デグー闘病日記#6/経過はまずまず2020/08/04 14:10

6/25に動けなくなって以来、闘病生活が続いていたエグーのルディことルーさん。

(闘病日記は6/26から7/17まで5回にわたって予後の様子を記事にしています)

 

今日は2週間ぶりの記事になりますね。

 

その後も、時々意識が混濁気味になる日があって、そのたびに食べられなくなるので体重が10グラム落ち、で、再び元気になると減った10グラム分がとりあえず回復する、という状態を繰り返していたので、なんとなく気の抜けない日々が続いておりました。

この写真を撮った日も、不活発でボンヤリとした状態が半日ほど続いたりしてました。体を起こすことができず、すぐにグニャ〜ダラ〜ッとなってしまいます。(10日ほど前の様子になります)

眠いというより、意識がちょっとモウロウ・・・。

こういう時は、ほとんど食べられなくなるので強制給餌をしたくなるところですが、咀嚼も嚥下も(そしゃく/えんげ→モグモグしてゴクンとすること)できないので、様子を見守っているしかありません。

なのでこの当時は、”覚醒待ち” して、目覚めているときにたんと食べさせようという算段でおりました。

獣医さんとも相談して、もし意識が混濁して丸一日飲まず食わずになったら、点滴注射を打ちにいく、という手はずにもなっていました。

 

そんなこんなで、まだ安心できない状態がつづいておりましたが、先週1週間は、神経系の暴走による自咬の流血もなければ、極端な意識の低下も起きず、落ち着くところに落ち着いた感じになりました。

体重の変動も2〜4グラムの幅でおさまり始めて、治りかけては自咬でリピートしていた怪我も復調へ・・・。

特に大きな問題が起きるでもなく、不自由なりにも平和な日々が到来したかのよう。

噛みしだいてザクザクになっていた手のケガは、カサブタの上からガジガジやるものだからかなかなか治らないまま2カ月がたったわけですが・・・それが、ここ数日でみるみる、みる治〜癒、

今日には、ほら・・・中指付近の毛が生えそろったらパーフェクト。


大ケガで手の形が変わっちゃったけれど、すでにこちらの手はマヒしていて何かを ”つかむ”ためには使わなくなっています。

なので、使いたいのに思うようにいかなくて大変、といった感じのこともなく、ただただ「治って良かったね」の一言です。

 

大好きだった砂浴びは、今は体が思うように連動しないのか、それとも砂浴びに関する記憶や機能が一部抜け落ちてしまったのか、砂を浴びることができなくなりました。

なので、砂あそびのつもりで、体に砂をかけてあげいます。

毎朝、洗面器に用意された砂風呂のなかで、ノソノソと時計回りにクルクル回るだけですが、ストーンウォッシュならぬサンドウォッシュってことで、一応、気分だけも綺麗に・・・。

そういえば、2ヶ月前、動けなくなったきり意識を失ったあの日も、毎朝の砂浴びを楽しみました。すでに足元が微妙にフラついてはいたものの、あの日はいつになく砂浴びが念入りで、珍しく・・・というよりも始めて見た砂浴びの仕方だったせいか、印象に残っています。




そんな中、今、少し困っていることといえば、食べ物の選り好みがひどくなったことでしょうか。経験則から言えば、食欲が、元気で健康だった時と比べて落ちこんでいて、以前のように食べられなくなっているのでしょう。

とにかく、長年食べ慣れたペレットを全く食べなくなっていて、頼みの綱だった大好物のペレットは、よりによってメーカーが閉業して手に入らなくなっていて、闘病中に獣医でわけてもらっていた強制給餌用の餌も、しばらく前から食べなくなっています。とにかく食べてくれそうなものをなるだけたくさん探さなければならず、目下かなり困っているところで、これが今もっとも気がかりなことかな〜。


そして、機能が回復している部分もあれば、ジワジワ低下している部分もあって、たとえば、少し前まではどこかに手をかければ後ろ足で立つことができていましたが、今はそれができません。前よりもバランスをうまく取れなくなってしまっている模様で、内耳の不調? それとも筋肉の低下? バリアフリーのケージで今までとは違う生活になっているので、慣れない間は「?」が増えそうですね。

 

いずれにしろ、斜頸が治らず斜めに自転する毎日であっても、飼い主に甘えたり苦情を言ったりしながら過す日々は、ある意味で平穏無事と言えましょう。

この調子で、このまま老後までゆるりと生きながらえてもらえたら嬉しいかぎりです〜。

真夏の庭で/カラマツソウ、ヤマユリ、モントブレチア、赤いキノコ2020/08/14 13:07

セミが鳴き始めたのは7月の半ばころ・・・そして今日はツクツクホウシ(晩夏・初秋から鳴き始めるセミ)の鳴き声を聴くことができました。連日つづく酷暑にかなりウンザリしますが、厳しい暑さの中で、秋の渡来を予感させるセミの声やウロコ雲を見つけると、少しばかりホッとしますね。

そんな今日は、夏の庭で入れ替わり立ち替わり咲いた花花をいくつか紹介したいと思います。

咲いた順番に並べてゆくと・・・

花の期間が長かったカラマツソウ。

地植えに切り替えた今年は、大変立派な姿に成長しまして、1カ月くらいはとっかえひっかえ小花が咲き続けていました。

予想よりも背が高くなったので、時期を見て花壇の後ろへ植え直そうと思っています。(スラッと130センチほどの高さになりました)

 

今年もヤマユリが咲きました。同じく他のオリエンタルリリーも2種類咲いたのですが、豪雨で壊れた外構の修繕と台風で壊れた屋根の修繕の工期が一部重なってしまった影響で、オリエンタルリリーが咲いている場所へ近寄れずじまいに。なので今回写真に残せたのはヤマユリだけ。また来年も咲いてくれるといいですね。


モントブレチアです。鮮やかで元気な色の花が魅力です。

この花はどこからともなく運ばれてきた種が庭の一角に定着したもので、放っておくと大変よく増えて葉っぱが混み合うので、定期的に思い切りよく間引きしています。こういう扱いやすい花は便利でいいですね。


花ではありませんが、今年もヤマボウシの根もと付近から赤いキノコが生えてきました。

どこから見ても毒々しい赤キノコ。けれども、ただ見ているだけなら海中の真っ赤なサンゴなんかを思い出させます。こういう鮮やかな赤色のプラント系の何かが、アクアリウムの中でユラユラしていたら、キケンではなくキレイと言ってもらえるのだろうに〜。

昨夏、今夏と、ほぼ同じ場所に出現した赤キノコ、この調子で来夏も同じ場所に出没してくれると面白いのになぁ。

ひまわり畑/ソレイユの丘2020/08/21 14:47

何年か前の大変な猛暑の時と同じように、今夏は庭の植物の中に、酷暑に耐えきれずに枯れるものが続出。特に鉢植えを中心に、若い株は軒並み死滅するか弱ってグニャグニャに……。他に、耐暑性が低めのものや、水切れを1〜2回くり返したもの、すでに夏前に根詰まり気味で秋には植え替え予定だったものは、弱ったと思ったらあっという間に枯れてしまいました。

いつからか気候変動による極端な天候が日常化しているので、庭の植物たちも大変です。どのような環境にも対応できるような、雑草みたいなフレキシブルさが必要になっているようです。

そんな今夏、外があまりにも暑過ぎることと、コロナ問題と、湘南海岸が大変混雑していて車道で渋滞に巻き込まれることと、容体が不安定なデグーがいること、この4拍子が揃ったからか、遠出することなく自宅のそばで淡々と過ごしました。

そんな中でも「今年もヒマワリぐらいは見に行こう・・・」という話になりまして、用事で三浦方面へ行ったついでに長井/横須賀のソレイユの丘に立ち寄りました。

ということで、ヒマワリと空と海と森が見える景色。



元気が出る光景ですね。

少し目線を移すと、美しい田園の風景も見ることができます。


この公園には触れ合える動物たちがいますが、今は炎天続き……どうにかこうにか人類の相手をできそうな動物たちがフィールドに出てきていましたが、日蔭に休んでうまく暑さをしのいでいました。




みなさん日蔭でマッタリ。

こういう時は、寝て、休んで、食べて、また寝て……体力温存しないとね。


マーラがどこにもいないと思っていたら、フィールドの奥の物陰に、隠れるようにオールメンバー集結していました。

まさに、暑さから逃げているといった感じ、時には「逃げも隠れもするぞ」という柔軟な精神は大切ですな。


亀は亀ハウスに入って、電池切れた風に爆睡中。

ふと、作業中にガクンと寝落ちして、で、ふいに目覚めて驚いた、という風に、ここ最近の仕事中のmy姿を思い出しました。


凍らせたペットボトルで涼を取るロップイヤー。冷たい容器をペロペロなめていました。

撫でるとフワモフ〜〜〜どんなに暑くて、もうさぎのフワフワは気持ちいい。お勤めご苦労様です。


モルモットも営業中、ナデナデしているうちに欲しくなりました。

一見、臆病そうなモルモットですが、慣れると可愛さが倍増しそうな気配が漂っています〜。

このあと、売店でモルモットのぬいぐるみを購入して、とりあえず今はそれでガマンすることにしました。



そんなこんなで、ソレイユの丘では、ヒマワリを見て、動物を見て、そのあとは海辺を軽く散策して、夏の休日を満喫いたしました。


気づけば巣ごもりサマー、週末や連休がきてもひっそり過ごす毎日でしたが、たまには近所の行楽地で違う景色を眺めるのもいいですね。

いい気分転換になりました。


グロリオサ2020/08/24 13:17

今年もグロリオサの花が咲きました。

赤に黄色のふちどりが派手ですが、花の形がヒガンバナみたいだからか、目立つ色のわりにやかましくありません。

再三になりますが、いまだに、昨年の台風でやられた家の修復が終わっておらず、今現在も家の周囲をぐるりと足場が囲んでいるので、どのグロリオサの花を撮影しても必ず足場の一部が背景に写り込んでしまいます。

足場の足とグロリオサ 


足場の手すりとグロリオサ 


足場の階段とグロリオサ


まぁ、これもこれで2020年夏の記念?ということかな。


相変わらず外溝の修復もまだ終わっていないので、春先から庭に手を出せない期間がず〜っと続いていて、おかげで今年はボタンの“芽かき”もできずじまいになっています。足場や資材が庭を占領中でバラやボタンに限らず、いろいろな植物のそばに近づけない〜。

来年のボタンが心配なように、手入れができない植物が多すぎて、来年の庭は期待薄。

……いえ、もしかすると、手つかずだったことが功を奏するかもしれません。とにかく、はやく家&庭の修繕が終わって欲しい〜。


そんなグチャグチャとした日々の中でも、グロリオサは、庭にいきなり出現した 障害物/足場 をヒョイヒョイと縫うように生え、太陽の光が差し込む場所をめがけて茎をグニャ〜っと伸ばしました。

で、パクパクと休みなく赤い花を咲かせていて、なかなかの生命力。


超然と(?)変化に対応するたくましさに元気もらえますね。


庭のエゴノキ/地植えと鉢植えと2020/08/31 14:37

今日で8月も終わりですね。1年は残り3カ月になりました。

8月に入ると沿道の桜の木が葉を落とし始めて、いつものお掃除隊が掃き掃除を開始するので、どんなに暑くても「また落葉が始まったのだなぁ」と秋を意識せずにはいられません。

そうこうするうちに9月。あともう少しで、秋らしい涼しいさも感じられるようになるはずです。


そんな今日は、庭のエゴノキを巡るお話をいたします。

鉢植えのエゴノキと庭木と化したエゴノキのことについて、です。

 

もともと庭で育てていたエゴノキは株立ちで、コンパクトに育てたかったので鉢植えで管理していました。

なので木の高さはほぼず〜っと130センチ程度に収まっていて、毎年ちょこっと花が咲いて、チビっと実がなって、冬には少なめの小ぶりな葉っぱが落葉して・・・といった具合に地味な1年を繰り返していました。

参考までに、鉢植えのエゴノキの今年の花の様子がこちら。

ハナバチ(怖くないハチで花にも自然界にも欠かせない)がやってきて木の周囲が賑やかになるので、花の時期はもっとも楽しい季節。

鉢植えで株立ちのエゴノキは、すらっと枝が細くて枝数も少なく、葉っぱも小ぶりで華奢。なので、まさかそのひ弱そうな鉢植えのエゴノキの実が、野生動物の手によって庭の方々へ移動していって、そこここからボコボコ芽吹くとなどは考えておりませんでした。


それに「実がエグく、それを食べる生きものも少ない」という木の命名のくだりを信じていたので、種から芽吹く可能性は低そうな……ところが、どうやらこの考えは誤っていたようでした。

 

というわけで、何年か前に、一見すると素敵な感じがする何かの苗木が、庭のあちらこちらから集中的にニョキニョキと生えてきたことがありました。

あるものは植木鉢の中から、あるものは庭の地べたから・・・。

木の先生に写真を見せて、何の木の苗木なのか尋ねると、「苗木の間は判別が難しい木もあるのだよ〜、生き残るために戦略的に葉っぱの形を変えていたりしてね〜云々」と教えていただいて、なので最終的に何に育つのかはオタノシミということで、ワクワクしながら成長を待っておりました。

こちらの写真が木の先生に見せたものの一つ。

先生からは、一応「アブラチャンの苗木かも知れないけれど言い切れない」と言われておりました。実際に「アブラチャンかも?」と思っていた頃の葉っぱの様子や雰囲気、今ではすっかり変化しています。

 

この”アブラチャンもどき”として地面から生えてきた苗木は、年々すくすくと、わりと早めに成長して、みるみるうちに“いい感じの枝ぶり”になってゆく様子を見ることができました。成長途中の自然樹形が美しかったので、夢を見たわけですね・・・「この〜木なんの木〜♪」と期待感を倍増させるにいたりました。


で、庭の方々でこの苗木を発見してから5年ほどたったでしょうか?ついに今年になって、”アブラチャンもどき”の中でも、もっとも成長した木に初めて花が咲きました。

言い換えると、花が咲くまでに木が成長したところで、やっとこの木が何の木なのかわかったわけですね。


花を見てぽそっとつぶやきました〜「エゴノキだったのか」と。


当たり前ですが、鉢植えの小さなエゴノキに比べると、頭上で、スラ〜っと放射状に伸びる枝に鈴なりに咲く花は見事。

花にはハナバチが次々とやって来て、木全体が季節らしい楽しげな雰囲気に包まれました。


この木については、鉢植えで株立ちのものについてしか知らなかったし、近隣の公園にあるエゴノキは刈り込まれてズングリムックリとしているし、なので「この木は雑木で自然樹形が美しい」ということを心底から実感しました。

のびのびと育てられる広い庭であれば、自然樹形で雰囲気と見栄えの良さを楽しむのがいいはず。

余談ですが、ウチの庭は狭いうえに狭い場所から生えてきたので、なるべく樹形を崩さないようにしながら枝を間引いたり、家屋にぶつかる枝を切ったりしています。

それでも枝ぶりがイイな〜と思うほど。自然ならもっとキレイでしょうね。

こちらは花の終わり頃の様子で・・・


雨の季節の頃に実がなりました。爽やかな光景です。


このエグいと言われている木の実は、案外すすんで食べる生きものがいたようで、人間界の青汁みたいなものなのかも知れません。

ちなみに、この若い実を毎朝食べ散らかしていたのはリスでした。たくさんあることだし、残さず食い散らかしてくれてOK。

たまたまカタツムリが休んでいたので1枚(梅雨の頃)


ともあれ、なんらかの野生動物によってこの木のタネを撒き散らされたわけですが、その中でも、庭の西側に並ぶように生えてきた数本のエゴノキは、すでに1階の窓から差し込む西日を遮る木になっています。

なので、今のところ重宝だな〜と喜んでいるところ。

ただ、最終的にどのくらい大きくなるのか?7〜8メートル程度でおさまるなら問題ありませんが、10メートルを超えて伸びるとなると管理を続けるのは無理かもしれません。


生えている環境に左右される部分もあると思うので、あと何年か経ってみないとわかりませんが。


木の根元に積もるように転がっている、食べ散らかされた実の残骸。手前の木がエゴノキの幹で、つるんとした木肌が代表的な特徴のひとつらしいのですが、コンパクト造りの鉢植えではそこまで実感できませんでした・・・。
まぁ、もし途中で木の種類がわかっていたら、教科書を読んだだけでエゴノキについて全てをわかった気になって、「高木になるかも?枝が広がって邪魔な木になるかも?もう鉢植えがあるからいらないや」・・・という理由で、引き抜いていたかもしれません。
結果的に、わからないことがわからないままになっていたおかげで、良い経験ができたうえにトクをしたと思います。

それにしても、花のすぐ後になった実は、リスにとっては青い頃が食べごろだったようで、今は枯れたガラがゴロゴロと地面にあるだけ、
木に残っているわずかな実を食べにくるものはありません。
食べガラに混じって、キセルガイの渦巻きの貝ガラも転がっていますね? 夏の終わり頃の地面には、いろんな生きものが生きたアトをたくさん見つけられて、そこにも秋の気配を感じます。

今現在(8月末)の、鉢植えのエゴノキの葉の様子。


同じく今現在の、断りもなく庭木デビューしたエゴノキの葉の様子。


この2枚の葉っぱの写真を見て「両方ともエゴノキだ」と気づくことができるのは、植木やら樹木やらのプロです、きっと。


今回のお話の締めくくりの写真は、鉢植えのエゴノキに取り残されているエゴの実。

食べるにはすでに旬が過ぎていて、ついばむものがいないのでしょうか。

このまま秋を迎えようとしているこの実は、芽吹く気満々だったりしてね・・・庭がエゴノキ満載になるのもなんなので、落ちる前につみとってしまいましょう。


そろそろ方々で実がなる季節になりました。

景色全体が秋の色になるのが待ち通しいですね。