました。

繰り返しになりますが、この自生サザンカが生えているのは、生垣の角の狭くて埋もれるような日陰の場所。これが、去年の災害指定をされた巨大台風のあとに木の傾きが変わりまして、「え?そんなところでも強風が吹いた?」……意表を突かれました。

 

でもよく考えてみると、たとえば冬に猛烈な雪が降って積雪が30〜40センチになったときは、吹雪の吹き溜まりになる場所なのか、自生サザンカの生えている場所がもっとも深く雪に埋もれて倍近い積雪量になります。

この場所に風雨が集まるのはてっきり冬だけだろうとおもっておりましたが、夏の嵐でも、風向き次第で風が渦を巻くような場所になるのかもしれません。

 

で、サザンカは台風の暴風で傾いてしまったわけですが、古い生垣に沿うように、もともと少し斜めに伸びていたのが、暴風で“真っ直ぐ”になりまして……今回に限って、良くも悪くも伸びる方向を矯正してもらったカタチになりました。

これまで嵐の影響を受けた木は、折れるか傾くかで伐採される運命だったので、サザンカだけいきなりスラッと真っ直ぐに正されて、少々困惑もいたしました。正直いえば、生け垣にゆるやかに沿うような樹形のほうが、このサザンカ的には風情があって格好良かったのですが、まぁ、背筋がピンとなった姿も悪くはないかな……ただし、次に同じような暴風が吹いたら、今度は前のめりに倒れてくる?

そうなる前に、このサザンカが暴風の危機を感知して根ヂカラを増してくれるよう鍛えたいところ。

いつまでもメジロの冬のカフェテリアとして憩える木であり続けるように、これからはこまめにサザンカの木を褒めちぎってやろうと思います。→根性を鍛えようという魂胆。


✳植物の実験で、褒めた植物は元気に伸び、罵声を浴びせた植物は弱ったというお話がある。

冬のクレマチス(アンスンエンシス又はウィンターベル)2020/01/14 13:46


冬咲きのクレマチス、常緑のアンスンエンシスの開花が始まりました。

原種のクレマチスらしい、たくましさと強さが取り柄で、庭の緑が少ない西側や南の明るい日陰に植えています。

西側の乾燥しやすい場所には、こぼれ種で増えたアンスンエンシスを地植えにしていますが、地植えだからか乾燥にも耐えていて、たいへんなはびこりよう。ツルが伸びる季節になると、温められたラムネのようにドバシュワー吹き出して鬱蒼となるので、昨年は何度も間引いてスッキリ育てました。

先に花が咲いた西側のアンスンエンシスで、今冬は柱やデッキの手すりにサラッと絡まっています。

太陽が南中を過ぎて、日が入ってきた頃の様子です。ネルフラワーみたいな花びらが、いっそう暖かな感じに見えますね。

今の時期の西日はやわらかく、日暮れになると色とりどりの夕焼け空になる日もあるので、冬に咲くクレマチスのおかげで、つまらなかった西側の庭に表情ができました。


時々ヒヨドリが飛来しますが、大抵この冬咲きのクレマチスの花にやってくる中心的な野鳥はシジュウカラ。なのでヒヨドリの目当てはクレマチスの花なのか、すぐそばのトネリコの鉢植えか、いまのところ不明です。

✳ヒヨドリの様子はミラーカーテン越しに室内から観察できそうですがヒトの視線を感じるらしく早々に逃げられる

 

こちらは南側の明るい日陰のアンスンエンシスです。

シジュウカラが頻繁に飛んでくるのはこちら側のクレマチス。

 メジロがサザンカの花にとりつくように、結局、アンスンエンシスも小鳥たちにつつかれてしまうので、傷のない真っ白なまま花のままではいられません。

まぁ、花に小鳥の組み合わせはカワイイのでOK、これからしばらく、白い花も小鳥も両方見られて楽しくなりそうです。


参考までに、昨年の花後の様子を2枚。種はタンポポみたいに方々へ飛んでいきます。

フワフワとした綿帽子が開いた様子は、なかなかフェアリー。こぼれ種で増える力が強いので放っておくといろんなところから生えてきます。育て方のコツは思い切って間引いてあげることかなぁ〜。

とにかく自家製の苗でアレコレ試すことができkるので、こんどコンパクトに切り戻しながら育てる方法も試してみようと思っています。