富士〜江ノ島〜箱根の桜2020/04/16 11:46

陽気、暴風雨、冷え込み……の繰り返しで、暑いのか寒いのか、よくわからない春を迎えていますね。春といえば空気が霞んでいるのが常でしたが、雨や風で空気が洗われる日が少し多い……おかげで、富士山を見られる回数もちょっと多めです。

富士〜箱根方面の峰々を眺めると、峰々がかぶっている雪の面積がこのところの降雪で広がったらしく、冬景色に逆戻りしています。

先日の日の出の時刻の様子です。

 

こちらもつい最近の、雨上がりの朝の様子。

遠くの景色を眺めていると、クサクサした気分が吹き飛ばされますね。


こちらも先日の湘南平からの眺め。遠くに江ノ島が見えていますね。

所用で平塚に出かけたおりに、いつものように湘南平へ登って公園でお昼を食べた時のものです。きっと外出自粛の影響なのでしょうね、ここ最近は公園やグラウンドといった屋外のオープンスペースにいつもより人が集まっていて、この日も桜の終わった公園に人がそこそこ出ていて賑やかでした。

せっかくなので、江ノ島にズーム。風や雨のあとは江ノ島がよく見えます。

 

この日は湘南平からそのまま箱根方面へプチ・ドライブ。遅れて咲くはずの桜を見に行きました。箱根のあたりまでくると、天気は曇天に。

いつものように、箱根峠の標高が高い場所では今になって桜が咲いていて、大きな峠全体が、新緑のライム色や桜の木の白や桃色でモネの絵のようにフワフワしていました。


旧東海道を越えるあたりは雨天で、ちらほら雨が降りだしましたが、それでもきれいな景色に変わりありませんでした。

かつてレジャー施設と駐車場があった場所に、今も咲き続けている桜と、


コブシと、


アセビと……。


山の上には、麓(ふもと)から1ヶ月遅れで春がきていました。


今年は、住んでいる地域が自粛要請エリア→緊急事態宣言区域 で、家族でのんびり花見をすることができませんでしたが、車中から遅ればせながらの花見学。峠の山々に咲く桜を眺めることができました。