冬支度完了/チンチラ2019/11/27 13:08

今朝はいちだんと寒くなりましたね。そんな今日は、チンチラのズーくんの近況です。

その前に……前回のチンチラの記事(10/16)で、夏場に停電したら?バリカンで毛を刈って熱中症対策になる? といった内容のお話をいたしました。

(夏の停電で空調止まったら毛を刈ればなんとかなるのかな?という期待と疑念)


実は、このブログを立ち上げて以来、年に1度くらいの割り合いで “しのげるのであれば夏の停電はバリカンで…?”とぼやき続けておりました。

キッカケは東日本の震災の計画停電。

そのあとも、国内で自然災害が起きるたびに、動物たちの居場所や飲み水を巡って起きる出来事をチェックしては、まだまだ対策が足りていない〜と見直すことの繰り返し。

とくにチンチラに関しては、どうしても夏場の空調の問題に対してコレという対策が思い浮かばず、今回の台風で、そろそろ獣医さんに知恵を借りておかねば〜と思った次第。

で、先日やっと、よくやく、今になって、チンチラ専門の獣医さんに意見をいただくことができまして、「バリカンで毛を刈っても無駄ですよ」ということがわかりました。

 

なりほど、ヘアレス・チンチラと化しても熱中症になることに変わりがないのか……そうか〜ダメなのか〜……煩悩がまたひとつ滅却されました、チ〜ン。

 

ということで、少し先になりますが、休暇がとれてゆっくりできる時に、毎年一回ぼやいていた“毛刈り”関連の記事に対して「バリカンは無駄と判明」と追加補足文を入れさせていただきますね。


これまでのチンチラの飼育経験では、夏場、湿度が極端に高くなければ28度くらいまでは耐えられていますし、その点については儒医さんも同じ意見で、「28度くらいまでならなんとかなります」とのことでした。

いずれにしろ、チンチラの夏の停電対策についてやっと詳しい人の意見ができてひと安心。

たまにチンチラを獣医に連れていく機会があっても、目の前の手当てのことで夏場の停電についての質問を忘れてしまうか、覚えているときに限って患畜さんが多くて質問を遠慮するか……なかなか機会がありませんでした。いちおう、可能なことと不可能なことがひとつずつわかって、仕切り直しができました

 

さて、この写真はズー君の何年も長持ちしている床暖パネルです。今朝この敷きパネルをケージにセットして、チンチラのケージの冬対策は全て完了しました。

昨日の記事では、破壊王のルーさん(デグー)が2年でダメにした床暖パネルをお見せいたしましたね? それと同じものとは思えない使用感……まだこの先もじゅうぶん使えそうです。

 

ちなみに、チンチラの暖房対策は雲母の壁掛けパネルヒーターと、床を広範囲で温める薄い敷パネル(アクリルボードの床の下に敷いている)そして今朝セットしたパネルヒーターです。

たくさん暖房器具がありますが、効力が違うものを組み合わせていますし、逃げ場もちゃんと作ってあるので大丈夫。これで問題なく冬の暖をとることができています。

 

今は葉っぱ付きの人参が近隣の市場に出回っているので、今朝の副菜は人参の葉っぱ。

モグモグ一気に食べたあと、朝の牧草を選り好みしながら食べて、設置したばかりの床暖パネルの上に横になって眠ってしまいました。

チンチラ(小動物)に停電2019/10/16 17:11

久しぶりにチンチラのジズーくんです。少し前に誕生日を迎えて9歳になりました。

ヒトだと73才くらいだそうですが、よく寝て、モリモリと食べ、真剣にマウンティングするというふうに若々しく元気な毎日を送っています。

「なにかくださいよ。お手しますから……」とおねだりしているところです。

今朝の掃除&牧草の時間には、セロリの葉とリンゴの小枝をもらいました。

リンゴの小枝を受け取った直後、こちらに背を向け排他的なポーズで食べはじめた様子です。木の皮はおいしいらしく、夢中で表面の皮をはいで一気食いです。

 独り占めしたいほど食欲旺盛、健康体ですね。

巷ではいくつかの種類の木の枝が売られていますが、それぞれ味に違いがあって好みがあるらしく、とても喜んで食べる枝と、「とりあえずもらっとくか」とテキトーな感じで食べる枝といろいろです。

ずっと背中を向けられ続けるのもなんですので、真上から1枚撮ってみました。

 

……さて、お話をチンチラと停電に移しましょう。


今回の台風(19号)では、翌日に暑さが戻って来るという予報でしたので、その点が気がかりで、いつものように空調の心配をしておりました。

(チンチラは涼しいところで飼育する必要がある→ウチの場合は夏の空調はドライ設定で温度は26度を超えないようにしている)

結局、昨日のブログに書いた通り、台風の暴風が勢いを増した頃(夜)に停電してしまいましたので、気温が上がった場合の対象はどうする?……と、暗い中、家族で話し合いをいたしました。

「明日、暑くなったらジズー君どうしよう?」「防災速報では獣医さんのエリアは停電してないね」「とにかく相談しにいこう」とまぁ、なんとなく獣医さんに問題丸投げ気味の結論になりましたが……。


最終的に、気温が高くなる前に通電して、チンチラのいる部屋に空調を入れることができました。なので、緊急ではないし、獣医さんに相談に行くのは後日にいたしましたが、もし電気が復旧しなければ当日の気温は28度を超えてけっこう暑くなったので、チンチラ的にもキビシイ事態になったはずでした。

 

今回あらためて思ったことは、「久しぶりに健康チェックに連れて行って、そのついでにチンチラの防災相談をしておこう」ということでした。「いずれ、いずれ…………」と思っているうちに何年かたってしまったので、これを機に、相談がてらお知恵を拝借に行って真夏の停電の場合のシミュレーションをしようと思います。

いちおう、真夏に停電してどうしようもなくなったときのために、電池で動くバリカンを買って毛を刈る準備をしておりますが、現実には、健康で活発に動き回るチンチラの毛を、素人がそう簡単にバリカンで刈れるものでもない…と思っていますし、そもそもそのような考え(→毛を刈って暑さしのぐ)自体が役に立つのかどうかも不明。

チンチラは水に濡らすこともできない動物なので、蒸し暑い国は、いざというときのために考えておくことがいっぱいです。


かつての震災で停電(震災の停電と計画停電)を経験して以来、これが真夏だったらチンチラの命が危うい……と、ここ最近、方々で発生する災害を見るたびに思案に暮れています。

断水や停電で起きるかもしれないこと、流通が止まった場合に起きるかもしれないこと、たくさん想定しておかねばなりませんね。

そんな飼い主の心配はつゆしらず…当のチンチラは「ちゃんとお手するからよろしくね」って感じでいるのでしょうね、たぶん。

夏毛に換毛終了/チンチラ(小動物)2019/06/20 15:20

久しぶりにチンチラ(小動物)のジズー君の近況です。

一ヶ月くらい前から古い毛が大量に抜けはじめて、朝のケージ掃除とブラッシングのときには、一時はモワモワふわふわと舞った軽い毛が方々へ勢いよく漂いだす状態でした。

でも、そろそろ夏毛への移行は終わりなのか、この頃一段落しつつある模様、チンチラの夏がスタートです。

 

そんなジズー君、最近どういうわけか朝っぱらからパワー全開で、スポーツカーのようにケージの中をキュンキュン回転走行しては、やたらにはしゃいでご機嫌な日々が続いています。

今までだと、朝の餌の追加のときは少し眠たげで、ノロ〜と受け取った餌を食べて、寝る、というふうに朝はテンション低いのが普通でした。

なので、思わず「もう、夜行やめたんだ?」と話しかけてみたりもして、どういう心境(?)の変化だろうかと不思議に思って見ています。

よくわかりませんが、夜行性でも、ときには朝から高速でドライブしまくる日々が続くこともあるのでしょう。チンチラって、万年常春ハートって感じの生きものですが、特に今、頭の中が春モードなのかな?

それにしても、朝からなにをそんなにはしゃいでいるのか……きっと人間には計り知れない何かが起きているのでしょう。

 

というわけで、なぜかご機嫌なジズー君。最近はブラッシングのときの罵声のような抗議の鳴き声すらも激減……いえ、もはや減るというより、ほぼ ”ののしり声” をあげなくなったといってもいいくらい、ホトケのジズー君が完成。

しかも苦手だったラバーブラシは、いつのまにか極楽ドリームブラシと化していますし、さらに言えば、大の苦手だった腰からお尻にかけて(背中の下の方)のブラッシングも、ゴエゴエウギャウギャと苦情をいうことがなくなりました。

前代未聞、ラバーブラシで恍惚中の様子がこちら。……これは幻か?

いったいなにが起きているのでしょね? 脳内に有頂天物質が充満されたかのような……。

ジズー君はもうすぐ9才になりますが、ほぼ9年続けたアンチ・ブラシを改め、今からブラッシング愛好者に転身、チンチラの9才は若いとは言えませんが、まだまだ成長の余地があるようですね。ともあれブラッシングがすごくラクになったので良かったです。

 

お話ついでに、チンチラと猫の、毎朝の行事になっているらしい「どこまでも平行線な二匹」をわざわざやらなければ気が済まない(?)様子もひとつ。

もっとも年長の先住者らしく、つねに上から目線のチンチラと


下から追うような目で見るニャンコ (この日は少し離れた位置からジロジロ見ていた)

愛猫は、チンチラに飛びかかりたいポーズをすることもありますが、二匹の間に遊びが一切成立しないため、いつだってお互いの平行線を確認しておしまい。

愛猫には、愛兎のほうがもうちょっと遊べる相手に見えます


チンチラの朝の世話の時間になると、愛猫は必ず飼い主のあとからついてきて、そしてチンチラの世話している間中、背中からツンツン、ツンツン「ねぇ、ねぇ」と飼い主コールをやってみたり、チンチラ用に準備した新しい新聞紙にアタックをはじめたり、チンチラとのディープな触れ合いを真横からガン見していたり……になる動物君同士の朝の目線対決、果てしなく続く平行線だからこそ、終わりがないのかもしれません。(^^;

 

ともあれ、チンチラがはしゃぐ日々が続くこの頃。

はじめは「妙に元気がいい→草食動物にありがちな “病気隠しの術” ではなかろうか」と、一瞬警戒もしましたが、痩せてゆくとか、食べ方が変化したとか、糞がおかしいとか、いわゆる病気隠蔽中のサインではない様子でしたので、今は、陽気で楽しげな姿にこちらの心がほぐれる毎日です。

ただ、もうじき誕生日なので、たまには専門医のところへ連れていって、健康チェックぐらいしておこうかな〜と思ったりもしました。

牧草増量でスリムUP/チンチラ2019/02/14 14:36

久しぶりにチンチラの様子をひとつ。

ジズーことズー君です。今年で9才になります。

 

まだ冬対策のための床暖用シートや、あったか壁パネル&敷きパネルは稼働中ですが、1月の半ば頃に抜ける体毛の量が一時ふえたこともあって、そろそろ体は次の季節の準備をはじめている模様。

 

今冬は例にない極端な乾燥続きで、家の窓ガラスは数える回数しか結露していないということもあって、ズー君の立派な毛皮は、いい具合にサラッとした感触を保ちやすかったように思います。

そうは言っても砂浴びは欠かせませんが。(砂浴び中の写真です)

 

昨年の秋、シニアになった愛兎の歯&アゴ問題の影響を受けて、チンチラも牧草の量をもっと増やしてスムーズに老年を迎えられるようにしよう……ということで、あれ以来、朝から夕方までの休息タイムの間はシブシブ牧草を食べる毎日です。

おかげで少しスリムになりましたし、身軽さもUPして、前にも増して活動的に見えます。

他に目立った変化といえば、ケージが開くたびに、いつでもケージの外へ走り出してやろうとスキをうかがってばかりいるようになったこと。こちらも逃走されまいとして、以前よりも注意するようになりましたが、スキマを狙ってするりと外へ走り出されること度々です。おそらく牧草増量生活功を奏しているのでしょうね、多少ハングリーな(好物&オヤツが激減する)ほうが、全体的にイキイキしてくるのだろうなぁ〜と改めて思った次第です。

 

今朝は、セロリの葉をモシャモシャ。

与えられても、それほど嬉しくない葉野菜も、牧草に比べれば随分マシな味がするらしく、朝の餌の時間では真っ先に葉野菜を食べています。

それに苦手で避けていた春菊も、牧草三昧の時間帯ではマシな食材らしく、今になって食べるようになりました。食べられる葉野菜の種類が増えて、微量ながらも新鮮な食材から栄養を摂れるので、その点も健康面にはプラスになっているのでしょう。


チンチラは目下、絶賛換毛中2018/03/09 16:00

小動物のチンチラのジズー(ズー君)です。

なんとなくダラダラと続いていた換毛が、最近になって急加速しています。

ブラッシングをしてから砂浴びをさせても、すぐに脱落したての細くて柔らかな毛がフワフワと浮きだしてくるので、いつ見てもモワモワしっぱなしのボディです。

写真で見る通り、腰から下がスッキリしたら換毛終了になるはず……。

本人のグルーミングが届かない場所だけに、触ると叱られますが、腰からお尻のあたりの毛は換毛となると毎度のようにモタツクので、とっ捕まえてディープ・ブラッシングです。

相変わらず人につかまれるのは嫌いですし、腰から下を触られるのも大嫌いなので、飼い主はここ連日、怒られ、マウンティングされ、ドヤされながらのお世話(ブラッシング)となっています。

まぁ、グルーミングで余分に毛を飲み込んで後から腹イタを起こされるよりは、クレーマーと化したズー君にゴギャゴギャ文句を言われる方がマシです。

 

それにお腹が痛くなると、うずくまってシュ〜ンとなって、見ているこちらもブルーになってくるので、換毛が始まったらできる限り手伝うことにしています。

 

そろそろ冬毛も終わり……夏毛ってどんなだったかなぁ?

夏だ冬だと言われても、チンチラっていつも柔らかくて暖かな毛が生えているのでピンときませんが、抜け始めてみると、冬毛の量の多さには毎度のように驚きます。

 

ということで、ブラッシングを頑張った君に皮膚と被毛のためのタブレットをば進呈。

朝の栄養タブレットはズー君にとって染み込むおいしさ?

牧草がメインになる地味な朝のケージでは、コミュニケーションフードをゲットしたいズー君の、必殺技が見られます。

……って、ソワソワしながら「お手してやろう」と待ち構え、プキュプキュ、クゥ〜と甘えや哀愁を訴える鳴き方で気を引き、「お手」と言われる前にシュタッと ”お手つき” する、それだけなんですけれどね。

(しかも毎度のことなので必殺ではない)