バラ/ノスタルジー、バーガンディアイスバーグ、その他2020/06/04 16:49

初夏のころから順順に開花していったバラの中には、今でも花を咲かせ続けて楽しませてくれているバラもあります。

たとえば、ザラークアセンディングや・・・

 

ハンスゲーネバイン・・・

 

コーネリア(やっと勢いが出てきて今年は元気がいい)は、今回は長期間、入れ替わり立ち替わり花が咲いています。

いつものことですが、地植えにしてから3〜4年目で無事に定着できた草木は、その3年目あたりでやっと勢いが出はじめて、ホッとするというのか・・・一段落(いちだんらく)したなぁ〜って感じになりますね。

そんな中で、ようやく咲いたノスタルジー。

まだ若い苗木ということもあって、今期は頑張って1輪でした。

こちらはツボミの様子。


見ての通り、開花の途中の段階で、虫喰いの被害にあってしまったので、今回はあまりキレイに咲ききれないかもなぁと諦め半分に見ていました。

ところが、咲けば期待以上の完成形&華やかさ。

あまり手を出さないタイプのバラでしたが、咲いてみれば大変な明るさで、しかも花が神秘的にツヤツヤしていて、不思議な存在感が・・・。もし、これがたくさん咲いたら、すごいことになりそうだなぁと思った次第。冒険心でGETしたバラでしたが、今後が楽しみになりました。

 

そして、バーガンディアイスバーグ。小ぶりですが、なんとかかんとか開花。

今のところ、うちの庭では、アイスバーグは管理がうまくいっていないバラの代表になっちゃっています。


白のアイスバーグはとくに。

たとえば今期も、白のアイスバーグはブラインド処理がのらくら〜と後手に回り、一番花はショボっとゴミみたいな花が1〜2輪でおしまいになりました。

・・・で、こちらの写真は、今現在の白のアイスバーグの様子。今になってツボミがポンポンとあちらこちらで膨らんでいて、花のピークが梅雨と重なりそうな・・・。

とりあえず、数多いツボミの中で唯一開花している小ぶりな1輪がこちら。すでに夏のように蒸し暑く、今後も夏のような暑さになるとの予報ですので、頑張れアイスバーグ・・・です。


こちらは名前がないバラ。

近所の花屋で売られるバラの中に、ごくたまに、名前のないバラがポツンとまじることがあって、そのバラのひとつ。

(だからと言って値段が安いわけでもない・・・)

購入当時はそれなりの大苗に育っていたので、さっそく地植えにしたのはよかったのですが、一時はもうダメかと思うほど枝が枯れて、半分のサイズに・・・。

ところが、今回は強くて立派な枝が生えてきて、花もやっとキレイに咲いて、「そうか元々はこんな風だったなぁ」と、忘れかけていた魅力を思い出しました。

 

まぁ、前回の冬の選定では、全ての切り跡に癒合剤を塗布して枝を丁寧に保護したので、この名無しのバラ自体が地面に根付いて安定したタイミングだったことと、しかるべき処置を施されたことの両方が、キレイな花が咲く結果につながったのでしょう。

あとは、枝の数が増えていくといいですね。

 

こちらは、少し前から開花が始まった修景バラ。

膨らんだツボミが次々と開花し始めているところで、見ごろはこれからです。ノイバラみたいな姿の通り、強くて育てやすくて管理もラクチンで、花後に低い位置でバスっと切っちゃえば終了。

今回は植え替えに使った鉢が小さかったらしく、鉢の中で早々に詰まった感じになったので、次は大きめの鉢を選ばねば〜。

そもそも植木鉢は、昨年の晩秋の台風で散々割れたきりになっておりました。欲しいサイズで手頃な値段のものは、しばらくの間、店頭でもネット通販でも品薄状態でしたので、結局そのままに・・・。

「いい加減、植木鉢を買わなければ」と思いたったのは、この修景バラが鉢の中で詰まり気味になっていて、水やりに少々手間がかかって面倒に感じられたからでした。

 

ノイバラの小さな赤い花。色に力があるからか、ポツと咲いているだけなのに目立ちます。こういう赤を見ていると元気が出てきて、庭にゴージャスな赤バラをどぉーんと植えるのもアリだっ・・・と思えてくるから不思議。

そういえば、以前レメンブランスの赤(スカーレット)を庭に植えておりましたが、たびたびモグラが通る場所だったせいか、次第に土台から木が傾いてきて、最後は枯れてしまいました。赤いバラはそれきりになっていたので、今また物色したくなりましたが、よく考えてみると、ノスタルジーは赤系のバラと言えなくもない・・・ので、まずはこの苗木を大きく育てることに専念いたしましょう。


余談ですが、このノイバラも間に合わせの植木鉢が小さかったらしく「鉢がキツイ」と言わんばかりの状態。

ワイルド系のバラは根がよく張るようですが、花の数は少なくても、小さく育てる楽しみ方もあるので、ノイバラはこのままコンパクトで行こうと思います。

ハナショウブとノハナショウブ2020/06/05 12:56

前前回の記事で、野アヤメや花ショウブetc・・・のことを話題にいたしました。

「あとは、同じ花が何輪か入れ替わり立ち替わり咲くだけ」と思っていたら、昨年も咲いた淡いラベンダー色のハナショウブが最期に開花したので、今日は、掲載しきれなかった残りのアヤメ系の花々をサラっと紹介いたしましょう。

まず青系のハナショウブがこちら。

先日の記事で、この写真のハナショウブが咲くのを待っていたら、いきなりキハナショウブ(黄花菖蒲)が咲いて驚いた、とお話ししたばかりですね。

てっきり、今回はキハナショウブがボコボコ咲くのだろうと思っていたら、ちゃんとラベンダー色のショウブが今年も咲いてくれたので、キハナに負けず無事に咲いて良かった〜・・・と一安心。


いずれにしろ、花が終わったらマークをつけて、次の手入れでは、キハナショウブと在来種を分けなけれなりません〜。

(強い種に在来種が駆逐されると困るので)

 

こちらは昨日から開花が始まった、ノハナショウブ。

植えている場所の日当りの加減なのか、種の都合なのか、複合的な理由なのか、最も遅い開花になりました。

渋いですね〜。

すでに庭では、方々でヤマアジサイが咲き始めているので、開花中のヤマアジサイも一緒に並んでパシャ・・・和の花はいいな〜。

(アジサイは伊予白/イヨシロ)

 

せっかくなので、タイミングを逃して紹介しそびれた姫シャガの写真を1枚。小ささが可愛いアヤメですが、模様はタイガーです。


余談ですが、結局、近所で毎年群生して咲くシャガの花は、今年は見に行けず仕舞いになりました。

来年はまた、シャガの花畑に行きたいです〜。

 

自粛の影響で、花のシーズンは自宅の狭い庭をウロウロするばかりでしたが、こういうとき、少でも庭に花が咲くと嬉しいものですね。

同じことを考える人は多いのか、隣家の庭も方々で手入れがされて、木がすっきりしたり、花が植えられたり、庭やベランダで自粛生活・・・お手軽でいいですね。

(これは確か野アヤメ・・・です)


クレマチス/アンドロメダ、プリンセスダイアナ、ロウグチ、白万重、他2020/06/11 20:50

ノロノロしているうちに、初夏に咲くクレマチスの花々も次々とシーズンを迎え、とりあえずバラと一緒に小さな庭を賑わわせています。

とりあえず・・・と言ったのは、今年も全体的にバラの開花が遅れたことと、長く低温傾向が続いたところへバラの木が充実度を増したことが重なったらしく、今なおバラが絶え間なく咲いているところへクレマチスもシーズン・オン・・・そればかりか、早めに咲きだしたヤマアジサイとも重なっちゃって、珍しく庭は花でいっぱいになっています。

 

ということで、今日は庭のクレマチスの様子について、春〜初夏にかけて開花が始まるクレマチスを順番にご紹介いたしましょう。

まず、今年も咲いたアンドロメダ。昨年は数輪だけ咲いた花を片端から虫に喰われてしまいましたが、今年のように花の数が増えれば、多少虫食いの被害にあっても後から咲く花がカバーしてくれるので大丈夫。

写真だけ見ると独特の模様に感じられますが、庭で咲くと意外に可愛らしくて新鮮。この調子で大きな株に育ってくれたら、また全体の雰囲気も違ってくるのかな?・・・変化を楽しみたいですね。

 

パゴダです。(地植え)去年よりも今年と、年々花の数が増えていっているところです。

原種以外のクレマチスは、品種によっては条件にうるさく気難しいものがいたりして、多少育てにくいイメージがありますが、パゴダはあまり気を使わなくてもしっかり根付いて、たくましく生き続けています。多分、育て易い部類なのかもしれません。

このパゴダは、今も咲き続けているスノーグースのトレリスに一緒に絡まりながら咲いています。今年はいい感じです。

 

同じく育てやすいビオラ。(地植え)植えている場所が厳しい環境だからか、何年たっても花の数がなかなか増えませんが、それでも毎年必ず地面から生え出してきて、花を咲かせています。

もともと多花性の品種なので、もっと気を使ってあげたら花が増えるのかな?次は花の数が1,5倍ぐらいは増えるように少し手を加えてみようと思います。

 

プリンセス・ダイアナです。

地植えにして4〜5年になるのかな・・・今年は元気倍増で、たくさん花を咲かせ続けていますし、勢よくツルを伸ばしてぐんぐん登っていっています。


温度と湿度が増してからはうどんこ病のようになっている部分がチラホラありますが、花ガラを摘んで手入れをしているうちに症状が和らいだような・・・巷の評判通り、強くて可愛いクレマチスだと思います。

 

こちらはやっと咲いたロウグチ。これまでロウグチは何度ダメにしたことでしょう。

時々“水やり”の加減が少し難しいクレマチス がいるなぁ〜という印象がありまして、個人的には、ロウグチはその水の加減を間違え易い品種の一つ。

ちなみに、ツボミの様子がこちら。ベル型のツボミって、見ているとワクワクしますね。

今回は無事に咲いて、いまのところ株も病気にならず大丈夫です。

でも、鉢植えの方はやっぱり水やりがいまひとつうまくいっていない感じがしなくもなく・・・(地植え&鉢植絵の両法で栽培中)

ともあれ、来年、一回り大きくなって花を咲かせてくれたら嬉しいです。

 

こちらは白万重の咲き始めの頃の花。(鉢植え)

庭ではニューフェイスのクレマチスです。育て始めの感触では、なかなか強くて育てやすそうなクレマチス。

最初は花びらを虫に喰われ続ける期間も少しありましたが、トータルで見れば大した影響もなく・・・。

それに、咲き始めの頃からだんだん花の姿が変わってゆくのもいいですね。


バラと一緒でも素敵だろうし、この白万重だけでも十分イイ〜。

最初はそれほど期待していなかったのですが、期待も予想もはるかに上回って、すっかり気に入ってしまった白万重です。

クレマチス/フィグリー、マズリー2020/06/12 17:38

昨日に続いて今日もクレマチス。

今年も勢いを落とすことなく咲いた、クレマチスのフィグリー。

ハンギングに向くということで、昨年から育て始めましたが、同じ植木鉢で育てていたチェルシーという品種は途中で痛んでダメになりまして、フィグリーだけが無事に開花にこぎつけることができました。


ひとたび花が咲き始めると、次々と新しい花が出来ては開花し続けたので、花の期間は長めでした。

途中で水切れを起こしやすくなってしまって枯れてしまったチェルシーは、多分、根っこはまだ生きているのではないかと思うので、とりあえずこのまま通常通りの世話を続けて、次の植え替えでは鉢を分けようと思います。

(多分一緒にしない方が水切れを起こしにくくて失敗がないはず)

今回の教訓は、ハンギング向くといってもクレマチス・・・なので、寄せ植えをするなら土の具合いや鉢のサイズにじゅうぶん気をつけなければならなかった、ということかな・・・とりあえず一品種、一鉢ずつがベストみたいですね。

 

余談になりますが、写真のこの芽、いま現在復活中のマズリーです。

(一緒に写っているのは枯れた枝)

実は、「マズリー(クレマチス)ってどれくらいの条件まで大丈夫かな?」と、置き場所探しを兼ねて春先から半日陰に近い場所に鉢植えを置いた結果、色々あって、ツボミを一つだけつけたところで枯れてしまいました。

すこし厳しいチャレンジをさせちゃったかな・・・? でも、多分根っこが生きているだろうと思いながら、様子を見ておりました。


地上部分が枯れて、ダメにした〜と思っていても、根っこは無事に活動していることってよくありますよね?

ともあれ、マズリーは場所を移して、これから養生です。

無事にダメージから回復してくれるといいなぁ。

ヤマアジサイ/伊予テマリ、斑入り甘茶、七変化、佐久間てまり他2020/06/17 16:02

今年はヤマアジサイが早めにシーズンを迎え、まして、あまり雨の降らないうちからどんどん色づくものですから、水やりもいつも以上に気を使いました〜。

というわけで、順番に咲いていった庭のヤマアジサイたちの様子をお話しいたしましょう。

 

まず、いつも庭で真っ先にシーズンを迎える伊予テマリは、今年も濃いピンク色のテマリをポンポンと咲かせて元気いっぱいです。

こちらは咲き始めの頃。


なんとなく色づくのを待っているうちに、ピークの様子を撮り損ねてしまいましたが、ヤマアジサイの中でも陽気で愛らしい雰囲気のテマリ咲きだからか、他の花々と一緒に咲いている姿が楽しげでGOOD

一応、背景になってしまっていますが、ユリの背後でピンク色にテマリ咲きしているのがピークの頃の様子です。

(白い花は向かって右がクレマチス白万重、向かって左はオルラヤ)

今現在は、ピンク色のままテマリがしおれつつあり、そろそろ終わりです。なので明日〜明後日、雨模様になってから一気につんでしまおうと思っています。

 

庭の北側で、すくすくノビノビと育っている“斑入り甘茶”です。

葉っぱが独特で、葉の大きさのわりに野暮ったくなく、むしろ可愛いカラーリーフって感じ・・・。

こちらが花です。花が咲く頃には葉っぱの色も変化して、青みを帯びた深緑から、黄緑色やライムグリーンの葉に変身。赤い葉脈がアクセントになります。


淡いピンクとブルーのコラボレーションで、今年もたくさんの花を咲かせてくれました。パステルカラーの、色とりどりの金平糖を連想させるヤマアジサイですね。

 

こちらは七変化。名前の通り、ヤマアジサイの中でも表情の豊かで楽しませてくれるアジサイではないでしょうか。

地植えにして3〜4年くらいたったからか、枝をスイスイとよく伸ばして、花もたくさん咲いて、いよいよ充実感が出てきました。

真っ青でスタートした花色は、姿形を変えるのに合わせるかのように花の色も変化させて行きます。


咲き始めの真っ青の花もあれば、途中の藍色や赤紫の花もあって、実物は、まるで一つ一つがベツモノのようにも見えます。

(青系の花の微妙な色は写真では正確に写りづらい)

この七変化も、すでに全体的に色が褪せて、そろそろ終わりを迎えている様子ですので、雨の日を待って手入れをしたいと思います。

 

佐久間テマリです。花の最初の頃の様子です。


これも最初の頃。


だんだん色がのってきて・・・


とりあえずキレイに出来上がっている時の様子。

佐久間テマリは、今年もフワフワゆらゆらと玄関の片隅を演出してくれました。

とりあえず全体の様子がなんとなくわかる写真がこちら。

いろんな品種のヤマアジサイがありますが、個人的な好みで言えば、庭にあるテマリ咲きのアジサイの中でも、なんとも言えない儚げな雰囲氣の漂う、クセになるヤマアジサイです。

(ずっと庭にキープしておきたいと言いたい)

余談ですが、佐久間テマリの写真の向かって右の茶色いカメは、山奥のスーパーの謎のセール品を二束三文で買ったものです。異国の大きめの酒甕(酒がめ)とかで、玄関の緑にぼんやり混ぜて置くモニュメントにはもってこいの逸品・・・?・・・。

でも、カメの口にフタをしておかないと、うっかり入り込んだヤモリが出られなくなり、ヤモリのミイラ化したご遺体が、酒甕の底に集結することに。ちょうどハマりのよい不要な皿を、カメの口にフタがわりに置いたら、ただのカメがスタイリッシュなカメに進化〜。偶然とはいえ、そういうこともあるのですね。


そんな昨今、ヒトにもヤマアジサイにもキビシイ真夏日が、この連日続いていますが、蒸し疲れた夕暮れどきにヤマアジサイにじゃぶじゃぶと水を撒くことが、“涼”を楽しむ時間になっていたりもします。

やっぱり季節の花には癒されますね。

ヤマアジサイ#2/クレナイ、津江コテマリ、乙女の舞、伊予獅子テマリ、緑星テマリ他2020/06/19 16:28

昨日に続いてヤマアジサイ・・・その2です。

ヤマアジサイの良いところは、地植えにして成長しても比較的こじんまりした小低木におさまること、扱いやすい木であること、鉢植えでコンパクトに育てる場合は和の趣を楽しめる枝ぶりになる品種が多いこと・・・が個人的にTOP3にあげられると思います。

反対に、気を使うところといえば、鉢植えの場合は夏場の水切れに注意が必要なこと(水やりが朝夕必須な時期も)でしょうか。

花後の花ガラ摘みを兼ねた選定は、アジサイに限らずバラでもクリスマスローズでも行うとような一般的な管理なので、ヤマアジサイは慣れてしまえば難しくない植物だと思います。(慣れるまでは“水切れ&蒸れ”で弱らせ枯らしてしまう経験も多少積みます)

 

こちらはクレナイの咲き始めの頃です。今年も咲きました〜。


だんだん色が濃くなってきて・・・


最後には真っ赤に、この紅(クレナイ)色が独特の色でハマってしまうのですよね。

赤い花にそれほど興味がなくても、ヤマアジサイのクレナイだけは庭に欠かせない紅い花になっています。


このクレナイに名前と色で似たような印象を抱くアジサイに、ベニガクがあります。


ベニガクは、クレナイほど真っ赤にはならないまま花が終わります。

木も、クレナイの方が小さめで丸っこくて横にふわっと・・・、ベニガクはスラッと伸びる感じで放っておけば背丈が1,2メートルくらいにはなるかなぁ。(植える場所にもよるはず)


それぞれ魅力があります・・・あとは好みです。


今夏も爽やかに津江コテマリ(ツエノコテマリorツエノコデマリ)が咲きました。

せっかくなので、最初の頃の様子もひとつ。


絵本の中の水のような青さと、小さくてフワフワとしたテマリは、いつ見てラヴリ〜です。

これ見たさに1年間、世話をしている・・・と思うとスゴイ執念を感じます。

少し終わりかけの頃の様子です。

毎度のことですが、青色は見たそのままをカメラに撮るのが難しい・・・ので、やっぱりアジサイの青は、じかに見に行くのがいちばんですね。

 

こちらは庭植えの乙女の舞。(↑最初の頃の淡い花いろの様子)

何年たってもコンパクトサイズのままで、花の数もどちらかというと少なめです。

今になって思うことは、植物同士のスキマを埋めるために植えることができたら、もっとこの乙女の舞が持っている特長を活かせてステキだっただろうに・・・ということ。まぁシロウトだけに、何事もやってみなければわかりませんよね。


伊予獅子テマリです。(↑色づき始めの頃)


ある程度花の色がのっかった頃、青や黄色や桃や紫と不思議なグラデーションでファンタジックに変身。これもいいですね〜・・・。

なるほど、同じ丸いボンボンでも伊予獅子テマリの形は、金魚のシシガシラみたいに、獅子のヘアスタイル(?)を思い起こさせますね。今年の伊予市市テマリは、元気が良くてたくさん花が咲き、色の変化も十分楽しむことができました。


これは緑星テマリ。テマリの中に緑色の星型がまじるので、そのような名前なのかな? 花全体も金平糖みたいなので、星型のテマリの中に緑の星もチラッと見える、スターなヤマアジサイでございます。

どちらかといえば枝がスラッと上に伸びるので、スリムにスッキリ収まるように余分な枝を間引きながら管理しています。不揃いの金平糖が枝先で弾けているような姿が、なかなかオシャレだったりします。


ヤマアジサイ三昧、梅雨たけなわ、雨がもたらす変化が楽しい時ですね。でも、昨今はシトシト・・・ではなく豪雨になることもあるので雨の降りかたには気をつけたいですネ。