モッコウバラとマダムアルフレッドキャリエール2020/05/07 10:33

そろそろモッコウバラが咲き終わろうとしています。

いつもなんとなく世話をしているモッコウバラですが、今年の開花に向けて昨年から丁寧に剪定や誘引を行っていたので、今回はドヤ顔で開花を待っておりました。

 

でもモッコウバラだけ、庭のバラの中で唯一肥料をやり忘れていたのですよね。

そのことに気づいたのも、あまりに花が少なかったから……。

 

じっさい、肥料忘れが原因か不明ですが、とにかく今回は花が驚くほどスカスカで、微妙に不発なままシーズンを終えることになりました。


とりあえず、今年のモッコウバラの様子を2〜3枚。

大きな鉢に植えっぱなしなので、高確率で肥料忘れは花不足につながったと思います。

 

こちらの白薔薇はダムアルフレッドキャリエール。

少し前から開花が始まりました。

様々な表情の花が咲くつるバラのようですョ。

昨年は5〜6輪咲いた程度で春の一番花を終えましたが、今年はそれなりにたくさんのツボミがついて、今現在は20〜30輪前後の花が咲いている状態が続いています。

鉢植えで苗木を2年育てたあと、地植えにして3年以上が過ぎたところですが、「マダムアルフレッドキャリエールはかなり表情が豊かなバラだったのだ」とはじめて気づいた今年でした。


このバラの周囲には、邪魔にならない穏やかな香りがほんのりと漂っていて、ようやくこのバラの魅力を垣間見ることができましたが、

この調子でいくと、来年、再来年と、ビュンビュン枝が方々に伸び、さらにたくさんの花が咲いてくれそうな……。たぶん、本格的に手入れにひと手間かかるようになるのは、これからなのかもしれません。


シラユキケシ2020/05/08 19:43

しばらく前から花のシーズンを迎えたシラユキケシが、かわるがわる白い花を咲かせ続けています。

はじめは、葉っぱが少なめの状態から白い花がポツポツと花が咲き始めまして、気がつくと葉っぱがどひゃ〜と増えて、葉っぱの間にポツポツ咲いている状態になります。

こちらの写真は、葉っぱの量が増えてからの様子です。

花の直径は4センチ前後くらいかな……葉っぱは、大きなサイズのものでもSサイズの手のひらよりは少々小さめです。

一番上の写真の頃に比べると、葉っぱの量が増えています。


植木鉢でギチギチに絞めて育てているので、そのぶん今の時期は毎日の水やりが欠かせませんが、ユニークな葉っぱと白い花は日陰の庭を楽しくしてくれます。

実はこのシラユキケシは、広いところへ地植えにすると扱いにくいサイズに成長して、茎が傾くほど葉っぱが大きくなるばかりで花はたいして咲かず、何を育てているのかよくわからなくなります。もしかすると、広い庭で育て続けた場合は、広さに応じてそれなりに葉っぱも花もおさまりがつのかもしれませんが……。


ともあれ、ウチのように狭い庭へ地植えにするなら、狭く仕切ったところへ植えるか、それか万年植木鉢で管理するか、とにかく狭いところでギュウギュウに育てほうが、可愛い葉っぱとたくさんの小花に恵まれて楽しくなると思います。

水やりを忘れて枯らしてしまわない限り、よく増えますし、狭くても平気ですし、日陰でもへっちゃらで、少々の水切れならグンニャリなっていても水を与えればすぐ元どおり……。

わかりやすくて、育てやすいので、日陰の狭いところで植物を育ててみたいビギナーさんにおすすめの植物でございます。

ミヤコワスレとアジュガ2020/05/11 18:21

いつもの開花のタイミングからズレていますが、今年も庭のミヤコワスレが咲きました。

ミヤコワスレの花には何色か色違いがありますが、庭で咲くミヤコワスレはほとんど水色(ラベンダー色)のものばかりを植えています。それが年々少しずつ増え広がっているので、毎春淡い水色の花束を庭の方々に楽しんでいます。

咲き始めの様子がこちら。


日に日に花の数が増えていっているときの様子。



淡い水色の花が爽やかです。


奥と手前に別れているのは、花壇の上の一群から別れた株が下で増えたから。(ミヤコワスレ自らが株分けをはかった図)

こうしてみると、環境があえばよく増えてくれる花だということがわかりますね。

 

こちらは今日の花の様子で、すでに全体のピークは過ぎているので花は色あせはじめています。・・・にもかかわらず、こうして蝶々が遊びに来ていて、花はまだまだ美味しいし、楽しいらしい・・・。


ミヤコワスレは、庭では比較的長く花を楽しめる春の花の代表になっています。

 

こちらはアジュガの咲きはじめの頃の様子です。

おなじくらいの時期に咲くアジュガの花も、今年も目の覚めるような青い花を咲かせました。まとまって咲いている場所では、青いグランドカバーになって爽快です。

こちらは満開の頃の花の様子。ちょうどミヤコワスレの開花がはじまる頃に咲きだして、一足先に終わりますが、同じく庭の“春の花”になっています。

 

ところで、今日はびっくりするほど暑くなりました。

さらにこの後も、気温が高めの日が多くなりそうですね。

なので、春の涼しい頃に咲く花(今年はのんびり遅めに咲いた)は、この暑さで一気に終わりそうな気配。


急に夏が来た? ちょうど咲き始めたばかりのバラの花が、暑さでどうなるのか心配です〜・・・。

ボレロ/バラ2020/05/13 15:30

昨日今日と、ここ最近日中は夏のような暑さになっていますね。

しだいに開きはじめた庭のバラやクレマチスの中には、このところの蒸し暑さのせいで、昼間にグニャ〜っとなる品種もあったりして、せっかくのバラのシーズンにいきなりの夏日・・・ハラハラさせられています。

 

ということで今日は、今年のボレロの一番花の様子をツボミから順にUPしたいと思います。(鉢植え/7〜8年)

まずツボミがゆっくりと開いてゆく様子から。

いつもよりピンクの縁取りが目だっていて、こうしてみるとマチルダ(バラの品種のひとつ)のツボミを思い出します。

ワクワクさせられる色と形のツボミです。この段階ではまだ涼しく、爽やかな初夏といった季節感だったのですが・・・。

こちらの開きかけのツボミ↑を撮影していた頃は、かなり濃い霧が立ち込める朝が数日続いていて、週間予報では「これから急に暑くなりますよ」と予報されていました。


・・・で、「ボレロがだんだん開いていっている〜」と喜んでいるところへ、予報通り、いきなり蒸し暑い夏日っぽいのが来襲。

こちらの写真が、急に夏日になった真昼の庭でうなだれたボレロ。

そもそも豊かな花びらで重たくなりやすい花は、首元からグッタ〜となっていて、ロマンティックなハズの花びらもブヨヨンボヨボヨ状態

まるで「ぁぁウダるぅ」って言いたげな萎びれ具合で、見ているほうもウダウダに・・・。


幸い、今のところ朝晩は涼しくなるので、真昼に蒸されてグッタリしている時間よりも、涼しさに持ち直してシャキッと咲いている時間のほうが長めです。

ということで、朝の早めの時間や夕暮れ時の様子を何枚か撮りためておきました。

上の暑さでボヨヨンとなったバラも、涼し時間にはイケてます。別人別薔薇の豹変ぶりです。

さらに開花が進んで花びら全体が開いてきました。
(くどいようですが朝と晩は同じバラとは思えないシャキッと感)
こちらは違う枝の花の様子です。おなじボレロでも、枝によって咲く花はひとつずつ表情が違っているので楽しめますよね。

今年のボレロも、顔を近づけるとよい香りを嗅ぐことができます。
ゆっくりながらもなんとか強い木へと育ってくれているようで、木の調子が良かろうと悪かろうと、安心して成り行きを見ていられるようになったのは最近になってから。そのような領域に入る手前で枯らしてしまうバラの苗木もそれなりにあるわけで、運良くお気に入りのボレロがうまく育ってくれて嬉しい限りです。

アプリコットキャンディとザ・ラークアセンディング/バラ2020/05/14 16:18

今日も庭のバラの様子です。

今回はアプリコット色のバラについてお話いたしましょう。


こちらのバラはアプリコットキャンディです。

ボレロ(昨日の記事を参照ください)より先に咲きはじめて、しかも花の持ちがとってもよく、さらには昨今の蒸し暑さにも動じる様子がありません。まだ若い木のワリに、バラにありがちな病害虫にも負けてもいない様子で、どうやらスーパー育てやすくて強い品種みたいです。

ほぼキレイに開花した姿。南国の風を感じる色あいです。

ポチッとみえるのはハナグモで、開花を待っていたかのようにシュバッと姿を現しました。

花に来る何かをヒソカに待っている?

ヒト目線では目立っていますが・・・。

さらに開花してから日が経って、色褪せてきた様子がこちら。薄くなっても明るい〜。

どうやら強いバラっぽいアプリコットキャンディ。・・・このままうまくいけば、遠くない未來にはたくさんの花をモリモリ咲かせてくれるかもしれません。
1輪だけでもかなりの存在感なので、この先、このバラの木を無事に大きく育てたられたら、そうとうな賑やかさになりそうです。

このアプリコットキャンディは、昨年、京成バラ園で咲き乱れる様子が印象的で、試しに苗木をGETしたのが始まりです。
・・・それにしても、花びらの具合なのか、トロピカル度120%・・・庭が狭いからますます強調されているのかな?
いずれにしろ、この調子で“失敗が少ないバラ”として庭で活躍してくれると重宝しそうです。

こちらはすっかり時間が経って、色あせ、花びらをくるリンとカールしつつも元気に咲いている様子です。

ついでに、あのハナグモが写っているのですが見つけられますか?

開花当初から住みこんでいたハナグモは、きっと、このバラの花が終わるまで離れずにいるのでしょうね。


最後まで力強いアプリコットキャンディ、来年は花の数がもうちょっと増えるといいな〜。

 

アプリコット色といえば、今年も、ザ・ラークアセンディングが咲きました。

バラの花壇のほぼ中心に植えられているからか、これが無事に咲くとちょっぴりホッといたします。庭のバラの代表って感じで、他のバラがダメでもチャラにしてくれるというのか・・・目立つところに咲く、シンプルで優しい雰囲気のバラだからかな。

こうして見ると、花の姿と色のコンビネーションが絶妙ですね〜。

今更ながらこのバラの良さに気がつきました。

(実はちょっと地味かなと思い始めていた)

たぶん、昨年から仲間入りした、濃厚で派手めなアプリコットキャンディの存在が、ザ・ラークアセンディングの繊細な魅力を再認識させてくれたのでしょう。

やっぱり、庭に花が咲くと癒されますね。

ハンスゲーネバイン2020/05/20 14:48

全体的にバラの開花が10日前後遅れ気味の今年ですが、今回ハンスゲーネバインは、花の数も若干多目で、これまでになく充実していてキレイに咲いたほうではないかと思いながら鑑賞しています。

まず、ツボミの様子をいくつか・・・。


ひとつの枝先にツボミが3〜4つずつついて、それが少しずつズレながら開いてゆくので、開花が重なってたくさん咲いている時はかわいらしさが倍増です。


ただし、ひとつの枝先のツボミが2つ開いたあたりで、中には重みで枝が下がってしまう花もあって、下から覗き込む花も少々出現。

地植えだけに、下の方の枝の花がさらに重みで下がると見辛い〜。


たぶん、バラを育てるプロやバラ愛好家(ロザリアン)の方々は、たとえば、ハンスゲーネバインを一本育てるにしても、開花まで想定して、全体の木の作り方や、枝を太らせるような工夫をしているのでしょうね。

あともう少し、木を育てることに力を入れなければならないな〜と思いました。

だんだん開花がすすんでいく様子・・・1年ぶりに開花する機関は、1日1日、いっときいっときが変化に満ちてたのしいときですね。


全開の一歩手前まできたところ。
昔、こんな色をしたバラの角砂糖をもらって、感激のあまり奇声を発したことを思い出しました。

夕日を浴びている様子もまたステキですね。夕日はやさしさを際立たせる効果があるようです。(バラの右側から夕日があたっています)


朝、早めの時間に撮影した場合にはバラがスッキリみえますね。

朝の新鮮な光は青色・・・なので、きっとこのバラの軽やかな側面を際立たせているのでしょう。


別の枝の、表情違いの花の様子です。花の背後にはふくらんだツボミが隠れています。


このあと雨の日が増えて、その度に、雨水の重みで花はグンにゃ〜っと垂れ下がりながら咲く日もありましたが、日に日に花の数が増えています。

せっかくなので、まひる(真昼)の様子もひとつ。

ギラッと強い日差しの下でも、ウットリと夢見ているような・・・この調子ですので、ハンスゲーネバインは優しくて甘くて愛らしいバラと言えそうです。名前から想像できないラヴリー感〜。


今年、バラの枝に新芽が出てきて春めいてきた頃、ハンスゲーネバインを見てきづいたことは、いつの間にか“どっしり”していたことでした。

全体的に木が太くなっていて、葉っぱもツヤポテ感が割り増し・・・これなら、今年は順調に咲くかもな〜と、バラ育て史上はじめて、良い前触れみたいなものを感じました。

あともうしばらく、よほどの悪天候に襲われない限り、ハンスゲーネバインの次々と増えてゆくピンク色のバラを楽しみたいと思います。