デグー闘病日記#3/日に日に回復中2020/07/02 15:46

一時は生死を危ぶまれたデグーのルーさん(ルディ)でしたが、目覚ましい回復を見せ、日に日にできることが増えて行っているところです。

ネズミさんだけにサイクルが短く、症状が悪化してゆくときも、反対に症状が緩和して軽くなってゆくときも、早い早い。

なので回復期の今は“〇〇ができるようになる”瞬間が刻々とやってきます。

たとえば、今日の朝まではできなかったのに、昼からはできるになった、という具合に。


ということで、前回の29日の更新以降から今日までのドラスティックな変化を“おまとめ日記”でさらっと走り書きいたします。

30日の様子がです。この日は、座って過ごすことが普通にできるようになり、つかまり立ちも頻繁にするようになりました。
ただ、まだ体の右側のマヒは残っていて、特に右の前脚は不自由・・・そのせいか、二本足の恐竜風な歩き方を前のめりになりつつ跳ねながらやるので、転んでごろごろと転げ回っては起き上がる〜という不安定な状態。
ケージの中に、邪魔にならないサイズのちぎった紙をフカフカと入れて、思いきり転んでも大丈夫なようにしました。

食べられる量もこの日は一気に増えて、水分多目とはいえペースト状のフードを5CC近く食べました。いい感じです。

 

7月1日の様子です、この日は自力で柔らかいものなら食べられるようになりました。試しに好物のブロッコリーの小さなフサを鼻先に出してみると、邪魔なエリザベスカラーと苦闘してプープーピーピー言いながらも、必死に食べました。(カラーが邪魔&手も使えない)

この様子なら、毎日の食事が自力でできるようになる日もそんなに遠くないかも・・・ようやくホッとしました。

それから、この日の3度目の強制給仕のときから、ペーストが入った注射器に自分から吸い付くようになりまして、それ以降から、毎回ペーストを自分から食べたがるようになったので、強制給仕がグッとラクになりました。

これまで、毎日2,5CCは最低でも食べてもらえるように、こまめに回数を分けて強制給餌していたわけですが、この日は7,5CC分を完食。

この日はちょうど通院日だったので、獣医さんに経過を診察してもらって回復ぶりを褒められ・・・けれどもまだ脳の誤作動は残っている気配なので、右側の耳掻きまくり&右手の自咬の対策の為にも、もうしばらくエリザベスカラーをつけたままの生活になりました。

次の通院は1週間後。

もし途中で体重が増えてカラーが苦しくなったら、首回りの調節に行かなければなりません〜。
まぁ順調に体重が増えるのは歓迎です・・・が、以前のように運動ができなくなっているわけで、美味しい強制給餌でうっかり太らせないようにしなければなぁ〜。

さて、7月2日の今日。お目目のキラキラ度合いがほぼ100%です。

今朝は、ペーストが入ったシリンジ(注射器)からツルツル、ハミハム、スムーズに餌を食べるようになり、1日の食事量のノルマを午前中のうちにクリアする勢いに・・・

いつも通りの健康なうん◯も肛門からポロポロとお出ましになり、ようやく快便になりました。

粉粉の牧草も、どうにかこうにか口に入ったものをモグモグできるようになりましし、サプリメントのタブレットも今日になって自力で半分ずつ食べることができて、よくここまで頑張りました〜。


ヒトの姿を見ると、バランスをとりながらタタッタタッタ〜と走り寄ってきて「なんかチョウダイよ」と言わんばかりの旺盛な食欲。


あとはどこまで体の機能が回復するか。


脳に多少ダメージが残るにしても、それならそれで、不足を補うように他の機能が大なり小なり活性化するはず。

ルディのこれからの生活を新しく再構築する楽しみができたので、思いつく限り、いろんなことをしてあげたいです〜。

斜傾残るも回復中/デグー2020/06/29 14:06

話の内容は前回の記事の続きになります。
(前回の記事は真下のテキストにスクロールしてお読みください〜)

先日25日、突然のように意識が混濁して体の自由も効かなくなり、そのまま昏酔してしまったデグーのルーさん。(ルディ)

急患で病院へ行ったものの、手当しても意識がない状態が続いて、一時はどうなるかと思うほどの弱りようでございました。

この写真は26日の様子ですですが、この日もグッタリとして意識がない状態でした。抱えるとグニャ〜...うっすら目があいたり、あかなかったり。
足にピンク色のサポーターを巻いているのは、時々意識が溷濁した状態で耳を激しくひっかいてしまうため。なので左の耳は引っ掻きすぎて赤くなっています。
写真ではこちら側から見えませんが、右の前足も、自分で激しくガジガジ、ザクザク、噛みしだいてしまって血だらけになったので、同じようにピンク色のサポーターが巻かれています。

もうダメかと思うような状態で、獣医さんも「助かるかどうかわからないけれど・・・」と手を尽くしてくれました。

※シッポが通常より短いです。ペットショップにいた時に怪我をした らしく、短いシッポの子として我が家にお迎えしてしております。



25日〜26日と危うい状態が続いて、意識も溷濁気味でトロトロしていました。

脳はあいかわらず誤作動を起こしているらしく、自分の腕を躊躇なくザクザクと噛み、耳をかきむしる状態は続いていました。ただ、26日の夕方あたりから、少しずつとはいえ意識がしっかりする時間が出てきたので、かすかに希望も見えてきました。



翌日の27日の様子です。この日は、なんとなくでも意識のある時間あるがさらに長くなり・・・けれどもまだ斜頸は強く出ていて体の右側はマヒ状態。

右手をザクザクやってしまって、保護テープの下から血が滲んでいます。痛ましい・・・(腕は深傷を負っています)けれど、脳が誤作動を起こしている渦中では、痛みはあまり感じてなかったのでしょう、たぶん。なので、この後だんだん元気になってきて、意識も明瞭になってくると、今度は、そうとは知らずに自分でザクザクやっちゃった怪我が痛み出すかも知れません。

ヒトも、事故を起こして怪我をしても当日は思ったほど痛くなかったりしますが、落ち着いてくるとだんだん痛みが激しくなることがありますよね・・・脳は正常な場合でも、保護機能の一環として全ての痛みの信号を送っているわけではない、と昔教えてもらったことがあるので、増して、ルーさんのように脳が大ダメージを受けている渦中では、痛みが伝わっていないのかも・・・だいたい自分に深傷/ふかでをおわせるなんてのは、痛いってことがわかっていない証拠なわけで・・・。

そんな調子で、ヨロヨロですが時々体を起して歩こうとするようになり、手伝えば、ヘタなりに少しは飲んだり食べたりもするようにもなりました。
なので、それまで細々とやっていた強制給餌の回数を増やして、チビチビ給餌をこまめに何回も行い、この日は体力増強の可能性も見えてきた〜。

ただ腕をザクザクと噛む行為も継続中でしたので、この日、病院でエリザベスカラーをつけられてしまいました。

※強制給餌は気管に入らないようにするためにも意識がある時に無理 のない範囲で行いましょう


28日の様子です↑。この日になると、体も“あたたかさ”が戻ってきて、それまで感じていた”スカスカと軽い”ような頼りなさが消えて、力も中身もある”ズシッと感”を感じられるようになりました。意識もそこそこ正常な状態になったうえにちゃんと反応もできるようになり、強制給餌のペーストも、口の脇からはみ出しつつもモグモグできるまでに回復〜。

この日は獣医さんと一緒に劇的な回復を喜ぶことができました。


とりあえず、それまでの3日間は、診察と注射のために通院しましたが、これからは自宅での投薬に切り替わり、通院は3日おきでよいことになりました。


さて本日29日の様子ですです。今日はルーさんにとってどんな日かというと、意識はほぼ完全に正常な状態に戻っていて、それまで横たわってばかりの状態も無くなって、ふらふらしつつも座れるようになりました。

強制給餌でデグーが食べるべき1日のノルマも、今日はヤスヤスとクリアするほどに・・・元気で腹ペコ?
すぐに倒れるけれど、中腰で半立ちになることだってできるようになりました。
斜頸がさらにマシになって、右側のマヒもあともう少し緩和したら、一人でご飯くらいは食べられるようになるんじゃないかな・・・と期待しながら経過見守り中です。
余談ですが、年代物(20年前のほぼ未使用品)のハムスター用のケージを治療の間は使うことにしました。上の写真の金色ケージがそれです。
大きくもなく小さくもなく、組み立てやすくて手を加えやすい昔ながらのケージは、こういう時に便利ですね。
ルーさんの体の機能が回復しなかった場合は、このケージが新しい生活の場になるのかなぁ〜と思っていましたが、この調子でいけば「これでは狭い」と言われるくらいに回復するかもしれません。

もしルーさんの体の機能が回復して、元の生活に戻れるようなら、これまで生活していた回し車のある大きなケージに戻れば済みますが、障害が残って立体運動ができない体になった場合は、平面でも広々と生活できるような環境を用意しなければなりませんね。

いずれにしろ我が家のデグーは順調に復活中、何よりです。

脳問題/デグー2020/06/26 13:49

我が家のテグーのルーさん(ルディ)が、いきなりの不調です。

昨日の朝、いつものお世話をしようとケージを開けると、隅っこにうずくまって動けなくなっていました。

意識がモウロウとしていて、こちらの呼びかけに反応したりしなかったり・・・ふいにブツクサ文句を言う(鳴く)こともあるものの、基本的に意識は低下状態・・・。

 

え?脳の病気??? 一体どうしたんだ〜ガーン。

 

信じたくない出来事&光景でしたが、そういえば2〜3日前に歩いているときにすこし足がふらついたことがあったなぁ・・・ここ数日後は少しピリピリしていてナデナデがしづらかったしなぁ・・・わずかに不調のサインが出ていたので全く思い当たるフシがないわけではないけれど,やっぱりいきなりに近いかな。

確かに最近、梅雨というより真夏のように暑い日があるので、活動量は春の頃より減っていましたが、よく食べ、キレイな糞を撒き散らし、遊びたがっていたのは確かで、なので、意識がモウロウとなって動けない、というのは、さすがに“いきなり感”がありました。

 

ということで、昨日は朝から大混乱。

かかりつけの獣医さんは、あいにくその日はどこかへの往診日なのか、受診できても夕方からになるという話しで、先生早く戻ってきてくれたらいいのに〜と願いつつ、他のエキゾチック系の獣医探しに奔走しました。

その日の仕事を午前中のうちに片付けて、いくつか急患で診てもらえそうな獣医を探しまわりましたが、移動に負担がかからない距離でテグーOKの獣医を見つけても、「手術で詰まっている」とか「すぐは無理、午後少し遅めの時間からなら診ることができる」・・・最後は、その昔通っていた少し遠方の獣医を4年ぶりに頼ろうとしたら休診でつながらず、思うように見つかりませんでした。

まぁ、ありがちというのか、マイナーな動物を世話していると、時時こういう巡り合わせに右往左往することもあります。

ヒトよりもライフサイクルが早い生きものには、こういう時ハラハラさせられます。

そうこうするうちに、かかりつけの先生が予定より3時間も早く病院に戻ってきてくれて、

真意はわかりませんが“神対応”っぽくて感激・・・やっとルーさんを診療へ連れて行くことができました。

とどのつまり「どこへ連れて行ったとしても同じ時間に診てもらうことになった」わけですね? ならば、安心して診てもらえる馴染みのお医者さんで良かったねということで・・・。

 

診断では、ウィルスとか腫瘍とか、なにかのダメージが原因で、脳や脊髄・神経あたりに異常が出ているのではないか、ということでした。

なんとなく予測していたとはいえ、難しいことになってしまったようで、ルーさん大変です。

 

カラダを動かせなくなる直前までは、ある程度しっかり食べて元気に活動していましたし、実際にそれを証拠づけるように、食欲も元気もあって胃腸の調子は良く、検便もゴールデンうん◯賞がもらえるレベル、血行も良く肌色や毛ヅヤも問題なし・・・。

一応、ウイルスや炎症を抑える薬や神経系に働きかける薬を投与してもらって、昨夜は入院、酸素テントに入って過ごしました。

 

今朝も、残念ながら意識はモウロウとしたままで、時々這いまわると点は昨日よりマシなところ・・・やはり、いきなりトラブルを起こしたのは脳や背骨のどこかで、それ以外はいまのところ健康。

 

今後のケアは、自宅で養生しながら通院生活をすることになると思います。

意識がしっかり戻り、自力で食べ、手足を使って歩いたり掴んだり跳ねたり、という基本的な動作ができるようなるかどうか・・・。

 

そうなれば嬉しいですね。


ということで、元気だった頃の様子をUP。



また元気にな〜れ〜。



❇︎つい先日メモリーカードがダメになり、ごく最近撮ったルディの写真も全て消えてしまったのですが、今になってそれが痛い〜。

巣箱に床暖/デグー2019/11/26 19:08

久しぶりにデグーのルーさんの近況です。

寒さ対策を早めに済ませたほうがよい子から順番に、老ウサギ→ニャンコ→デグー→チンチラ……のはずが、デグーの飼育キットで更新しなければならないものがいくつかあって、デグーのルーさんの冬支度の完了が一番最後になりました。

 

まずルーさん用に使っている巣箱は、年季が入りすぎて替え時になっていたので新しいものを通販で注文。

こちらが引退前のボロボロの巣箱。天井を外した状態になっていますが、使い始める前に天井と底の両方に防水防汚のための薄いビニール版を貼り付けて、汚れを拭き取りながら長く使えるように手を加えます。なので今回お役御免になった巣箱は、冬から春までの間と夏から秋までの間と、天井と床を入れ替えてほぼ1年使うことができました。ちなみに、夏の時期は使えない牧草クズを巣箱の中に分厚く敷き詰めて、こまめに丸ごと交換……夏の牧草はイグサみたいで快適そうに見えます。

言葉の説明だけではわかりにくいかもしれませんので、参考までに、こちらが取り外し可能の天井部分。(白のビニール版を張りつけてある状態です)季節によって天井になったり床になったり、言い換えると取り外しの天井&床ですね。

 

前回の冬は、天井を外してくるっと巣箱の上下を反転させて、床暖の上に床のない巣箱をじかに置いたので、巣箱に入るとそのまま床暖の上で伸びられるようになっていました。

今冬もその方法でいこうと思っていて、巣箱の上と下に貼り付けるビニール版をホームセンターで購入して巣箱の防水防汚を済ませましたが、そのあと、片付けてあった床暖式のペットヒータを使おうとして固まってしまいました。

こちらの写真は破壊王のルーさんによって徹底的にかじられた床暖パネルの姿。

(パネルの白っぽい模様は蓄積して模様と化した汚れで製品の本来の色ではありません)

いちおう通電させるとなんとなく暖かくなるのですが、赤い絶縁テープが物語るように、いたずら防止の金属すらもかじり倒して中の配線が微妙に見えたところで春……。洗って片付けるときに、もう次は使えないかもなぁと思いつつ保管しておきましたが、今思えば、そのときに処分しておいたほうがよかったのかもしれません。


というのも、数日前に、ぐっと寒くなった日が続いたときに慌ててホームセンターのペットコーナーに走ったのですが、欲しいサイズがのきなみ売り切れになっていてガビーン……。

 

今すぐに床暖パネルが欲しい状態になっているというのに、これはどうしたものか〜と売り場をグルグルウロウロ歩きながら次の手を考えていたら、ふと目についたのは、1つだけヒーターの陳列から外れた違うコーナーにポツっと置かれた、ハムスター用の小さな床暖パネル。

 

「これじゃ小さいよ」と一瞬思いましたが、「やりかたによってはイケるかもっ」と思い直してハム暖を購入。

 

ということで、今冬は、巣箱の一部に配線を通すための溝を作って、巣箱の中にハム暖を入れこみまして、そこへストレートカットしたわら半紙をたくさん詰め込んで寒さ対策完了。

この新しい方法は気に入るかな?これでちゃんと暖まるかな? と心配でしたが、ハム暖入りの巣箱を設置したその日は、長めの睡眠……やっぱり寒さ対策が遅れている間、少し寒くて熟睡できなかったのかもな〜……反省……ともあれ、床暖入り巣箱を気に入った様子で一安心。

それにこの方法なら、パネルの配線をかじりまくって床暖をダメにする心配が減りますし、門歯がビリっとくる危険もなくせるかもしれません。

とにかく、今回これで暖房機材を破壊されることなく春を迎えられたら、ルーさん関連の悩みがひとつ解消するはずです。

一応すでに冬毛になっていますが、もともと冬毛も薄いので、冬毛って感じがしませんね。

デグー/夏毛へ変身中2019/08/06 16:46

デグーのルディさん、かなり久しぶりの登場です。

上の写真は今朝の様子。見ての通り、超高速換毛がドバッと始まりまして、1週間ほど前から古い毛と新しい毛のツートンまだら模様になっているのでございます

ひらがなの「く」の字がいっぱい。

まだらな頭に小さなくの字、まだらな背中は大きなくの字がいっぱい。夏毛はよほど短いのですね。

それで、このところ毎日のケージ掃除の時間になると、あたかも掃除の手から逃れようとモワモワ浮遊する毛の様子に、ムズムズ〜モヤモヤ〜させられています。


まぁ、一気にまとめて換毛を終えるほうがラクといえばラクなので、舞う毛で少しばかりモワモワする期間があっても、いっときのことと割り切れますが・・・。

ルディさんの場合、換毛でお腹がいたくなるかもしれない心配をしなくてすむのは良いところのひとつになっています。


こちらは今夕の様子。

ルーさんは毎日ちゃんと砂浴びをしていても、どうしても汚れがちになるエリアがあるので、その汚れが目立つ首元からお腹にかけて、小さなブラシで軽くコシコシしています。

(ブラシは人間用付け替え歯ブラシのヘッド部分/毛先はコンパクト&やわらかめ)

ピンボケしちゃってますが(背後に焦点があってしまってマス)ブラッシングで悦に入っている様子を2〜3枚ほど……。

「そうそう、そこそこ……そこだよ、そこね」と、自ら体を移動させて、なにげに指示出ししていたりも。お腹のあたり、脇腹もブラシで梳いてもらえば、悦に入るデグーの出来上がり。

飼い主としては、どうしても汚れのほうが気になるところ。「ほれ首の下、ここキレイにしないとね」って日課のように淡々とやっていますが、このアゴから首元の部分だけはなんとなくスッキリしない〜。まぁ皮膚炎とか起こすレベルではないので大丈夫なのですが……。


余談ですが、ブラッシングをするとき、普通の持ち手ある歯ブラシを使おうとすると、なぜか柄を含む “歯ブラシ全体” を気にしてしまい、「なにコレ、なにコレ」が始まります。それだとブラッシングにならないので、同じ歯ブラシでも、付け替え用ヘッドでブラシしている次第。

たまに、ブラッシングで悦に入った隙に、こっそり付け替え用ヘッドから柄のある歯ブラシ持ちかえることもありますが、すぐに違いに気づいて「なにコレなにコレ」が始まりガジガジ噛み噛み開始。「コレかじり木、破壊対象だなっ」といった具合です。

本当は、首元の汚れの除去率アップを目指して、極細歯ブラシや歯茎用ソフト獣毛歯ブラシも使いたいのですが……デグーのルーさん目線からすると、柄ある歯ブラシと歯ブラシヘッドはベツモノということらしいのでした。

もしや、飼い主の手が本人(本デグ)の体の近くにあることで、ブラッシングではなく、撫でられていると認識しているのかも? 歯ブラシのヘッドだとタッチも違うだろうし、飼い主の手の一部くらいに思っているのかもしれないなぁ〜……そのあたりは、デグー語が話せる逸材でも現れない限り、謎でございます。

 

どのみち、我が家のデグーはどちらかといえばビビり屋さんなので、小さくて細かいことを針小棒大にして気にする性格なのかも知れません。

とはいえ、ブラッシングをさせてもらえるのはありがたいことで、汚れがちな部分にブラシをあてつつそのブラシに毛の汚れを移し、その汚れたブラシを洗って乾かし、また次のブラッシング……。これを繰り返せるだけでも、 “熱闘独りマーキング” で汚れる運命にあるルディさんの内側の毛の清潔と安全は、無事に保たれている模様です。


ちなみに、今は、始まった換毛のお手伝いがてら、頭の周辺にマダラに残っている古い毛も、ブラシでスキスキ梳きとっています。ブラシを使ったスキンシップもまた楽しいものですね。