ハンスゲーネバイン2020/05/20 14:48

全体的にバラの開花が10日前後遅れ気味の今年ですが、今回ハンスゲーネバインは、花の数も若干多目で、これまでになく充実していてキレイに咲いたほうではないかと思いながら鑑賞しています。

まず、ツボミの様子をいくつか・・・。


ひとつの枝先にツボミが3〜4つずつついて、それが少しずつズレながら開いてゆくので、開花が重なってたくさん咲いている時はかわいらしさが倍増です。


ただし、ひとつの枝先のツボミが2つ開いたあたりで、中には重みで枝が下がってしまう花もあって、下から覗き込む花も少々出現。

地植えだけに、下の方の枝の花がさらに重みで下がると見辛い〜。


たぶん、バラを育てるプロやバラ愛好家(ロザリアン)の方々は、たとえば、ハンスゲーネバインを一本育てるにしても、開花まで想定して、全体の木の作り方や、枝を太らせるような工夫をしているのでしょうね。

あともう少し、木を育てることに力を入れなければならないな〜と思いました。

だんだん開花がすすんでいく様子・・・1年ぶりに開花する機関は、1日1日、いっときいっときが変化に満ちてたのしいときですね。


全開の一歩手前まできたところ。
昔、こんな色をしたバラの角砂糖をもらって、感激のあまり奇声を発したことを思い出しました。

夕日を浴びている様子もまたステキですね。夕日はやさしさを際立たせる効果があるようです。(バラの右側から夕日があたっています)


朝、早めの時間に撮影した場合にはバラがスッキリみえますね。

朝の新鮮な光は青色・・・なので、きっとこのバラの軽やかな側面を際立たせているのでしょう。


別の枝の、表情違いの花の様子です。花の背後にはふくらんだツボミが隠れています。


このあと雨の日が増えて、その度に、雨水の重みで花はグンにゃ〜っと垂れ下がりながら咲く日もありましたが、日に日に花の数が増えています。

せっかくなので、まひる(真昼)の様子もひとつ。

ギラッと強い日差しの下でも、ウットリと夢見ているような・・・この調子ですので、ハンスゲーネバインは優しくて甘くて愛らしいバラと言えそうです。名前から想像できないラヴリー感〜。


今年、バラの枝に新芽が出てきて春めいてきた頃、ハンスゲーネバインを見てきづいたことは、いつの間にか“どっしり”していたことでした。

全体的に木が太くなっていて、葉っぱもツヤポテ感が割り増し・・・これなら、今年は順調に咲くかもな〜と、バラ育て史上はじめて、良い前触れみたいなものを感じました。

あともうしばらく、よほどの悪天候に襲われない限り、ハンスゲーネバインの次々と増えてゆくピンク色のバラを楽しみたいと思います。

クインオブスウェーデン、スノーグース、コーネリアス、アシュロップシャイアラド2020/05/22 17:15

バラの記事は5回目になりますね。

咲いた順番に、2〜3種類ずつまとめながらバラの記事をUPしていましたが、たまたま今回は名前の長いバラばかりになりました。

 

こちらはクインオブスウェーデン。(鉢植え)

庭で迎えるシーズンには今回で2年目です。

昨年、今年と、花を咲かせた感想は、なかなか強いし、とてもキレイにまとまり良く咲くバラだな〜ということ。

いつか充実して、たくさんの花を咲かせる姿を見るのが楽しみになりました。

 

こちらはスノーグース。今回は花がたくさん咲きそうです。

あまりにまちくたびれて、鉄製のトレリスが地中部分で錆びて傾き始めている始末。

何年か前に地植えにしたときに、土に養分をしっかりと混ぜ込まなかったことが災いして、木が落ち着くまでに多めに時間がかかりました。

しかも、某メーカーのバラの置き肥を片端から喰らう野生動物も度々出現して、「そんなにうまいのか?」と感心しつつも、痩せ土で頑張るスノーグースにかぎっては栄養を横取りされる日々・・・仕方なく愛用していた肥料を諦めて、ちがうものに変更したりもしたのでした。

(参考までに、置き肥は土に埋めてもアッサリ掘り返される〜)

そうこうするうちに、痩せている土でも、何かを植えて年数がたてば、様々な生きものが土を耕して養分を運んできます。

固くてガサガサしていた土は、すっかりほこほこと柔らかく・・・ヒミズの穴もポコポコ開通して、植物がよく育つ土に変身しました。


スノーグースはもともと強い部類のバラだと思うので、この調子でいくと今後はますます勢いが出てドヒャ〜っと咲くようになる・・・はずです。

 

久々にコーネリアスの様子をひとつ。

このバラは、どちらかといえばバラにとって厳しい条件の場所へ、土を入れ替えて地植えにしたのが何年も前のこと。

以来、冴えない状態が続きましたが、ようやくツルを方々へ伸ばし始めまして、よく伸びたツルに絡まれるようになった今春。

元気になったコーネリアスのツルには、小さなトゲがプチプチ・・・「へぇ〜本気出すとトゲもでるんだ」と感心しながら、今のところ喜んで痛い目にあわされています。

 

今年は花の数が少ないア・シュロップシャイア・ラド。春が長期間にわたって定温気味だった影響なのか、ブラインドを起しちゃった模様で、唯一できたツボミはひとつだけ。

ま、今春はお休みモードでの開花ということで・・・。


ちなみにアイスバーグは、昨春に続いて今年もブラインドしまくり状態で一番花はほぼ咲かずじまいになりそうです。

いちおう、いくつかの枝をブラインド処理して花を待っているところですが、隣家の立派なアイスバーグの鉢植えも、ウチと同じように一番花が咲かず仕舞い。アイスバーグについては、来春からは最優先で状態をチェックしなければなぁ〜と反省中でございます。

 

そんなバラを巡る冒険。

ヒトでも季節感が狂いそうな昨今の気候・・・時々暑くなるとはいえ、どちらかといえば全体的に低温続きで、春から初夏にかけては、バラを食べる虫が少なかった模様です。その影響なのか、ブラインドを起こして咲かないバラもいれば、いつもより多くの花を咲かせて長く楽しませてくれているバラもいます。

暑がりと寒がり、湿潤好きと乾燥好き、それぞれのバラの好みの傾向がわかれば対策もうまくなりそうですが、ヒトみたいに「暑がりです」って言ってくれないので、そんなに甘くない? キビシく険しいバラの世界〜。


ボレロ(今日も香りを漂わせながら開花中です)

ユスラウメ、ジューンベリー、ナツハゼ2020/05/28 15:14

今日は庭の“実のなる木”を一挙に記事にUPいたします。そうしないと未掲載のまま季節を終える植物が続出するので・・・。

 

そもそも目の前の森を壊された昨年、それまでずっと森の方向から庭へ来ていた生きものが激減して、昨春以降、ブログの更新回数が減っているのですが、今年はちょっとばかり庭へくる生きものの数や種類が回復したのですよね・・・受粉してくれる蝶々やハナバチ/ハナアブが少し戻って来た様子で・・・。

ただし野生動物は、減ってしまった生息場所を巡って色々と起きている様子で、昨年は森の消滅で静まりかえってしまった野鳥たちでしたが、今年はうちのショボイ庭でウグイスが鳴く日があったりする始末。生息環境の縮小が原因?

しかも今年またも、近所の雑木林が一つ開墾されて消えてしまったので、野生動物は、繁殖期のわりに食糧難に陥っているらしく、庭に食べ物の物色にくる野生動物の、かつてない荒らしように困惑・・・まぁ、狭まったなりに自然環境が回復するまで落ちつかないのでしょうね。

 

ということで、今年の春にユスラウメが咲き始めたとき、今回も受粉は無理そうだな〜と思っていたので、はなから諦めていたのですよね、赤い実は。

ユスラウメがほぼ満開生き#A92←過去記事はコレ踏む

 

ところが、どこからともなくハナアブが飛んで来て、それなりに花の周囲でブンブン飛びまわる羽音がしていて、今年はちょっと実が鑑賞できるかも〜と期待しておりました。

まず実がズラズラっとなり始めて・・・


それが次第に色づき始めて・・・

 

赤く熟した実がず〜らずら。

この実はジャムやフルーツソースにするのが一般的なレシピで、個人的にには、食べるよりは眺める方がおいしい実です。

ユスラウメの実の数以上に、この木に咲く花を訪れた生きものがたくさんいたのだなぁと感じ入る眺めです。


・・・このユスラウメのすぐそばには、ジューンベリーの木が並んでいます。ユスラウメの実よりもジューンベリーの実のほうがおいしいのか、野鳥や野生動物にずいぶん人気です

まず、ジューンベリーの花はこちら。


近隣にこの木を植えている新築の家々が何件も出現したので、今年は方々でジューンベリーの若木が花咲く様子を見ることができました。

大きくなりすぎない品種の木なら、扱いがラクなうえ花も実も楽しめるので、人気が出たのかな?


実も、なり方がかわいらしいですし・・・。



そのうえ、熟れた実はおいしそうな色に染まります。

そして、早い者勝ちといわんばかりに、この実は熟れた順に木から消えていきます。ベリー狩りにやってくるのは、夜中はタヌキやハクビシンやアライグマ、薄明薄暮や日中は野鳥・・・。

たしかに、食べると美容に良さそうですね。

 

実のなる木を、あともう一つ。

今年もナツハゼがなんとか無事に花咲き・・・


実をつけ始めました。(実が熟れるのは秋)


“なんとか無事に”とことわった理由は、ツツジの仲間のこの木、ある程度の期間を鉢植えで育てた後に「たぶん大丈夫、頑張れツツジ」・・・と何年か前に地植えにしたのですが、年々ジリジリとサイズダウン中。庭の土の質が合わないのか新しい枝が伸びないまま、古い枝先が細くなって次第に枯れてゆくので、最終的に小低木サイズに落ち着きそうだな〜と思いながら見ています。

通常は樹高が150=200センチくらいにはなるらしいので、その高さと枝張りを想定した場所に植えたのですが、この調子でいくと80〜100センチ程度におさまりそう。どうやら中途半端に場所が空いた状態はこの先も変わらない様子なので、空きすぎの空間をどうしたものかと思案中です。

野アヤメ、カキツバタ、花ショウブ2020/05/29 16:46

今現在、ハナショウブの最期の花が咲いているところです。このままノンビリしていると、タイミングを逃してしまいそうなので、庭のアヤメ系の花を、まとめて今日のうちに掲載してしまいましょう。

とはいっても、種類はちょこっとだけなのですけれどね・・・。

 

まず、初夏の前後あたりから、庭の方々で淡々と咲いてはすぼみ、咲いてはすぼみ、していた野アヤメです。



ときどき植えた場所があわない場合に、地面にから消えることがありますが、条件がとりあえずあっている場所では、じわじわと増えています。アヤメの仲間の中でも野アヤメはスッキリしていてかっこいい・・・。1輪の花の命が短いので、あともうすこし株が増えてくれるとかわるがわる咲いてくれて、鑑賞期間が伸びるのにな〜。

 

こちらは・・・カキツバタ? ハナショウブ?(花しょうぶ)。

カキツバタの管理方法で問題なく生き続けているので、6割りの確率でカキツバタと思います。

(カキツバタ→冠水で管理 ショウブ→そこそこ湿っていれば良い程度)


品種名がわかればいいのですが、植え替えたりなんだりするうちに、ネームプレートが割れたり字が消えたり・・・いつの間にか詳細がわからなくなっていました。(水辺の植物は名前がわからなくなりやすいです)

そもそも白花だと、花の特長による判断がしづらくなりますし・・・。

カキツバタショウブか、葉っぱで見比べる方法がありますので、次の手入れのときには確認するようにしましょう〜。


ともあれ、一昨年も昨年も咲いて、今年もまた咲いて・・・この何年来、数輪ずつとはいえ、季節になると静かに咲いています。庭のアヤメの仲間の中では、この白いアヤメが一番好きかもな〜。


こちらは今年やっと咲いたショウブ。初めて見たのですよね、花を。

どうやらこれは黄ショウブ(キショウブ)。

てっきり、淡い水色の地に模様の入った花が咲くと思っていたので、いきなりキショウブが咲いて意外の一言。

それに、カキツバタが入っている鉢の中で、カキツバタとして育てていたので、その点でもすっかり意表を突かれました。


調べてみると、キショウブは、年中水に浸かったままでも大丈夫なのだそう。


いずれにしろ、このように勢いが出たからには、今年なぜか咲かなかったカキツバタを今後押しのけるかもしれません・・・。

今回の花が終わったら、キショウブは他と分けて植え直しましょう〜。

それにしても、以前ハナショウやカキツバタをしきりに物色していた頃、知らないうちにキショウブの苗か何かが、紛れ込んでしまった様子です。


こうして見ると、キショウブは陽気で暖かな黄色をしていて元気がいい。

帰化した外来種と言われているだけあって、強いアヤメだと思うので、成長して花を咲かせられるまでになったからには、これからは毎年、陽気な花を見せてくれることでしょう。