アプリコットキャンディとザ・ラークアセンディング/バラ2020/05/14 16:18

今日も庭のバラの様子です。

今回はアプリコット色のバラについてお話いたしましょう。


こちらのバラはアプリコットキャンディです。

ボレロ(昨日の記事を参照ください)より先に咲きはじめて、しかも花の持ちがとってもよく、さらには昨今の蒸し暑さにも動じる様子がありません。まだ若い木のワリに、バラにありがちな病害虫にも負けてもいない様子で、どうやらスーパー育てやすくて強い品種みたいです。

ほぼキレイに開花した姿。南国の風を感じる色あいです。

ポチッとみえるのはハナグモで、開花を待っていたかのようにシュバッと姿を現しました。

花に来る何かをヒソカに待っている?

ヒト目線では目立っていますが・・・。

さらに開花してから日が経って、色褪せてきた様子がこちら。薄くなっても明るい〜。

どうやら強いバラっぽいアプリコットキャンディ。・・・このままうまくいけば、遠くない未來にはたくさんの花をモリモリ咲かせてくれるかもしれません。
1輪だけでもかなりの存在感なので、この先、このバラの木を無事に大きく育てたられたら、そうとうな賑やかさになりそうです。

このアプリコットキャンディは、昨年、京成バラ園で咲き乱れる様子が印象的で、試しに苗木をGETしたのが始まりです。
・・・それにしても、花びらの具合なのか、トロピカル度120%・・・庭が狭いからますます強調されているのかな?
いずれにしろ、この調子で“失敗が少ないバラ”として庭で活躍してくれると重宝しそうです。

こちらはすっかり時間が経って、色あせ、花びらをくるリンとカールしつつも元気に咲いている様子です。

ついでに、あのハナグモが写っているのですが見つけられますか?

開花当初から住みこんでいたハナグモは、きっと、このバラの花が終わるまで離れずにいるのでしょうね。


最後まで力強いアプリコットキャンディ、来年は花の数がもうちょっと増えるといいな〜。

 

アプリコット色といえば、今年も、ザ・ラークアセンディングが咲きました。

バラの花壇のほぼ中心に植えられているからか、これが無事に咲くとちょっぴりホッといたします。庭のバラの代表って感じで、他のバラがダメでもチャラにしてくれるというのか・・・目立つところに咲く、シンプルで優しい雰囲気のバラだからかな。

こうして見ると、花の姿と色のコンビネーションが絶妙ですね〜。

今更ながらこのバラの良さに気がつきました。

(実はちょっと地味かなと思い始めていた)

たぶん、昨年から仲間入りした、濃厚で派手めなアプリコットキャンディの存在が、ザ・ラークアセンディングの繊細な魅力を再認識させてくれたのでしょう。

やっぱり、庭に花が咲くと癒されますね。