壊れた森とさまよえる野生動物とカタツムリと2020/10/09 14:03

ついに先月は、1度しか更新しませんでしたね・・・。

くどいようですが、昨年のはじめ頃に目の前の森が壊され、大きな建物が建って以来、意気消沈してしまったようなところがございます。その森に家族で名前をつけて親しんでいたので、いつまでたっても残念さが消えません。

人口の減少で2つ3つとなりの市では、空き家問題が起きていて、そういった空いた建物やエリアが方々で増えつつある昨今、新たに森や山をわざわざ破壊してまでして開墾・造成する必要がどこにあったのかな?と思います。

とにかく目の前の森が消えてからは、それまで庭の木々や花々に集まってきていたハナバチやハナアブや蝶々・・・いろいろな生きものが激減してしまい、庭で観察できていた四季折々の変化がガクンと減ってしまいました。

なんとなくブログの更新回数が減り始めたのは、それからだったと思います。

そこへきて最悪だったのは、森野破壊で生息環境を追われた数種類の野生動物が、頻繁に庭にやってきて荒らすようになったこと。

彼らにしてみれば、いきなり生息環境を追われて食べ物に困ったわけで、ヒトの行為の結果なのですが、空腹が半端じゃなかったのでしょう、庭の水瓶のガードを破壊的なパワーでブチ破って、長年育てていた小魚や金魚を食べ尽くしてしまいました。

たまたま、あまりにも体が小さかったために、野生動物に気づかれずに済んで辛うじて生き残ることができた金魚も、荒らされたときに傷をおったのか間もなく死んでしまい、もうこれを続けるとのは気持ち的にムリだなと・・・。

それで、それまで庭で展開していた趣味や楽しみを、色々とやめちゃったのですよね。

不意にガクッときたような・・・あまり神経や労力を書けずに地味に行こうと思いまして。

 

他にも、このブログ発信する情報も、内容によっては住んでいる環境が住みにくくて不便で不安な場所になり得ると痛感したのが、巷でコロナが席巻するようになってからでした。

元々観光地でもあるので、仕方がないのかも知れませんが、今現在よりもコロナがひどかった頃に湘南海岸に押し寄せていた車と渋滞は、不便さと不安を増すばかりで、すっかり外へ出なくなりましたし、考えもなく住んでいる地域の情報を発信するのはいけないな、と。


今は、新しいウィルス病との共生に慣れも出てきましたが、迂闊なことは言わぬが仏・・・という具合にいろいろあって、未だに更新意欲は低下気味ですが、せっかく何年も続けていたこのブログ、このところ休み休みになっていますが、まぁ、趣味なので、のらくらやっていけばいいかと。

ということで、先月はついに1回しか更新しなかった生きもの見聞録ですが、ここでちょっとまとめて、最近の身の回りの生きもの&自然のことをお話ししておきましょう。

 

やっと昨年の豪雨で壊れた外構の工事も一段落して、庭で遊べるスペースが増えました。そこへポツリと通りかかったカタツムリ。

新しく造られたばかりの花壇で、一番最初に見つけたお客さんはこのカタツムリでした。石組みと黒土の間でいい具合にカモフラージュされていますね。


こちらは先日の朝の富士山。

愛でていた眼の前の森が消えたことで、西日が直球でガンガン入ってきて夏場の暑さが増しましたが、こうして富士が見えるようになっちゃったので、富士の様子を家から確認できるようになりました。 

こちらは夕方の様子。

これからの季節は、富士山が見える日が増えますね。

 

あとは・・・このところ季節を迎えていたキンモクセイ。

隣家に大変大きなキンモクセイの木が生えていて、普段はなんとも思わずにその気の下を行き交っていますが、秋になってオレンジ色の花が満開になると、ホォ〜ッと見上げて見事な姿に感激。

何メートルくらいあるのかな?キンモクセイって、刈り込まなければそれなりに大きくて立派な木になるのですね。


早朝と夜は、香りが強くなるのか、深夜早朝はヒトの活動が静まるので香りが蹴ちらされずに済むのか、深夜早朝はこちらの感覚自体も敏感になって香りを強く感じるのか、ともあれ秋はキンモクセイの香りに癒されますね。

 

ということで、あっという間に秋が来ました。

明日明後日には台風も通過する様子・・・刻々と季節は移っていって変化を運んで来ますね。

気持ちを切り替えて、また周りの景色をたくさん眺めて楽しみたいと思います。

オンブバッタの季節2019/09/13 16:25

レモンバームの葉っぱを食べて少しずつ大きくなっていった小さなバッタたちは、いつの間にか庭の方々で芽吹いたシソの葉の上にも飛び跳ねるようになり、今は2匹で一緒にいる姿を見られるようになりました。

 庭のシソ”が伸びるところまで伸びて、花芽の準備をはじめる頃は、無事に大きく成長したバッタたちがオンブバッタになる頃でもあるのですよね。

おそらく庭のバッタは、おもにハーブをメインに食べていた様子なので、ハーブでできた彼らの体はきっと良い香りがするに違いありません。っって、バッタを食べるわけではないので、ハーブ風味かどうか生涯知ることはないと思いますが……彼らのダイニングはキクやレモンバームやシソの周辺でしたので、良い香りがしそうですよね。

秋になって、こうしてバッタたちがたくさんいる場所は、しばらくの間は賑やかになります。跳ねる彼らのピョコピョコと動き回る賑やかさや、彼らを狙って近づいてくる生きものたちの動き回る賑やかさ……シーズン真っ盛りでございます。

 

青シソは、隣家のプランターからどうやってか(たぶん風)こぼれ種が庭にたどり着いて以来庭の方々に生えるようになりました。なので、一度だけ庭に種を巻いたことのある赤いシソと一緒に青と赤の両方が毎年生えてきます。

赤シソはすでに交雑したかのように、青と赤の両方の特徴を持った微妙な色合いのものが生えてきていますが、どんな味かは不明。

それを食べているからか、バッタの中には、体の一部分にほのかに赤い色が浮くものがチラホラ出現したりもして、「なるほど〜食べながらペインティングというのはまさに食べるオシャレだな」などと、毎年恒例の “勝手に合点” をしております。

 

草色の体に赤い模様が入ると、なかなか綺麗です。

 

このあと、また天候が崩れる様子ですが、先日の嵐のあとも、それなりの数のバッタがこうしてピョコピョコ跳ね回っているので、うまく嵐をしのぐ術を持っているのでしょうね。

 

余談ですが、今朝見つけたシジミチョウを1枚。

まったく逃げも隠れもせず、よく見ると羽も擦り切れているので、そろそろお役目を終えようとしているのでしょう。普段だと、近づけば逃げられるばかりで、なかなか間近に見ることが難しいので、今日は静かに観察することができました。

このあとも、このシジミチョウはハネが壊れてボロボロになっても、蝶々らしく、飛べる限り最後の最後までひらひらと花びらのように舞い続けるのでしょうね。

台風のあと2019/09/10 13:59

先日の台風のあとかたづけ、すぐに終わりそうにはありません。

とりあえず、割れた植木鉢を片付け、倒れてしまった若い木は引き起こして足元を固め、折れた樹木の枝を取り除いてまわりました。

それなりの大きさの植木鉢の大半が破壊されてしまったので、フトコロの寒さを極寒マイナス50度にも感じる次第……初夏から豪雨や嵐で庭がやられまくっているからかな。


それしても、今回の台風がくる前に、庭をぐるりと点検して、飛ばされそうなものは地面の一箇所に集めたり、頑丈なところへシュロヒモでくくり付けたり、できる限り対策を済ませておりましたが、そんなものは屁のツッパリにもならなかった台風15号。

想定を超えるレベルのものが通り過ぎて行ったことは間違いありません。台風の強風で方々にすっ飛んだガーデンラックやラティス類は、古さゆえに木っ端微塵になったものはできる限り集めてゴミ処理を施し、まだ使える新しいものは突貫で修理して再設置。

良くも悪くも、猛烈台風の通過は、家の周囲やベランダに置くモノの数を一気に減らす機会になりました。


最近では、台風意外の季節の嵐も威力を増していますし、そこへ猛威をふるう台風がやってくるようになりました。

そのたびに、傾きつつもなんとか耐えていた庭木は、しだいに、しだいに、一本ずつ傾きを増していって、今回はストロベリーツリーが昨日の台風でさらに傾きを増しました。確か昨秋の台風で太い枝が2本折れて、ストロベリーツリーは勝手にボリュームダウンしたのですよね。かなり木全体がスッキリしていたというのに、また傾くとはなぁ〜……。

ストロベリーツリーの傾き具合がよくわかるショットを1枚。

傾いたものは仕方がないので、木の傾きが増す側にある太枝を全て切って、頭を軽くして、木の重心がなるべくまっすぐ起きるように剪定しようと思ってます……が、このところの厳しい猛暑がもうちょっとおさまってから作業をするつもりです。というのも、ストロベリーツリーは、それなりに背丈も大きくなっていて脚立にあがって切らなければならないサイズなので、道具もスキルも弱い素人にとっては大変で面倒な作業になります。じっさい、マトモに手を入れることができるかどうかやってみなければわかりませんし。

ということで、ストロベリーツリーの生き残りをかけたスリムUP剪定は、この暑さが和らいでから……です。

中心に斜めに写っているのは、針葉樹の仲間と思われるの隣家の高木です。

この隣家の庭の大きくて見事なシンボルツリーも、根元から倒れてしまいました。

運良く、石垣によりかかるように倒れて止まっているので、ある意味ではラッキーだったのかもしれませんが……。いつも「ウチにもこんな大きな木を植えられたいいな〜」って思いながら、年々大きくなっていく様子を見守っていましたし、最近では木のてっぺんが我が家の2階の窓より高くなろうとしていたので、一体どこまで大きくなるのだろうかと楽しみにしていました。すっかり生活の一部になっていて、それなりの存在感をかもしだしていただけに、残念でなりません。(この木は切ってしまうのだそうです)

 

台風にやれてばかり……な話になりましたので、台風にやられてばかりではありあませんよ〜というお話もひとつ。

片付けをはじめる前に家の周囲を一周していたとき、住みかを追われつつも難を逃れたらしき小さな生きものがチラホラ目につきました。

ゆっくり写真を撮っている余裕がありませんでしたが、いちばんさいしょに目についた1匹の羽虫を一枚。思わず「ピカピカだね」と語りかけて一瞬ファーブルと化すほど、きれいさが際立ってに見えました。


台風で破壊されて壊れた物が散乱した風景のの中に、まったく無傷で新品みたいな姿を見つけられると、たいへん新鮮です。

あの暴風雨の中をよく無事にやり過ごせたものだなぁと感じ入りました。

青花フジバカマの周辺で2019/09/05 12:42


少し前から、庭の青花フジバカマ(ユーパトリウム/西洋フジバカマ)が咲きはじめていたのですが、あまりに残暑が厳しかったことと、暑さのマシな時間に庭に出ようものならヤブ蚊の襲撃が半端じゃなかったことがあって、草花に水やりを済ませたらとっとと退散してばかり……一時的に涼しくなった昨日今日、やっとフジバカマのソバに近づく余裕ができました。

青花フジバカマが咲いて楽しいのは、たくさんのシジミチョウが入れ替わり立ち替わりやってきて、蝶々同士で賑やかにしている様子を見られること。

この青い花をめがけて、シジミチョウの他にセセリチョウもやってくるので、毎年咲くのが楽しみな花になっていて、で、やっと花のそばまで近づく気になれました〜。

せっかくなので、シジミチョウといっしょに飛び回っているセセリチョウも1枚。

 

そして毎年この花が咲く頃の恒例となっているのが、花の周辺でのクモの巣ラッシュ。

巣に1匹だけのクモもいれば、すでにペアで巣の中にいるクモもいて、当然のように青花フジバカマの周囲にも巣が張ってあって、シジミチョウは大丈夫だろうかとハラハラさせられています。

余談ですが、この昆虫ハンターのクモたちも、あともうちょっと成長して体が大きくなってくると、トリに根ら割れるようになります。昆虫にはクモの糸もクモの姿も見えなくても、トリには、くもの巣の中心で静止しているクモの姿が宙に浮いた状態で見えるのでしょうね。

 

青花フジバカマはこのあと、種を作り綿帽子を飛ばします。でもこの花が増えるのに最速の方法は、地中で根を広げてゆく方法です。

ただ、地下茎の張り具合はそんなに強くないので、間引いて調整するのは簡単。逆に勢いあまって間引きすぎないようにしております。

 

まだ白花のフジバカマ(日本のフジバカマ)は咲いていませんが、日本の固有種でも外来種のものでもフジバカマは花がおとなしくて地味な印象で、どちらも秋の山野草らしく季節感を感じられるのがいいですね。

どんなに残暑が厳しかろうと、庭にはすでに秋がきています。

小網代の森/20192019/08/20 15:05

先週末、小網代の森へ行きました。

おととしはカニのダンスを見ることができましたが、昨年はカニが集まるはずの干潟が台風でダメージを受けて踊るカニを見ることはできず仕舞い。

今年はどうなっているだろうかと、猛暑の中を出かけてきました。

小網代港から森へ入る道は、水があれば岩にも地面にも溝にも、森に住むカニがいっぱい。まさにカニの森に来たって感じです。

岩の間や壁面を素早く移動する様子がすごい。8本も足があったら、足に足を引っかけてもつれそうなものですが……。

 

アカテガニの幼生


こちらも幼生かな……。


素早く逃げて隠れたこの個体はビッグサイズでした。危険が去るのを待っているカニと、出て来るのを待ちたい人間と……でもギュウギュウになって隠れる様子が気の毒なので、待たずに立ち去りました。

森で暮らすアカテガニは、産卵になると海に降りてゆく必要があるそうで、小網代の森のような森と川と海がある場所であればこそ、こうして豊かに繁栄することができるのですね。方々に当たり前のようにカニがいると、すぐその景色に慣れて貴重であることを忘れてしまいますが、実は数少ない自然環境を見ているのですよね。

……虫カゴがわりのカメラに、森のカニをたんと撮っておきました。

 

再び小網代湾が見えてきました。海が奥の方に遠のいていて、手前に干潟が広く大きく浮いています。今年の干潟がワイドサイズでしたので、カニダンスへの期待が大きく膨らみました。

 

干潟に向かう途中のところどころに群生して咲いている、ハマカンゾウ。



今夏もオレンジ色の花を見ることができました。

 

さて、踊るカニがいるところに到着。(細い竹で作られた柵の手前側から観察します)

今回は広く干潟になっていたおかげで、とてもたくさんのカニが、皆でワッセワッセとカニのダンスを踊る姿を見ることができました。

やっぱり一番目立つのはコバルトブルーのチゴガニ。このチゴガニがハサミを頭上に振り上げて体のコバルト色をMAX露出しているところを写真に撮りたい……というのに、振り上げた瞬間シュバッと一気に振り下ろすのがチゴガニの踊り方なので、振り下ろした姿ばかりが何枚も何枚も撮れたのでございます。

*普段からカメラの連写機能を使っていないので使い方が不明

*ダンスを踊るカニたちはチゴガニ、コメツキガニ、ヤマトオサガニ。(それぞれダンスの仕方が違う/ダンスは縄張り宣言or求愛)

白い手をフリフリしているか、口元にハサミを持っていてモグモグ食べているか……ずっと手を使ってなにかやっています。

森にいたアカテガニと違って、干潟で踊って暮らすカニたちは体の小さなカニです。

干潟の砂地にぽこぽこと空いている穴の直径は、1センチあるかないか、だったと思います。

なので干潟を歩くときは、カニの保護のために仕切られた柵の中に立ち入らないのはもちろんのこと、繊細で小さな体をした彼らをうっかり踏みつけたりしないように、少し神経を使って歩きます〜。

チゴガニたちの干潟から少し離れた場所の、違う干潟にいた、黒い砂地のような模様のカニ。小さな穴にシュバッと逃げ込みますが、そもそも模様が迷彩カモフラージュ系ですでに保護色で守られているはずなのに、よほど用心深いカニなのでしょうね。


ともあれ、今回は干潟が広くてラッキーでした。


木道を湿地へ向かって歩いていると、白いタデの花の周辺でテントウムシが忙しそうにしていました。タデの花に、テントウムシの餌になるようなものを見つけることはできませんでしたが、人間には見えないだけで、そこにはテントウムシを多忙にするなにかがあったのでしょうね。

それにしても、白いタデは風情があってキレイでした。こういうタデなら庭にあってもいいなぁ〜と思ってみたりもして……。

この日は猛暑日でしたが、空の高いところにはいわし雲が浮いていて、タデにイワシ雲に秋の気配を感じました。じきに9月、やっぱり1年は早い。


 小網代の森には、また季節を変えて訪れたいと思います。

(木道で出会ったまったく逃げようとしないシオカラトンボ)

レモンマートルとハナバチ2019/08/07 15:54

今年のレモンマートルの開花は7月末から始まりました。

梅雨に涼しい期間が長かったぶん、昨年や一昨年に比べて遅い開花になりました。

 

レモンマートルはこの先も永久に、枯れない限り大きなプラ鉢で育て続けるつもりです。

使っているプラ鉢が何リットルか忘れてしまっていますが、鉢の高さは45㎝で直径は50㎝。……で、鉢の高さも含めた木の高さはほぼ3メートルなので、木に対して少し小さめの鉢でも枝が栄えて充実した木に育ちます。

50㎝の苗木から育てて9年目の現在/湘南〜三浦の温暖な気候下で)

葉っぱの香りは通年、そして年に一度の花の香りも、どちらも楽しめる木だと思います。

 

昨年までは、早朝にミツバチがいっせいに花をめがけてやってきて、気温が上がり始める前にサーっといなくなっていましたが、今年は目の前の森が消えた影響なのか、春先からミツバチを含む昆虫類が激減しています。

ただハナバチだけは、見かける数が少ないにしても、いつもの花をめがけてたびたび飛んできてくれます。


なので、レモンマートルの爽やかな砂糖菓子のような、なんともいえない優しい香りが、無駄にならなかったなぁ〜と一安心しています。

(レモンマートルの花には、他にハチやアブの仲間が数種類とアリが訪れます)

 

さて、ここからは余談になります。

今年はミツバチの出現回数が格段に少なすぎて、たとえば、いつも初春の頃には庭の水鉢に代わる代わる水を飲みにきていた、という出来事が懐かしく思い出される日々です。そしてミツバチだけでなく、花アブもすっかり姿を見かけない状態で、今年は受粉がなされなかった庭のユスラウメは数えるほどしか実がなりませんでした。

目の前の森が消えたことが原因なのか、激減した大小様々な生きものたちは、いずれある程度まで回復するだろうと思いますが、さすがに原因によっては「以前のように元どおりに」とはいかないかもしれません。

……だとすると、寂しいものですね。

 

それで「いつものようにユスラウメの実がなった」とブログに書けずじまい……といったことが今年は続いています。それとも「一粒だけなりました」って書けばよかったのかな?(春の嵐で花が落ちたとしても、最悪30粒くらいはなっていたのになぁ)

 

そんなこんなで、結果的にブロフの記事数も今年の春から減っていて、やっぱり森の消失は痛かったのかもなぁ〜。

 

ともあれ、庭の木にトリや昆虫がやってきて、それを愛猫がオヨヨっと見入って、そんな様子を見られる毎日があるというのは、実にありがたいことなのですよね。

なので、当たり前と思いがちな日常を大切にしたいと思います。