さよならテティさん2017/03/31 20:47

今日はジャンハムのテティさんのことをお話しいたします。

読む方にとって、明るい気持ちにさせる内容ではないと思いますので、“ブルーな話題は今の気分に合わない”という方は、ここでイチヌケすることをお勧めいたします。

 

 

おとといの夜遅い時間でした。

寝る前にケージを覗き込むと、テティさんが前足だけでいざり歩きをしていました。

驚いて様子をチェックすると、失禁したあとがあって、下半身が麻痺した状態になっていました。

 

その夜は、翌朝一番で獣医に連れて行こうと思って準備して眠りました。歯やホオブクロのチェックをした時に、好物のグリーンピースが一粒ホオブクロに入っていたので、もし明日の朝も残っていたら掃除しようと思っておりました。


けれども、翌日早朝には全身に麻痺が広がってしまっていて、手のつけようがない状態になっておりまして、見ているはたからどんどん容体が悪化してゆくのがわかりました。

そして、朝のうちに亡くなってしまいました。

あと一ヶ月ほどで2年。ジャンハムとしては老ハムですから、まったく予期していなかったわけではないものの、イキナリの喪失感は否めず。

 

テティさんにしてみると、苦しむ時間は短く済みました。

朦朧(モウロウ)とした状態で息が絶えましたので、どちらかといえば苦しみの少ない死だったと思います。

 

ただ、こちらの気持ちの準備ができていませんでしたので、いつもより気持ちが参っちゃいまして、さすがに昨日はブログにテティさんが死んでしまったことを書けませんでした。

 

愛ハムとのお別れは、大抵は闘病期間があったり、一見突然に見える心臓麻痺的な亡くなり方でも投薬期間があったり、老衰の場合も弱って行く中を見守っている期間があります。

若くして死んだ場合だろうと、それなりに生きて死んだ場合だろうと、どんなに懸命に世話をしても遅かれ早かれ命尽きる現実と向き合う状態になるので、看病は諦めてゆく作業でもあったりして。


テティさんにはその機会が全くなかったので、がく然です。

ちょうど1週間くらい前のブログでも、野良寝がどうのこうの、老いたのなんのと書きましたが、その時点でも内心ではもう2〜3ヶ月は居てくれるヨネ、と楽観モードでしたから。

 

そういえば遠い昔に、謎の急死をした若い猫がいました。はじめてペットロスを体験する出来事になりましたが、心の準備がない状態でいきなり別れがくると起きていることに心がついてこれませんね。


火葬のためのお花・・・。

庭に今咲いている花たち、イベリス/マーガレット/プルモナリア/アーマンディ/クナウティアで小さなブーケを作りました。


訳あって引き取ることがなければ、テティさんには会えませんでした。

クマのマスコットみたいでプリティーでした。




20年来懇意にしていたペット火葬の方は3月いっぱいで引退なのだとか。別れの春が2つ重なりました〜。(4/1)
   
  

目下猫っ毛中であります2017/03/22 17:59

昨日は、我が家のシニアウサギが毛球症モドキになったために、投薬していたというお話をいたしました。

今日はもう1匹、老ハムのお腹の具合についてのお話しです。

 

少し前に、ジャンハムのテティさんの食欲が低下気味になったと思いきや、“毛でつながった糞”をした日がありました。

 

すぐに腸の動きをよくする薬を飲ませましたので、今は食欲も回復していて、お腹の調子も戻っていますが、手当をしながら「すっかり老いてしまったなぁ」としみじみ感じた次第です。

12月頃の写真だと、若々しさが残っていたのに、特にこの1ヶ月の間は、衰えていっている様子が目立ちます。

 

今日も、ケージの中途半端なところでいきなりパタリと眠っていたので、「まさか野良寝?」

と心配になって、寝込み中のところにチェックを入れてしまいました。


これまでに一度も見せなかった行動ですので、なんとなく気になります。

(テティさんは丸見えになるところで寝る習慣がない)


で、野良寝の原因は、たまたま敷材のない場所を電気アンカがダイレクトに温めていたのでそこで眠りたかったのか、それとも、以前のような健康状態から離れつつあるサインなのか・・ただ人間だって中年以降は、予告もなく”寝落ち”したりすることもあるわけで、ただの老化なのかも知れませんね。ともあれ、さらにこまめな健康チェックは必須です。

 

なにぶん、活動量の下がった冬の間に、ずいぶん足腰が弱くなったのは確かで、すでに少々足取りがおぼつかなくなっています。

心配性はいけませんが、老いたハムスターの1日1日は急加速的に過ぎていくような勢いになるので、こちらもうかうかしてはいられません。


さて、こちらの写真では、前足の爪がよ〜く伸びている様子が確認できると思います。

さらにいえば、後ろ足は、腰周辺の筋力が弱くなりはじめているのでしょう、外側へ向かって開き加減になっています。


で、爪ですが、「食べて寝て休んで」という具合にじっとしていることが増えたうえに、手足がしっかりとグリップしなくなった影響もあるのでしょう、爪はスピーディーに伸び放題で、今日もベビー爪切りでチキチキと切りました。

獣医さんだと、スカッとする位置まで切ってもらえるのにねぇ。


ともあれ老ハムになると皆、爪切りの受難にあうのが常。


換毛のほうはというと、そろそろ終わるだろうと思いたくなるほど、ところどころ地肌が見えるシースルー状態で残った毛はフニャフニャ。その感触は、まるで猫っ毛なのでございます。

この調子で冬毛が全て落ちたあとどうなるのか、ある程度の量の毛がなんとか生え揃ってくれるのか、それとも、それきり薄毛派に? 

・・・これには個体差もありますし、どのみち夏へ向けて涼しくなるぶんには問題ないので、このままポヤポヤでもOKかと・・・

 

ということで、数ヶ月前の写真と見比べると“老けちゃった感”が漂っているものの、毛の薄さとポヤポヤ感が伝わる1枚がこちら。↓

黒い毛がより多く抜け落ちたようで、全体的に白っぽい部分が目につきます。


頬袋がいっぱい/ジャンハム2017/03/01 21:02

ジャンガリアンハムスターのテティさんです。頬袋に詰まっています、ご飯が。

黒っぽい毛ですが背中にはより真っ黒な縦筋が入り、対して、手・足・耳・シッポと胸元の毛は白色なので、それがチャームポイントになっています。

 

寒くなってからは、とにかく暖かな場所でヌクヌクしているのが一番らしく、お気に入りの“歯ブラシスタンド”を改造した巣箱に入り浸りの日々。

運動量が格段に減ったおかげで、回し車もほとんど回されず、冬の間は拍子抜けしたみたいに静かでしたよ。

 

そんなテティさんもあと2ヶ月で2年目。

老ハムの領域に入ります。

 

個体差と病気の有無によりますが、おおよそ1年8ヶ月を過ぎるあたりから、ちらほら老化が由来の様々なサインが出てきますので、今日は念のために身体チェックをいたしました。

 

やっぱり最初は“門歯”の確認、げっ歯は歯が命〜。

門歯からは、骨の状態がなんとなく想像できたり、歯茎の緩みから老いもうかがえて、老化や病気の兆候をはかりやすい場所のひとつです。


もしも曲がって歯が生えるようになっているなら、早めに ”歯切り” を開始して、ハムさんが自力で食べられる期間を少しでも長く保ちたいですし。

 

ということで、チキチキと抵抗するテティさんの口を綿棒でこじあけ、歯の生え具合を確認しました。

下の門歯の歯並びに微妙な隙間ができていたものの、年齢相応という感じでまだ大丈夫そう。

 

顔が黒いと、どこに目や鼻があるのかわかりづらいですね・・・。

冬の間運動をしなかったぶん、手足の爪が伸び過ぎていて、写真にも長〜い爪が確認できると思います。(このあと爪切りしました)

伸びすぎた爪も、とてもきれいで汚れておらず、耳の周辺も手入れが行き届いていて、グルーミングも問題なくできている様子です。

(体のどこかに病気が潜んでいるとグルーミングがおろそかになっている場合がある)

 

実はこの1週間ほど、連日のように頬袋が膨らんだままだったので、ここ数日は毎日膨らみ加減が気になっていたところでした。


時々、歯にトラブルが発生して餌を食べられなくなっているハムさんが、頬袋に餌を積み込むばかりになることがありますので。 

とりあえず、テティさんの頬袋は、今日は片側の容量が半分に減っていたので、ずっと入れっぱなしというわけではない様子。


どちらかというと、1週間前の巣箱掃除に対するテティさんなりの対抗策のようで、「せっかく備蓄した餌を失くさないように餌と共に移動している」と捉えるのが、より“テティ・ハート”に近いのかもしれません。

 

✳先週、巣箱に蓄えていた餌を、お掃除(処分)させてもらった。

   →その後に、今回のテティさんのようになる個体は少なくない。

 

備蓄問題はさておき、あとは、テティさんがこのままの調子で無事に2年目に突入できると、“いい感じ”最期までいけそうだなぁと思っているところです。


いつの間にか、残りの時間のほうが少なくなっていました。(↓後ろ姿)

 


今日もクマのミニチュアやってます/ハムスター2016/09/15 19:16


久しぶりにテティさんの様子を。

 

まずは、吊り下げ式の給水器から水を飲んでいる姿から。

しばらく前に覚えた“ワザ”は、給水器とケージの水槽の間に割って入って、上を目指して壁をよじ登ろうとすること。

(ゆくゆくは頂点にたどり着いて脱走)

 

もちろん無理です。

 

それよりも、給水器とケージがぶつかってカタカタと音がなり、それに反応した人間が接近してくると学習したものですから、今では、「上を目指すとオヤツがもらえるかもよ」という学習理論を打ち立てているようです。

 

で、実際に、めぼしい何かがもらえるのか? というと、もらえたり、もらえなかったり、いろいろです。

ずっとスリムな体で、肥満をする心配はなさそうですが、そろそろ年齢が1年半を迎えてミドルエイジになるので、やっぱり糖分や脂肪分が多いオヤツは控えめにしています。

 


こちらはいつものように遊ぶテティさん。

相変わらずどこかのお土産コーナーに売っていそうな、マスコットのクマみたいです。


木製シェルターの周囲を、こっちにあっちに周ってみたり・・・白い布に潜ったりよじ登ったり、そんなテティさんを見ていると「この何の変哲もない毎日が幸せだね」と言いたくなります。

けれども、テティさんの生きている感覚が、本当に人間の18倍のスピードだとすると、「いぃえ、毎日それなりに忙しいですね」という返事が返ってきそうです。

 

昨年のいつぞや、いろいろと経緯(いきさつ)があって黒毛のジャンガリアンを育てることになりましたが、幼い頃のか弱そうな感じは完全に払拭されています。

それに、何と言っても、行く手に弟分にあたる猫さんがいようものなら、退けさせるパワーがあるツワモノ。

その逞しさと鈍感力を活かして、これから訪れる中年〜老年期をのびのびと過ごし、我が家の“ジャンハムご長寿記録”をぜひ塗り替えて欲しいです。

 


ハムハムが老ハムになった話2016/06/17 21:55

今週のブログはアニマルウィークになりました。

週の始めに、「ウサギさんがちょっとだけ老けた・・・」と書いたのを皮切りに、動物たちの近況をつらつらと書き連ねました。

そんな今週、ずっと脳裏にあったのは、老ハムになった時のハムハム(という名のジャンガリアンハムスター)のことでした。

ということで、今日は回想録。

ハムハムは、2年7ヶ月ほど生きていて、最後の方は「長老」と呼んでおりました。

強い生命力と生来の健康体の持ち主だったようで、歴代のハムさんの中でも、亡くなる前夕まで自力でご飯を食べていたのは、このハムさんだけでした。(急逝したハムスターは除く)

 

そんなハムハムさん、2年を過ぎてしばらくすると、毛が薄くなって地肌がなんとなく透けて見え始め、固いものが食べられなくなり、食べる量もだんだん減り、腰は曲がってスローなヨチヨチ歩きになり・・・とにかく、いろいろと減っていきました。

写真に写っている回し車は、サイズダウンして置いたもの。でも、すでに走れなくなっていたので、使われることはありませんでした。

そして、筋力低下のスパイラルに入っていき・・・。

全身の筋力が落ちて、足腰も弱くなる影響で、オシッコがジワジワと出たままになってしまって、オムツが欲しい状態になりました。

ハムスター用にハムツ、って、あったらいいのに〜って思いましたし


長生きしたハムスターでは、他に2匹、やっぱりオムツが欲しくなったハムさんがいました。毎夕洗うというのはハムの心にストレス、けれどど、汚れっぱなしってのはまた、ハムの皮膚にストレスを与える、というわけで結局、毎日洗っていましたが


ハムハムの老年の出来事で、もっとも印象的だった事をあと一つ。

(かなり個人的な主観が入っています)

若い頃に肥満になって、野菜食中心の食事をしていたハムハムさんでしたが、2年を過ぎて食欲が低下し始めたので、好物だったヒマワリを解禁しました。

 ずっと食べたかっただろうと思っていましたし、こちらとしても、娯楽を奪い続けるよりは少しでも与えられる方が気持ち的に楽しいワケで。

 

ところが、1年半ぶりの悲願のヒマワリに、ハムハムは見向きもせず。


そんなものなのか・・・と肩透かしをくらいました。

まぁ、現実には、消化する力も肝臓で処理する力も、嗅覚も、落ちていたとは思いますが。

 

なので晩年は、食べ慣れているものの中から「これだけは」というものが、最後まで残ったという感じでした。

いきなりのヒマワリより、安心できるシンプルな食べもののほうが、美味しい、ということなのでしょうね。

 

この長老ハムハムさん、ある日の夕方、久しぶりに頬袋にたくさんご飯を詰め込んで、その翌朝に、詰め込んだご飯と一緒に天国へいきました。

・・・旅支度?・・・最後までたくましいな。