こあじろの森を散策2016/08/01 19:54

先週末は小網代(こあじろ)の森へ出かけました。

この原生の森の中では、小さな山から流れ降る川に湿地も並走していて、その川は、潮の満ち干で干潟になる汽水域を経て海へと続きます。

森と海、大自然の営みがそこに凝縮して展開される光景を、見られる貴重な場所・・・このような原生の森はめったに残っているものではないらしく、とても大切に保護されていることが伺えます。(関東唯一とも)

 

ということで、この森の詳細やより専門的な説明は各HPにお譲りして、あまり見られない希少な生きものたちや、原生の森の様子について、プチ観察&体験録を書いてみようと思います。

 

まず、森に入る前に激しい通り雨に見舞われ、1時間ほどのんびり雨宿り。

その急な雨天のおかげで、雨が上がりの空は途中から原始的な青さになり、雨で得した気分になりました。(まだ天気雨がぱらつている最中の木道↓)

雨天から晴れに変化した森の中では、涼しい空気と熱い空気が、目に見えない巨大なリボンのようになって、ゆっくり流れているのを肌で感じることができました。

森は呼吸、凄いな〜。

 

雨が完全に上がってからは、いっせいに虫たたちが飛び回り始め、こんなにたくさん昆虫が周囲を飛び交うのは、幼少の頃に遊んだ森以来といってもいいほどです。

そういえば、まだ砂利道が多く残っていた頃の夏は、こんな風だったと思い出しましたし。

 

ボードウォーク(木道)の周辺に現れた蝶々やカマキリや、トンボetc・・・を相手に道草しながら歩いていると、ちょうどキタテハとシオカラトンボが一緒に撮れたので、それを掲載いたします。(トンボに焦点があっています/蝶々は斜め下の奥に)

 

この小網代の森で特徴的なのは、なんといっても、森の小道や湿地帯、汽水域の干潟にいるいろんな種類のカニたち。

 

たとえば、木道から降りて森の小道を歩かなければならない時は、小さなカニがピューンと足元を横切っていったりするので、踏まないように注意しながら歩いたり・・・。

 

そして、干潟へ行けば“マイ縦穴”のすぐ横でカニダンスを踊る(?)小さなカニ達もいます。

 

そんな今回、森の頂上からやっと汽水域の手前まで降りたあたりで、満ち潮(干潟が消えてカニ踊りも終了)のタイミイングが近づいてきたので、途中から急ぎ足でカニダンス会場に向かいました。

カニたちが皆でいっせいに手を上げては振り下ろす“ウェービング”は、見た目はピコピコしていて笑を誘う可愛らしさ。

ですが、「何かを表現しているのだな?」と思いながら観察していると、ふとカニの熱い血潮的なパワーが伝わってきました。←やっぱり笑えるか

 

参考までに、水色に白い手のカニ(チゴガニ)を写した写真を1枚。

手持ちのカメラの能力が足りない部分は、想像力で補うということで、もし、彼らの踊りをご覧になりたい場合は、《チゴガニ ウェービング》で調べると、ユニークな映像が見つけられると思います。

(他にもチゴガニと一緒にウェービングするカニにコメツキガニとヤマトオサガニがいる)

 

この写真は、希少な植物と案内されているハマカンゾウ。

意外に爽やかなオレンジ色をしているのが魅力的で、もし、この花が群れて咲く様子を見られたら、ずいぶん素敵だろうなと想像させる花の色です。

 

確かに、あまたの生命体の呼吸で溢れかえっている原生の森は、いまどき珍しくて貴重です。

何よりも、当たり前に生命力に満ちた場所からは、ストレートに生命力をもらえるような感覚があります。

だからかな、またこの森を歩きに来るだろう思います。



木のフリが怖い/ナナフシ2015/07/22 20:43


ナナフシが、植木鉢とガーデンフェンスの間に隠れていました。

(植木鉢をどかして撮影)

周囲では、昆虫たちが活発に動き回っているのに、ナナフシは朝っぱらからじっとしていて、昼になっても、動く気配がありません。

 

夜行性? それとも、ひたすら擬態中?

 

実は、ナナフシって、個人的には怖い昆虫だったりします。

幼い頃、不気味な格好のこの虫を触る気になれず、棒でつついていたところ、ナナフシが発したらしき嫌な匂いに包まれる、ということが再三ありまして。

それでも捕まえてみようと、庭で見つけたナナフシにバケツをかぶせるという無用な挑戦をしたのが、悪い記憶を刷り込む原因になってしまいました。

 

というのも、バケツをかぶせてつかまえた後、しばらくして、ナナフシの様子を見ようとバケツをそっと開けたら、バケツ内にこもった猛烈な匂いをかぐ結果になりまして。

しかも、ナナフシは動かなくなっていたので、うっかり死なせてしまった、というダブルのショックが、幼心を襲ったのでした。

ナナフシの簡単すぎる死と、その死が放つ異臭・・・そればかりではありません。

死んだはずのナナフシの亡きがらが、その後、半ときもしないうちに忽然と姿を消しまい、子ども的には、妖怪ナナフシの怪奇譚というしめくくりになったのでした。

 

どうやら、この昆虫の“枝のフリ”をする擬態の中には、“枯れ枝のフリ”という死の偽装も含んでいるみたいですが、子どもにはキツイ冗談だったようです。

(枯れ枝のフリをして何を逃れた後、現場から逃走するそうですよ)

 

このナナフシが引き起こす異臭騒動のおかげで、「刺激してはいけない」と学習したのはいいのですが、以後、腫れ物に触る感じになりました。

 

たぶん、あの匂いをかぐと憂鬱な気分になるというパターンが、幼い頃の怪事件で出来上がったからだと思いますが、これこそ、ナナフシの思う壺だったのでしょうね。

 

それにしても、ナナフシはこの匂い成分を使って、どんな威嚇をしているつもりなのかな?


たとえば、カメムシだと、クサイ植物を連想させる匂いでもって、明らかにガス攻撃を仕掛けていますし、さっさとその場から飛び去ります。

でも、ナナフシの場合って、気づくと、不可解なガスに包まれているって具合。攻撃の効果としては、見た目のトロさに騙されたという違和感が残るのみですが、このイメージ戦略が、怖さの元とも言えそうですね。

 

 ということで、、今回、ナナフシを写真に撮ろうとカメラを構えている間も、ナナフシがかすかに動くだけで、反射的にあとじさる始末。

全てのナナフシが匂いを発する訳ではないのでしょうが、少なくとも、1人の人間にゴキなみの影響力を獲得しているのは、間違いないようです。

ノブドウと一体化/斑入りノブドウ2015/07/07 21:02

スズメガの仲間でしょうか? 斑入りのノブドウに朝から“蛾”がとまっていました。

夕方になってもこの“蛾”は、まだ植物の一部になったかのようにじっとしていて、まぁ、元が夜行性だし、雨天続きでもあったわけだし、雨風をしのげる場所を見つけて休んでいるのでしょう。

 

写真の斑入りノブドウはお気に入りの植物で、他にも大小2株、合計3株あるのですが、写真のノブドウは、一度水を切らしかけてしまって、全体がしおれてしまいました。

無事に復活したあと、枯死した葉が続出して、今も、まだ枯れた葉っぱが混じっている状態。

 

なので、そこに、この木目調の蛾がこれ幸いと擬態のツモリでいるのでしょう。

 

今夜はこのあと、いったん雨が上がりそうな気配なので、この蛾も夜のうちには、またどこかへ飛んでいってしまうのでしょう。

 

ぜひ、そうしてください。

どこへなりと、飛んで行ってくださいな〜。

 

うちの庭のどこかに好きな葉っぱがあって、産卵とかされてしまうと、やっかいですからね。

梅雨とはいっても、しっかり気温は高めなので、一足早く産卵されないとも限らない昨今。

 

この蛾がどんなタイプの幼虫時代を過ごすのか知りませんが、毛深かろうと、ヘアレスだろうと、芋虫はグロい以前に大食漢だし、毛針に毒を忍ばせているタイプには、刺されれば痛い目に合わないとも限らない。

 

なので、芋虫は、できればいないほうがいい。

 

たとえば、近所の庭から種が運ばれてきたのか、山椒が庭のあちこちから生えてきているのですが、毎年、アゲハの幼虫が山椒の葉を食べるようで、全ての山椒の葉が完食されています。

山椒の木が若いうえに、自生ということで注意を払っていないのは事実ですが、いきなり丸裸になると、こっちは何の騒ぎかとビックリする次第。

アゲハの幼虫同士、早食い競争でもしているかのような勢い、山椒は美味しい薬味だものなぁ。

 

それにしても、食い尽くしたあと、いつもどこへ移動していっているのやら。

 

蝶々は素敵だけれど、個人的にやっぱり蛾はモスラだし、未来少年コナンに出てきたギガントだし、多くの蛾は怪獣向きのフォルム。

 

ただ、シュナックという作家(蝶の生活)は、よほど鱗粉系の昆虫が好きなのか、作品の中で蝶も蛾も等しく愛でていて、その心に感心した覚えがあります。

 

違う視点になりますが、蝶や蛾についてひとつだけ理解できることは、鱗粉を持つ昆虫は、絶対捕まえることができない、幻想的な昆虫ということでしょうか。

というのも、永久に乾かない絵みたく、捕まえると鱗粉が剥げてしまいます。

砂絵の曼荼羅のような翅の模様を、保存した状態で、しかも生きたままつかまえるというのは、不可能に思えます。

なので幼い頃、蝶だけは、捕まえられなくなった覚えがあります。

 

 

ブドウに話を戻して、ヨーロッパブドウ/プルプレアの写真も、話のついでに掲載してみました。

 ヨーロッパブドウは、今は虫の食害にあっている影響で、葉が所々冴えない状態になっているものの、変化に富んだ葉の色は見ていて飽きません。

次にこのブドウが話題に上がるのは、やっぱり秋頃になるのかな。

 

一番上の写真、斑入りノブドウのほうは、日当たりの良い場所に置いていますが、隣家で、半日陰の場所に地植えにされているものは、葉が薄いながらも“斑”が美しく、しかも、よくはびこっていました。

 

なので鉢植えの間に、生育に会う場所を見つけて、地植えにしようと思っています。

 



マシーン不良2015/06/26 19:21

きょうは、はからずも記事の更新ができない運びになりました。

マシーンが言うには、容量がいっぱいいっぱいで過労気味らしく、動けないのだそうです。
なので、記事が書き上がったところで、いきなり、ワードだの写真だののファイルが開かなくなり、メーラーまでもが具合が悪いと言い始めて、気づけば、書いた記事がどこかに消えていました。
いくら容量が足りないからって、ものすごいストライキの仕方だね。

長年、仕事はウィンドウズ、プライベート(買い物や交友)はマック、と生活の都合上使い分けているのですが、インターネットに依存した生活だと、PCの不具合はこたえますね。

マシーンのことは、よくわかりません。
ことに、PCのようなデジタル系の機器には暗いです。
なので、いつもオタク級に詳しい親類に頼りきりです。
そのオタク級に詳しい親類に言わせると、素人ならではの操作(PCにとって予期できない動作)をしているのだそうで。

今回は、容量が足りないということで、素人ならではの動作とは無関係ですが、マシンに無理をさせたな〜という自覚があるので、ファイルとか壊れていないのかなと素人なりに心配。

週末、治してもらえるといいのですが。


さくら2015/04/01 11:55

今朝は降ったか降らないかわからないような小雨が、ポツポツ落ちていました。
曇天でも桜は見事ですね。

近所では桜の咲く勢いが加速しています。
日当たりの良いところにはえている桜の木だと、すでに先週末には八分咲きになっていました。
週明け後も続いた陽気で、さらに他の桜の木も後を追うようにワーッと咲き進んでいます。(湘南地区)

桜の中でも、真っ先に花でいっぱいになった木は、今週末には散り始めるのでしょうか?
昨日から風が強くなっていて、桜並木から吹き飛ばされてきた花びらが、庭にポツポツ落ちはじめています。

そろそろ時間を見つけて桜の花を見に行きましょう〜、ですね。

満開の花を見るのも、散りはじめた花を浴びるのも、時間を忘れるための時間を過ごすには、もってこいです。
飲んで食べて歌ってもいいし、ぼんやり散歩するでもいいし、桜の木の下は何でもできちゃう異次元空間ですね。

ところで、桜並木になるように街路樹として植えられた桜は、多くが老木になってきている、というのはよく耳にするお話です。

写真に写っている桜も、長く桜の木の側に住んでいた先輩方に言わせると、15〜20年前が最高潮だったそうです。
今はその当時の勢いがなくて、花が咲いてもスカスカな感じだったり、木が弱って樹木らしい形を失いそうになっていたり……と、最盛期の頃の桜と今の桜はぜんぜん違っているとのこと。

たしかに、あまり花を咲かせなくなっている桜の老木を見ると、こんなに寿命が早く尽きる大木があったものかと、とても “人間的な桜の木” に感じ入ってしまいます。

でも、老木とはいってもまだまだ満開になる桜は、枯淡という言葉があっているのでしょうか? ”満開なのにどことなく淡い” というところに風情があって、個人的には好みだったりします。

どちらにしても、桜並木がなくならないように、という対策なのか、枯れた老木の後に、若い桜の木が植樹されているのを見ると、なぜか安心してしまいます。
きっと、「桜並木は時間を超えて続いていくのだろう」と思うからかな。


ということで、今年もまた早朝や夜、運動がてらに桜並木まで足を伸ばしているところです。
早朝だと、外来種のリスが桜の花を食べているのに出くわし、夜だと酒瓶を手にした愉快なお爺さんに出くわし、今週いっぱい桜並木で遊べそうです。