リスとシークヮーサー2020/01/06 12:20

前回のブログ記事は“みかんにメジロ”でした。

そして今日はシークヮーサーに入れ込むリスの模様です。

その前に、前回のメジロの様子を2階の窓から撮った時の写真の片隅に、シークヮーサーが写っている様子を参考までに1枚。

 

食べるにはタイミングが遅くなってしまったシークヮーサーを、「野鳥が食べるかな?」と試しにガーデンテーブルの上に置いたのは大晦日。

ミカンよりも数日早くシークヮーサーは台の上に置いたわけですが、傷みかけたL玉のミカンの売れ行きのほうが、あまりにもスピーディー。なので、食べごろを過ぎた10個ほどのシークヮーサーは、このまま庭の飾りとして終わるのかもなぁと思っておりました。

 

けれど、メジロの「みかんキャピキャピ〜」が呼び水になったのか、つられるようにリスが飾り台の上に上がってシークヮーサーの“実”を持ち去り始めました。

柑橘系もイケるのか?……リス? 2階からではなく勝手口の猫用窓から覗き飲んで撮影。


このあと、視線を感じたリスは、こちらを見て尻尾をブワッと膨らませつつ、実をくわえてダッシュ、しばらく戻ってきませんでした。

 

リスが全ての実を運び去るまでほぼ2日、朝の早い時間に4〜5個、これを2回繰り返して運搬終了……その場で食べた分もあったと思いますが、遠くの巣まで、何度も往復して運んだ実のほうが多かったと思います。


リスにしてみれば、前年から、隣家のクヌギの木が切られたり、開発で森がひとつ壊されたりで、近隣の野生動物たちと同様に餌は激減しているはずです。

そんな条件にあっても、冬の寒さにも負けずに食べものを探し当てて生き抜く彼らに脱帽〜。それにしてもリスがシークヮーサーの実を食べるとは意外でした。

 

そんな野生動物たちのキビシイくもしたたかな生活ぶりを、愛猫はいつものように勝手口から「家ニャンは見た!」と興奮しながらロックオン。

忙しそうに”ただ見ているだけ”のニャンコですが、ミカンにはメジロが、シークヮーサーにはリスが、年明け早々、刺激が盛りだくさんなお正月スペシャルでございました。

江ノ島にニャンコに富士2020/01/03 11:47

元旦の日の江ノ島です。

今回の年末年始は好天に恵まれているので、富士山を見られる日が続いています。

冬季は遠方の富士がよく見える確率がぐっと上がるので、キレイな夕日に富士山が浮き上がる様子を見られますし、そこへ今の季節は宵の明星も西の空に浮かんでいたりして、夕景が楽しい季節です。(宵の明星は11月〜4月まで西の空に見られる)

 

ということで、お正月の江ノ島周辺の様子をひとつ。(奥に富士、写真左はシーキャンドル)

 

ライトアップ中の江ノ島は、シーキャンドル(江ノ島灯台)を中心に、全ての道に電飾が施されているので、幻想的で寒さを忘れます。

なので日が暮れても、寒さも時間も忘れていつまでも遊んで回ってしまいます。

辺津宮から奥津宮へ続く途中の道に、


辺津宮から中津宮へ続く途中にある木道。

公園も道も地面も樹木も電飾で光っています。

中津宮と奥津宮の途中の参道から見たシーキャンドル。観光客も参拝客も、この場所で次々と立ち止まって写真を撮っていました。


今日はどんなニャンコに出会えるかな?……と期待つつ、聖天島公園から江ノ島に入りましたが、その日聖天島公園付近にニャンコを見かけることはできませんでした。そのかわり、参道のお店の前で何匹かのニャンコを発見……江ノ島の猫たちは、冬だけに寒そうにしているものの、いつものように元気そうでした。

寒いといってもどちらかといえば暖かな冬。外で暮らす猫にはラッキーですね。


明確ではありませんが、この子には首輪があったような……放し飼いのニャンコ店長だったりして……やっぱり冬場は暖色の茶トラに目が温められますね。


※バタバタと騒音をたてて駆け寄ったり、追いかけ回したりしないでね。寝ているところを撫でると叱られることもありますよ。 from江のニャン


今年も開催しています、コッキング苑の色とりどりのチューリップ&ライトアップ。

冬になっても電飾と花と灯台と海の幸でいっぱいの江ノ島は、こうしてみると1年中賑わっています。

それに今年はオリンピックのセーリングがこの地で開催されるので、当面はお祭りムードが続きそうですね。

ともあれ、良い一年になりますように。

新しい猫じゃらし2019/12/20 19:36

今日はニャンコの近況報告。(愛猫のダン君)

ラグドールは、どちらかといえば狩りごっこに関心が低い子が多いと言われています。

確かに、長毛種らしくとてもおっとりしていて、ウチの愛猫がラグドールの中でも遊び好きな性格の子だったとしても、やっぱり穏やかには違いありません。

とはいえ、1日1回以上、遊びたくなるたびに「遊べ」「遊ぼう」「遊ぶのだ」といろいろな手を使ってアピールしまくります。(現在6歳です)

同じおもちゃに予測のつく遊び方では飽きられるわけで、いろんなお手製のおもちゃを作ったり、遊び方に工夫を凝らしたり、とにかくニャンコのワクワクしたい魂を満たすべく飼い主業に励む毎日でございます。

 

でも、いくら工夫を凝らしていても、ある程度パターン化するのは仕方のないことで、時々これまでにない刺激が必要になることも時々あるわけです。

で、そのサインがでたのが1ヶ月ほど前。

これまでスゴク大好きだったおもちゃでじゃれる時間が短くなり、それに反して、遊んでくれとアピールする時間は長くなるという具合で、ちょびっとグレてみたり、ゴネゴネごねてみたり……仕方がないので、まだ試していないおもちゃを物色して回って、いくつかの新アイテムを用意しました。

 

そして、ごく最近お気に入りになったばかりの箱と、新しいおもちゃと、今までと違う何かとの遭遇……の3つどもえの新刺激作戦で、“狩りごっこ”は再びスリルと興奮の場に復活したのでした。

 ということで、新しい遊びがとても気に入りました。

ヒラヒラびよんびよん、ぴこぴこ動くおもちゃをロックオン。


ヒト目線では似たような感じの遊びでも、シチュエーションが変われば見たことない獲物に遭遇した気分?

新しいおもちゃの部分写真でございます。新しいといっても、試すのをためらっていただけですが。遊んでいる最中に、流れ弾的に猫パンチをくらいそうなおもちゃだったので、何となく手を出さなかっただけですが、今のところお気に入りのトップスリーを争うおもちゃになっています。

ダン君としては、この箱はもすご〜くイイらしい。

使うおもちゃによって、立てて使ったり寝せて使ったりしています。

人間目線から見たら、もっと他の箱のようが良さそうが気がしますが、植物用の空気穴が空いているだけのただの段ボールに愛猫はご執心。もしかすると、遊びたいときには、これくらいの箱が体のサイズに合っているのかもなぁ〜……ありがとう箱、ボロボロになるまで使い倒します〜。

ちなみに、定番のお気に入りおもちゃはコレ。


おそらくこれから先も、お気に入りのトップスリーに入るおもちゃであり続けるでしょう。 

なので、遊ばないときは隠しておかなければなりません。でなければ、どこかへ持ち去って食べるはず。お子様ニャンコのときの、このおもちゃのセンセーショナルな記憶が刻まれていて別格なのかな〜。ともあれ。必ず食べようとするおもちゃでして、昆虫の一種ぐらいに思っているのかもしれません。

(かつて目玉にあたるぽんぽんを食べられてしまったことがございます。気をつけましょう)

お手製のおもちゃでお気に入りナンバーワンはブラッシングで集めた毛で作った玉。たまをとるなら自分の毛が一番? フガフガいいながらじゃれつきます。

実はこのダン君の毛で作った玉も、勢いがつくとそのまま食べてしまいそうになるので、なるべく大きく、飲み込みにくいサイズに作っています。遊ぶときも誤飲に気をつけていて、無邪気に楽しく遊んでいるのは猫ばかり、こちらは注意を欠かせません。


何種類かあるストローのうちお気に入りのタイプがコレ。跳ねたり飛んだりする様子がよほど楽しいらしく、いちおう、バッタがキチキチ跳ねているイメージで遊んでもらっています。追いかけているうちに絨毯の下なんかに潜り込むところもゾクゾクするらしい……。

ヒト目線ではバッタでも、ダン君の目線では跳ねるイモムシっぽい何か、なのかもなぁ〜。そもそもバッタを見たことがないわけだし。

あんがいシンプルなものに大喜びで遊んでくれる愛猫、その点では安上がりです。

 

大型のネコは成猫になるまで多めに時間がかかると言われていますが、年齢が高くなるにつれて遊びたい欲求が冷めてゆくのも少し遅めなのかな?

遊びの追求はまだまだ続きそうです。

愛猫をまた獣医へ/ラグドール2019/11/19 14:35


今日はラグドールのダン君の最新レポートです。

10日ほど前、愛猫に謎の出来事が起きまして、とりあえず一段落ついた模様……今日はその出来事についてお話しいたします。

 

ダン君、その日もいつものようにトイレで“うん◯”を済ませて、臭い匂いが漂う中をスタスタ歩き去ろうとしておりました。

そもそもニャンコの“排泄物・大”は匂いがスゴイので、ヒトがそばにいるときはすぐに回収するのが常で、その日もアツアツの状態で即時回収……しようとすると謎の鮮血がトイレのヘリに付着しているのを発見。

いそいでダン君のお尻付近をチェックすると、ちょうど鮮やかな血がジワ〜っと肛門に……即刻、獣医へGO〜となりました。

 

いつものように、悲痛な声で鳴き叫びながら車で(10分程度)運ばれ、血がにじんだお尻の穴と肛門腺のチェック、それから採取した“丸ごとうん◯”を検査してもらいました。

 

まず、検便の結果は「とても素晴らしいうん◯」ということで、まるでゴールデンうん◯賞をもらった気分になれるほどムチャ褒められました。そうか、猫界でうん◯の王者になれる才能があったのだな?……見直した〜。

肛門腺をしぼって診てもらうと、その肛門腺にも問題らしい問題が見当たらず。

少し前まで鮮血がついていたはずの肛門も、いたって平常な尻の穴に戻っていて、「いったい何が?」と首をかしげる顛末になりました。

 

参考までに、病院で先生に見せられるようにと、出血当時にトイレに付着した鮮血と、血が滲む肛門の写真をそれぞれカメラで撮っておきました。なので飼い主一家が、愛猫の尻に何かの幻覚を見たわけではない……ということをお断りしておきましょう。

 

さて、異常が見当たらず、出血の原因もわからなかったので、とりあえず採尿して検査するということになり、採尿用の注射器をもらって帰宅いたしました。

あとは、ニャンコトイレを水洗いして、検査結果に影響がないようにトイレの古い汚れをきれいに取り除いて、採尿開始。

トイレ材に使っているシュレッダーの紙(顔料などが使われていない紙類)が混じらないように、はじめは何も敷かずにトイレをセットして待ちました。


でもニャンコにしてみれば、いつものトイレ材が敷かれていないからか、トイレに入りかけたのをやめたり、外からトイレの中をジーっと覗き込んで立ち去ったり……。

結局トータルで半日待ってもおしっこをしない状態でしたので、そうなるとかえってニャンコの体に悪いよなぁ〜と、いつものトイレ材を少し敷いておしっこ待ちました。

そうしたら、すぐに放尿〜。

膀胱がマキシマム限界に達してからの放尿なので、通常よりもかなり量が多いです。チラホラ混じっているのは紙くずです。(トイレシートを裏返しにして使っています→採尿しやすい)


あとは渡された注射器でゴミが少ないないところのおしっこを吸い上げて、すでに夜だったので検体を冷蔵庫で冷やし、翌朝、検体だけを持って獣医へGO2。

結局、尿検査の結果も問題がなくダン君は健康そのもの。いったいあの血はなんだったのだろう? その後は1度も出血しないし……? とりあえず経過観察〜ということで診療を終わりました。

 

口から何か、硬くて小さな異物を飲み込んでしまっていて、それが排便のときにお尻の出口付近を傷つけたのかな?

ともあれ、毎日よく食べ、ゴールデンうん◯をにょろっと1発排泄し、放尿も日に2〜3回程度といたって健康体。

弱るでもなく、痩せるでもなく、逆に冬に備えて体重と体力を増強しようとしているのか、食欲と睡眠欲と狩りごっこしたい欲求(狩猟本能)が炸裂中。

血がでていらい10日が経過していますが、平穏無事な毎日です。

今秋は ”段ボールあそび” にハマり中。↑牧草の入っていた段ボール箱にINすれば「飾りの置き物」とか「動物仏像みたい」だってことで注目されて、その流れで段ボール遊びしてもらえるし……。

草花が入っていた段ボール箱にINすると、箱の横には草花が呼吸するための穴がいくつか空いているので、そこから手をだせば妙にゾクゾクするし……。


尻から流血事件なんてあったっ? なにごともなかったみたいに毎日が過ぎています。


参考までに:痔(ぢ)の出血の場合は排便のときにニャンコが痛がるのでそれとわかる

猫ハウスの季節2019/11/06 15:41

秋らしくなって涼しい毎日になりましたが、昨日今日と、早朝の時間帯を寒く感じるようになりました。

そんな今日は愛猫のダン君の近況です。

 

ふいに朝晩の冷え込みの差が大きくなったので、昨朝は冬用のニャンコハウスを引っ張り出してきて設置。

前回シーズンが終わって片付けるときに、毛布もハウスも全て毛を取り除いて、ジャブジャブ洗濯して、お日様に当てまくって天日干しにして、湿度調整の効いた場所に保管していたので“かえってきたニャンコハウス”は心地良く使える状態のはずでした。

 

で、反応はというと、用意されたニャンコハウスにスタスタと入ったきり……朝の8時から夕方の6時過ぎまで鬼のように爆睡すること約10時間。

まるで「病院に連れて行かれて疲れ果てた日」みたいに寝入りまくりまして、そんなことならもう少し早くハウス出してあげればよかったな〜と思った次第です。

ということで、こちらがいつものニャンコハウス。(まだ中にヒータは入れていません)

 

ダン君が入ったきり、不気味なほどの静けさが漂うニャンコハウス……ただ寝ているだけなのか、もしや何か違うことになっていたりしないか、時間がたつにつれて気になりまして、さすがに、夕方頃にはそ〜っと近づいて中の様子を確認いたしました。


寝入ってから9時間目(5時頃)の様子。カメラに気づいて目を開けましたが、すぐまた寝入ってしまいました。

ずっと飲まず食わずでひたすら眠っていたので、肉食やめて冬眠始めた?って言いたくなる感じです。

 

ニャンコの10時間は人間に換算すると何時間? 一時間後にもう一回様子を除くと、まだまだ眠たそうな感じ……。

やっと起き出してきたときは、寝起きの悪い人っぽい雰囲気をかもしだしていましたが、とりあえずノビをして、アクビして、ひととおりウォーミングアップ。 

キャットフードを食べてから、トイレも済ませて……(↑放尿中)


で、場所を変えてまた寝に入る……。

「あまりに寝過ぎると朝夕が逆転して、外国星人に変身したり、時間感覚が浦島タロウ化したりしませんか?」とニャンコにお尋ねしたいところ。

 

ヒトも動物も、季節の変わり目は ”暁を覚えず” で眠たいものですよね。

……でもって、この調子で冬になって暖かな場所でホカホカうだうだ……動かなくなるのですよね。