さくらが咲いた2020/04/02 12:54

今年も近所の沿道の桜並木が満開になりました。花見がてらに散策を楽しむ人の姿を、今年は見ることができませんが、それでも桜の花は変わりなく満開で、季節はどんどん過ぎていっているようです。

せっかくなので、ほぼ満開の桜の様子をひとつ。

先日ある花を探しに、夫婦池という緑地まで足をのばしたついでに、“独り花見”をいたしました。

散策しているうちに風が強めに吹きはじめて、池にさざ波がたちました。

(このあと天候が崩れました)

新緑と桜と池は静寂に包まれていました。


桜は、花だけでいっぱいの木もあれば、新緑を見せながら咲いている木もありました。同じ桜でも種類が違うのか、天候が複雑なのか、日当たりの条件で開花の仕方がまちまちなのか……いくつかの表情が楽しむことができました。

 

緑地の中では、オオイヌノフグリが点々と水色の花を咲かせている最中で、地面はけっこう賑やかです。

タチスボスミレは青い花を開花中。この野生のタチスボスミレの種が動物によって運ばれているのか、うちの庭にも、どこからともなくやってきたタチスボスミレがポツと咲いています。

 

水色のハナニラも所々でまとまって咲いていて、ピカピカな感じの星型の花が目を引ききました。


遠くに咲いているのをズームで撮ったこの花↑は、たぶんムラサキハナナかな?

地面の方々で青系の花をたくさん見ることができました。


シャガは咲き始めたばかり。ごく近所にシャガが群生している場所があるので、タイミングよく通りかかる機会があったら、また写真に撮っておこう……と思いました。

 

緑地内にいくつかある小さな湧き水のひとつです。

湧き水の周囲は地衣類や生えだしたばかりの草が青々としている様子がよくわかりました。

これからまた、周囲の草がうっそうと茂ってくるのかな……?ともあれ今は新緑が清々しい季節ですね。

満開のサクラとアヤメ2020/04/03 15:03

その昔、みんなで植えたソメイヨシノが今年も咲いています。(電柱・電線が邪魔ですが…)

ソメイヨシノの老木が並ぶ桜並木で、すでに15年前には「昔の勢いがない」と毎年のように先輩方にぼやかれていましたが、個人的には、老木らしい儚げな感じがいいと毎年にように思っておりました。

ところが、今年はなんとなく木に勢いがあるように見えるのは気のせいでしょうか?

 

……まぁ気のせいでも、ずいぶんモリモリと咲いているように見えるおかげで、満開の花でパッと明るい気持ちになりました。

桜並木に立ち止まって写真を撮る人がチラホラ・・・車をとめて撮る人もチラホラ・・・何もせずに通り過ぎるにはあまりにキレイで、老若男女を問わず、カメラを構える姿を見ることができました。

日当たりが良い場所の桜はすでに散り始めていますが、ちょうど今が満開の場所の桜は、あふれんばかりの花を咲かせています。

 

来年の今頃、またキレイな満開のサクラに会えるといいですね。

 

桜並木の通り沿いの畑に、何箇所かにまとめて植えられているアヤメ?……模様と色の感じがアイリスっぽい?……ともあれアヤメ系の花が清々しい青さで人の目をひいていたので1枚。

日当たりがいい場所でのびのびと咲くアヤメの花は国産でも外国産でもステキですよね。

自宅のアヤメはまだまだ咲きそうにないので、驚かされました。


参考までに自宅のアヤメその1。まだ葉っぱだ〜花の気配なんてない〜。庭の南側に植えられていてこの状態なので、国産のアヤメの仲間たちはまだまだこれからです。

 

こちらはアヤメその2。寒の戻りで降雪があった4日前(3月29日)の様子です。初夏の頃から日当たりがよくなる場所に置かれているからか、庭の南側のアヤメに比べて動き出すのがかなり遅めです。

なので、桜並木のそばの畑で咲いていたアヤメっぽい何かは、きっとアイリスの仲間に違いありません。

……そういえば、今年はついに、鉢植えのドワーフアイリスが咲かなかったなー。大抵2月〜3月あたりで咲いてたのに。こんなこともあろうかと、すでに新しいアイリスの球根をGETしておりまして、来年の今頃は庭にアイリスが咲いているかもしれません。

 

話をソメイヨシノに戻しましょう。

ソメイヨシノが終わる頃って、春真っ盛りなので(南関東)、このあと花が散って少し寂しくなっても、方々でいろんな花が次々と咲いて和まされますね。

とにかく間に合わないほど、あちらこちらで花が咲くわけで、毎日庭へ出たり、近所を散策したりするのが楽しい季節になりました。

今年もバイモユリが……2020/04/07 14:12

今年もバイモユリが咲き・・・終わろうとしています。

春は、もたくさしているうちに、ずっと待ち続けてやっと咲いた花々が咲き終わってしまいますね。すでにすべてのツボミが開花し終えていて、今は最後のほうに咲いた花がわずかに残っている状態です。

 

バイモユリは、庭に植えて何年かたっているせいか、昨年〜今年と、地上部分がギュウギュウに混み合いながら広がっている状態です。なので、他の植物の生育の邪魔になりはじめているうえ、雨が降ると水の重みで、一斉に倒れてせっかくの花がゴチャゴチャに……。

なので、今回は休眠期に入ったら球根を掘り上げようかと思っています。分球して方々に植えてあげたら、またスラッと見栄え良く生えてくるだろうし、そもそも、せっかく球根が増えているのをうまく活用しない手はないですよね。

 

ということで、地面から芽吹いて間もない頃の様子。今年は地面からの芽吹きが少々遅めでした。


ユリの仲間ということがよくわかる姿をしています。


芽吹いたな〜と思っていたら日に日に背が伸びて、そこへツボミが並びます。ちょっとした手品を見ているみたいです。


ツボミの段階でワクワクさせられる姿が完成。

立っている格好がきれいだからかな? それとも、つりがね型のツボミが並んでいる様子がメルヘンだから? 毎度のごとく、咲く前から期待が大きくに膨らみます。

 

アミガサユリの別名の通り、花の内側に編笠模様が入っています。

おとなしい花なので、咲いても静かで目立ちませんが、それでもやっぱりバイモユリはおしゃれですね。

くるくると葉っぱ同士が伸ばした葉の先でつながろうとしている様子が、また不思議。

 

こちらは、数年前に鉢植えの木の間から1輪だけ生えてきたバイモユリ。たぶん、たまたまこぼれ種で増えたのだろうと思います。くるりんと細い葉っぱとベル型の花と、地味でも魅了満載だからか1輪だけでもサマになっています。


ウチの庭では、バイモユリは放任でもよく育つ花の部類に入ります。

逆に、”難易度低い”といわれていてもちっとも育たない花もあったりするので、最後は、植えた環境があっているのかあっていないのかで、庭に生き残るのか消えるのか別れる模様。


というわけで、花が終わって地上部分が枯れたら、混み合った球根の掘り上げ作業が待っています。その頃には、蚊の集団に「血をよこせ」とぷ〜ぷ〜たかられているはずで、球根の掘り上げ中に正気を保っていられるかどうか、今から不安だったりします……。「ええいやめた」

……となりませんように。


なにがともあれ、きっと来年は、庭の方々にばらまくように植えられたバイモユリの球根が、方々で花を咲かせてくれるはずです。そうしたら、間違いなくステキな春の庭になっているはずで、ただのイメージで終わらせないように頑張りたいところ。

来年の、バイモユリの咲く庭が楽しみですね。


白いスイセンと球根花いろいろ2020/04/08 15:35

いつもの真っ白なスイセンが咲きました。(淡い良い香りがします)

その昔「スイセンはありきたり〜」と思っておりましたが、そんなスイセンに対するイメージを根こそぎ変えたのが、この透明感がフェアリーな白いスイセン。

以来、すっかりお気に入りのスイセンになっていて、球根がアクシデントに見舞われることなく増え育つように、大切に管理しています。

 

大切に管理……って、それほどスゴイ管理をしているわけではありませんが、強いて気をつけていることといえば、花後の光合成の期間に大事な葉っぱを傷めないように気配りしたり、地面から姿が消えたあと地上部分を踏み固めてしまわないように(生える場所をクルリと小石で囲んでいる)、土の中で球根が混み合わないように注意していたり……最低限の管理は怠らないようにしています。

 

こちらは昨年新しくGETしたスイセンです。この写真を撮ったあと、もうちょっと花全体がスッキリと開いて、いい感じになりましたが、今回は花が1輪しか咲かず……植える場所を考え直したほうがいいのかもしれません。


せっかくなので、開花を迎えた他の球根花の様子も、ふたつみっつ挙げておきましょう。

 

ヘスペランサのピンク色のツボミと……


きれいに開花しきった様子です。(ヘスペランサ/ククラータピンク)

昨年、試しに植えたばかりですが、ちょっと頼りない感じ……来年も無事に地面からでてきてくれるのかどうか? このあと地面から生えてきた草に、ヘスペランサが埋もれてしまわないように、よく気をつけることにします。

 

チオノドグサもポツっと出て咲きました。昨年とくに活発過ぎたモグラの影響で、球根が地中深くに埋没した様子。なので、この球根はいちど掘り上げて、改めて、モグラの通り道になりそうにない位置に植え直したほうがいいようです。


庭の何種類かのオキザリスのうち、メキメキ分球したかと思ったらドバッっと花咲いて、いつもいい意味で驚かされるオキザリスです。個人的な好みとはいえ、もっともまとまりがよくて邪魔にならないオキザリスはコレだと思っています。アプリコット色もかわいいし……。

 

今庭には、華やかなな花、おとなしい花、どこにでも咲いている花、少し珍しい花、いろんな花が咲いています。

小さくても大きくても、こうして育てていた花が咲いてくれると、元気になりますね。

ヒマラヤユキノシタ2020/04/09 12:51

今春もヒマラヤユキノシタの白い花が咲きました。

3月半ばには、いつ開いてもおかしくないくらいにツボミが膨らんできて、ゆっくり開花が始まります。

こちらの写真はツボミが開き始めた頃の様子。

 

はじめうつむいて開いていた花は、大きく花びらを広げるにつれて上むきになっていきます。日をおうごとに変化してゆくので、毎朝のように、表情の変化をチェックするのが楽しかったりします。

 

だんだん、ひとつひとつが開いてゆく様子。


フルパワー全開まであと少し……。


これで、花はほぼ全開といったところ。


最後のほうは、今にも花びらを落としそうなくらいの広がりようで、このまま色褪せながらしゅ〜んとすぼまります。ツボミが開き始めてから終わるまで、だいたい3週間強……かな?

 

花が終わったら、あとは、うちわ型の葉っぱが目を楽しませてくれる番です。

 

次々と若い葉っぱが大きく広がっていっているところです。


参考までに、我が家のヒマラヤユキノシタの管理の方法は、鉢植え・植えっぱなし・日陰で何年間も問題なく管理しています。強いて言えば、葉っぱが混み合って傷まないように、古い葉っぱやダニがわいて汚れが目立つ葉っぱは取り除いています。

万年鉢植え状態なので、すでに鉢の中でいっぱいいっぱいになっていて、本当なら株分けしたほうがいいのでしょうが、ただ、株分けをしなかったからといって株が弱るでもなく、毎年同じように花を咲かせています。

たぶん、鉢に満載の状態だからか、花の咲き方も花の数も毎年ほぼ同じ……でも、地味に楽しめればいいのであれば、植えっぱなしでもOKです。

……と言いつつ、今年は、5年くらい前に手に入れた苗がようやくそれなりの大きさに育ったので、それを地植えにしてみようと思っています。同じヒマラヤユキノシタを、ハナトモ(花友達)が地植えで大きく育てていたので、試しにやってみようかと思いまして……。

そのためには、葉っぱが蒸れないような植え方を考える必要がありそうですが、うまくいけば日陰の庭で花をたくさん咲かせるヒマラヤユキノシタを見ることができるかもしれません。

そう考えると、来年の今頃が楽しみですね。

富士〜江ノ島〜箱根の桜2020/04/16 11:46

陽気、暴風雨、冷え込み……の繰り返しで、暑いのか寒いのか、よくわからない春を迎えていますね。春といえば空気が霞んでいるのが常でしたが、雨や風で空気が洗われる日が少し多い……おかげで、富士山を見られる回数もちょっと多めです。

富士〜箱根方面の峰々を眺めると、峰々がかぶっている雪の面積がこのところの降雪で広がったらしく、冬景色に逆戻りしています。

先日の日の出の時刻の様子です。

 

こちらもつい最近の、雨上がりの朝の様子。

遠くの景色を眺めていると、クサクサした気分が吹き飛ばされますね。


こちらも先日の湘南平からの眺め。遠くに江ノ島が見えていますね。

所用で平塚に出かけたおりに、いつものように湘南平へ登って公園でお昼を食べた時のものです。きっと外出自粛の影響なのでしょうね、ここ最近は公園やグラウンドといった屋外のオープンスペースにいつもより人が集まっていて、この日も桜の終わった公園に人がそこそこ出ていて賑やかでした。

せっかくなので、江ノ島にズーム。風や雨のあとは江ノ島がよく見えます。

 

この日は湘南平からそのまま箱根方面へプチ・ドライブ。遅れて咲くはずの桜を見に行きました。箱根のあたりまでくると、天気は曇天に。

いつものように、箱根峠の標高が高い場所では今になって桜が咲いていて、大きな峠全体が、新緑のライム色や桜の木の白や桃色でモネの絵のようにフワフワしていました。


旧東海道を越えるあたりは雨天で、ちらほら雨が降りだしましたが、それでもきれいな景色に変わりありませんでした。

かつてレジャー施設と駐車場があった場所に、今も咲き続けている桜と、


コブシと、


アセビと……。


山の上には、麓(ふもと)から1ヶ月遅れで春がきていました。


今年は、住んでいる地域が自粛要請エリア→緊急事態宣言区域 で、家族でのんびり花見をすることができませんでしたが、車中から遅ればせながらの花見学。峠の山々に咲く桜を眺めることができました。