スノードロップも咲きました2020/01/23 16:27

12月の初めに、秋咲きのスノードロップが例年よりも遅い開花を迎えたばかりでした。

(昨年12月11日の記事)

そして3日前に開花をはじめたスノードロップは、いつもより少し早い開花になりました。

まだ数輪しか咲いていませんが、だいたい2月の初め頃に咲くのが恒例でしたので、もう咲いているとは思っていなくて少し驚きました。

こちらが、先日の白い花を開き始めたときの様子。背後にうつっているグランドカバーは、冬も元気なグレコマと、寒くなるとカラス色になるオキザリス。

オキザリスは品種によって開花期を迎えているものもいて、殺風景な冬の庭だけに、ありきたりな小さな花であっても存在感アリアリです。


せっかくなので、冬に入って続々と開花した花たちのその後の様子をひとつ。

1月上旬から咲き始めた白い原種のスイセンもまだ咲き続けます。↑原種のスイセン


年末に開花した白いクリスマスローズもまだまだ元気に開花中で、さらに今は、ウィンターベルも続々と開花していて、庭の方々で白い冬の花が雪のように咲いています。


ウィンターベル(クレマチス・アンスンエンシス)は今、野鳥の人気スポット。

風雨の中でも日課のように小鳥たちがやってきて、おしゃべりしながら庭の花や木の芽をついばんでいます。


いつの間にか冬の庭は白い花ばかりになりましたが、小花でも白色は膨張して見えるからか、しっかりと“咲いてる感”があって楽しくなりますね。

他にも冬に咲く白い花を新たに庭に増やせないか、久しぶりに探してみたくなりました。

バラの冬の手入れ2020/01/22 13:05

あまり寒くないからか、マダムアルフレッドキャリエールやコーネリア(共にツルバラ)が緑の葉っぱをヒラヒラさせています。

バラの育て方にもいろいろあって、葉っぱを取り除いたほうがいい、そのままでもいい……鉢植えか地植えかにもよりそうで迷いますが、様子を見ながらてきぎ行えればいいのかな〜と思いながらバラ歴をこそこそチマチマと積んでんでいます。


たとえば今冬は葉を落とすバラが少なめで、放っておくとツボミをいくつもつけるバラもいる状態です。(三浦〜湘南)もっと冬っぽく冷えないかな〜とのんびり待っていると手入れのタイミングを逃しそうなくらい。


なので、気持ち早めに冬のバラの手入れに取り掛からなければならないなぁと思い立ち、この1ヶ月は園芸センターに再三出かけて、バラの用土や癒合剤を買って冬バラの準備をしておりました。

で、おととい〜昨日にかけて、冬のバラの剪定を8割がた済ませて、あとは鉢植えのバラの植え替え(土替え)を待つばかりになりました。この調子なら、バラの冬の手入れは2月の初め頃にすべて済ませられそうです。

はい、剪定済み〜。

癒合剤の塗り方がへたっぴぃではありますが、切られて寒い思いが割増するバラの茎を、ゆるく保護できていると思います。これまでの何年かは、癒合剤なるものを使わずに世話してきましたが、切ったところから何センチも枯れるので癒合剤に希望を託すことにいたしました。

 

こちらは地植えの名無しのミニバラです。

季節で花の表情がかなり変わります。


裏から見た様子。

昨年、夏場の花やツボミは極力取りのぞいていたからか、今もっとも快適そうに咲いているように見えます。

いちおう、残りの冬バラの手入れのときに、花もツボミも全部摘みとって春に備えますが、それまで庭でのびのび咲かせたいと思います。

こちらは残念すぎる不注意がモトで、死なせてしまったらしきマチルダ。

3年前〜2年前は驚くほどたくさんの花を咲かせてくれたのに、昨春は季節感が狂うような天候だったからか、少ない花数で春バラを終了。そんな折、ちょうど昨春は京成バラ園でスゴ過ぎるマチルダ(木の大きさと花の数が凄い)を見て「ヨシ、うちのマチルダもコレイケる」と大喜びしていたのに、昨夏(7月)の蒸れと日照不足と、風雨で何度も鉢が倒れて根が傷ついたことがトドメになったらしく、枯死した模様です。

あ〜ぁ久しぶりにやらかしてしまいました。ガーンとくるこの光景、目からムチ打たれます。

余談ですが、茶変した根元で生き生きとしているのは源平小菊(別名エリゲロン)です。

※こぼれ種で庭の方々から生えてくる

 

残念ながらマチルダは失敗に終わりましたが、これに懲りず、他のバラが美しく育つようにエネルギーを注ぐことにしましょう。

マチルダについては、今後は、かのバラ園でドカーンと花咲いたマチルダの姿を見るだけで満足したいと思います。


とにかくウチの庭は “狭くて日当たり不足” “夏季は蒸し暑く塩害と強風アリ” “前触れもなく不注意になる管理者” が三つどもえの、バラにとってはウルトラスパルタ・ガーデンでございます。コレをものともせず生き残っちゃったバラを、今年も花咲かせたいと意気込んでいるところです。

暖冬のミツバハマゴウ・パープレア(プルプレア)2020/01/16 11:56

いつもの冬なら、寒さに負けて枝先からクシャクシャと枯れて、いい具合にサイズダウンするのがプルプレアの行事となっていましたが、今回は暖冬の影響なのか枯れません。

もともと常緑の木なので、今冬のような、気温が4〜5度くらいまでしか下がらない条件が保たれるのであれば、葉を茂らせたまま越冬できるのでしょうね。


なので、初夏になる前、再び枝や葉に勢いが出てくる頃に、多すぎる枝を落とさねばなぁ〜と思っているところです。でなければ、夏場に枝がゴチャゴチャと鬱陶しくなるのが目に見えているので……。葉が減っている時期、枝の生え方がよくわかって間引きやすいうちに、ザクザク刈ることにいたしましょう。

いちおう、現在の様子がこちら。

もともと耐暑性が強くて耐寒性が低いので、たいてい今くらいの時期には、黒っぽくヨボヨボと枯れた枝と葉ばかりになって、見るからに寒そうな格好になります。

いちおう、軽く枝先の葉っぱが閉じ気味だったり、葉っぱを内巻きに巻いていて、プルプレアなりの寒さ対策をしている様子ですが、枯れる気配はありません。

でも、今は木としての充実感もプラスされているのでしょうし、そこへ暖かい冬の到来が重なって、少々のことでは動じない“余裕”を見せています。

ツボミ……? さすがに咲かないはずですが、同じようなツボミが他にもあって、真冬にツボミらしきものを見つけたのは今年がはじめて。

なるほど、気候に速やかに対応するかのごとく、コロコロと状態を変化させる姿……なにがなんでも生き延びようとあの手この手で頑張る、たくましい木なのですね?

 

やっぱり “木” は何年か育ててみないとわからないものですね。

年中無休のオキシペタラムブルースター2020/01/15 12:38

久しぶりにブルースターの様子をひとつ。(正確にはオキシペタラムブルースター)

 

もっとも花が咲く時期には水色の小花をたくさん咲かせて可愛いブルースターですが、冬の間も、少ないながらもポツポツと花を絶やさず咲かせるので、手放せない草花のひとつになっています。

季節外れで色が薄くてもこの花はキュート。

 

あえて難点を言えば、茎や葉の切り口から白い汁を出す点でしょうか。このエキスが手や服につくと、落ちにくくてしつこかったりしますし、人によってはかぶれることもあるそうです。

(まだかぶれたことはナイ)

花のあとにたくさんのサヤをつくって種を飛ばすので、増えすぎと消耗を防ぐ目的でサヤを摘み取っていますが、摘み取り作業は必ず奥のほうから行うようにして、白い汁が服や体につかないように工夫しています。

 

再三になりますが、ガスメーターを支柱がわりにしているので、家の壁面の隙間がブルースターで埋められていて、いい具合に便利に飾りつけられています。

 

庭に植えて何年もたったからか、最初は細くてひょろっとした茎状だった枝も、今ではしっかりとした木と化していて、ここまでくると、切り戻しの失敗で枯らす心配もなさそうです。

あと何年くらい庭木として花を咲かせ続けてくれるのか木の寿命がわかりませんが、

せっかくガッチリと育ったのでなるべく長く生き続けて欲しい……と欲を出し過ぎて、余計に肥料や水をやりすぎたりしないようにしなければ……。

 

次にオキシペタラムブルースターの様子をブログにUPするのは、初夏を迎える頃かな?

きっと、濃い水色の花をわんさか咲かせていることと思います。

冬のクレマチス(アンスンエンシス又はウィンターベル)2020/01/14 13:46


冬咲きのクレマチス、常緑のアンスンエンシスの開花が始まりました。

原種のクレマチスらしい、たくましさと強さが取り柄で、庭の緑が少ない西側や南の明るい日陰に植えています。

西側の乾燥しやすい場所には、こぼれ種で増えたアンスンエンシスを地植えにしていますが、地植えだからか乾燥にも耐えていて、たいへんなはびこりよう。ツルが伸びる季節になると、温められたラムネのようにドバシュワー吹き出して鬱蒼となるので、昨年は何度も間引いてスッキリ育てました。

先に花が咲いた西側のアンスンエンシスで、今冬は柱やデッキの手すりにサラッと絡まっています。

太陽が南中を過ぎて、日が入ってきた頃の様子です。ネルフラワーみたいな花びらが、いっそう暖かな感じに見えますね。

今の時期の西日はやわらかく、日暮れになると色とりどりの夕焼け空になる日もあるので、冬に咲くクレマチスのおかげで、つまらなかった西側の庭に表情ができました。


時々ヒヨドリが飛来しますが、大抵この冬咲きのクレマチスの花にやってくる中心的な野鳥はシジュウカラ。なのでヒヨドリの目当てはクレマチスの花なのか、すぐそばのトネリコの鉢植えか、いまのところ不明です。

✳ヒヨドリの様子はミラーカーテン越しに室内から観察できそうですがヒトの視線を感じるらしく早々に逃げられる

 

こちらは南側の明るい日陰のアンスンエンシスです。

シジュウカラが頻繁に飛んでくるのはこちら側のクレマチス。

 メジロがサザンカの花にとりつくように、結局、アンスンエンシスも小鳥たちにつつかれてしまうので、傷のない真っ白なまま花のままではいられません。

まぁ、花に小鳥の組み合わせはカワイイのでOK、これからしばらく、白い花も小鳥も両方見られて楽しくなりそうです。


参考までに、昨年の花後の様子を2枚。種はタンポポみたいに方々へ飛んでいきます。

フワフワとした綿帽子が開いた様子は、なかなかフェアリー。こぼれ種で増える力が強いので放っておくといろんなところから生えてきます。育て方のコツは思い切って間引いてあげることかなぁ〜。

とにかく自家製の苗でアレコレ試すことができkるので、こんどコンパクトに切り戻しながら育てる方法も試してみようと思っています。