リスとシークヮーサー2020/01/06 12:20

前回のブログ記事は“みかんにメジロ”でした。

そして今日はシークヮーサーに入れ込むリスの模様です。

その前に、前回のメジロの様子を2階の窓から撮った時の写真の片隅に、シークヮーサーが写っている様子を参考までに1枚。

 

食べるにはタイミングが遅くなってしまったシークヮーサーを、「野鳥が食べるかな?」と試しにガーデンテーブルの上に置いたのは大晦日。

ミカンよりも数日早くシークヮーサーは台の上に置いたわけですが、傷みかけたL玉のミカンの売れ行きのほうが、あまりにもスピーディー。なので、食べごろを過ぎた10個ほどのシークヮーサーは、このまま庭の飾りとして終わるのかもなぁと思っておりました。

 

けれど、メジロの「みかんキャピキャピ〜」が呼び水になったのか、つられるようにリスが飾り台の上に上がってシークヮーサーの“実”を持ち去り始めました。

柑橘系もイケるのか?……リス? 2階からではなく勝手口の猫用窓から覗き飲んで撮影。


このあと、視線を感じたリスは、こちらを見て尻尾をブワッと膨らませつつ、実をくわえてダッシュ、しばらく戻ってきませんでした。

 

リスが全ての実を運び去るまでほぼ2日、朝の早い時間に4〜5個、これを2回繰り返して運搬終了……その場で食べた分もあったと思いますが、遠くの巣まで、何度も往復して運んだ実のほうが多かったと思います。


リスにしてみれば、前年から、隣家のクヌギの木が切られたり、開発で森がひとつ壊されたりで、近隣の野生動物たちと同様に餌は激減しているはずです。

そんな条件にあっても、冬の寒さにも負けずに食べものを探し当てて生き抜く彼らに脱帽〜。それにしてもリスがシークヮーサーの実を食べるとは意外でした。

 

そんな野生動物たちのキビシイくもしたたかな生活ぶりを、愛猫はいつものように勝手口から「家ニャンは見た!」と興奮しながらロックオン。

忙しそうに”ただ見ているだけ”のニャンコですが、ミカンにはメジロが、シークヮーサーにはリスが、年明け早々、刺激が盛りだくさんなお正月スペシャルでございました。

新しい猫じゃらし2019/12/20 19:36

今日はニャンコの近況報告。(愛猫のダン君)

ラグドールは、どちらかといえば狩りごっこに関心が低い子が多いと言われています。

確かに、長毛種らしくとてもおっとりしていて、ウチの愛猫がラグドールの中でも遊び好きな性格の子だったとしても、やっぱり穏やかには違いありません。

とはいえ、1日1回以上、遊びたくなるたびに「遊べ」「遊ぼう」「遊ぶのだ」といろいろな手を使ってアピールしまくります。(現在6歳です)

同じおもちゃに予測のつく遊び方では飽きられるわけで、いろんなお手製のおもちゃを作ったり、遊び方に工夫を凝らしたり、とにかくニャンコのワクワクしたい魂を満たすべく飼い主業に励む毎日でございます。

 

でも、いくら工夫を凝らしていても、ある程度パターン化するのは仕方のないことで、時々これまでにない刺激が必要になることも時々あるわけです。

で、そのサインがでたのが1ヶ月ほど前。

これまでスゴク大好きだったおもちゃでじゃれる時間が短くなり、それに反して、遊んでくれとアピールする時間は長くなるという具合で、ちょびっとグレてみたり、ゴネゴネごねてみたり……仕方がないので、まだ試していないおもちゃを物色して回って、いくつかの新アイテムを用意しました。

 

そして、ごく最近お気に入りになったばかりの箱と、新しいおもちゃと、今までと違う何かとの遭遇……の3つどもえの新刺激作戦で、“狩りごっこ”は再びスリルと興奮の場に復活したのでした。

 ということで、新しい遊びがとても気に入りました。

ヒラヒラびよんびよん、ぴこぴこ動くおもちゃをロックオン。


ヒト目線では似たような感じの遊びでも、シチュエーションが変われば見たことない獲物に遭遇した気分?

新しいおもちゃの部分写真でございます。新しいといっても、試すのをためらっていただけですが。遊んでいる最中に、流れ弾的に猫パンチをくらいそうなおもちゃだったので、何となく手を出さなかっただけですが、今のところお気に入りのトップスリーを争うおもちゃになっています。

ダン君としては、この箱はもすご〜くイイらしい。

使うおもちゃによって、立てて使ったり寝せて使ったりしています。

人間目線から見たら、もっと他の箱のようが良さそうが気がしますが、植物用の空気穴が空いているだけのただの段ボールに愛猫はご執心。もしかすると、遊びたいときには、これくらいの箱が体のサイズに合っているのかもなぁ〜……ありがとう箱、ボロボロになるまで使い倒します〜。

ちなみに、定番のお気に入りおもちゃはコレ。


おそらくこれから先も、お気に入りのトップスリーに入るおもちゃであり続けるでしょう。 

なので、遊ばないときは隠しておかなければなりません。でなければ、どこかへ持ち去って食べるはず。お子様ニャンコのときの、このおもちゃのセンセーショナルな記憶が刻まれていて別格なのかな〜。ともあれ。必ず食べようとするおもちゃでして、昆虫の一種ぐらいに思っているのかもしれません。

(かつて目玉にあたるぽんぽんを食べられてしまったことがございます。気をつけましょう)

お手製のおもちゃでお気に入りナンバーワンはブラッシングで集めた毛で作った玉。たまをとるなら自分の毛が一番? フガフガいいながらじゃれつきます。

実はこのダン君の毛で作った玉も、勢いがつくとそのまま食べてしまいそうになるので、なるべく大きく、飲み込みにくいサイズに作っています。遊ぶときも誤飲に気をつけていて、無邪気に楽しく遊んでいるのは猫ばかり、こちらは注意を欠かせません。


何種類かあるストローのうちお気に入りのタイプがコレ。跳ねたり飛んだりする様子がよほど楽しいらしく、いちおう、バッタがキチキチ跳ねているイメージで遊んでもらっています。追いかけているうちに絨毯の下なんかに潜り込むところもゾクゾクするらしい……。

ヒト目線ではバッタでも、ダン君の目線では跳ねるイモムシっぽい何か、なのかもなぁ〜。そもそもバッタを見たことがないわけだし。

あんがいシンプルなものに大喜びで遊んでくれる愛猫、その点では安上がりです。

 

大型のネコは成猫になるまで多めに時間がかかると言われていますが、年齢が高くなるにつれて遊びたい欲求が冷めてゆくのも少し遅めなのかな?

遊びの追求はまだまだ続きそうです。

アゴにきた(一番刈りの新牧草)2019/12/04 17:33

今日はうさぎのフィーくんの近況です。あと三ヶ月で9才になります。上の写真は人参の葉っぱをハミハミしている様子です。

長年常用している牧草の新牧草が少し前から出回っているので、今年も同じようにフォーダーいっぱいに詰め込んで、たくさん食べてもらっているところです。


うさぎのフィーくんにとって、この愛用している牧草はよほどおいしいらしく、大抵は食べきることがほとんどでしたが、今回の新牧草はいつもより硬く感じられているのか、食べやすいものかさら先に選んで食べている様子。


さすがに一番刈りの新牧草の硬さがアゴにこたえる年齢になったのでしょうね。


もちろん、硬い牧草をまったく食べなくなったというわけではなく、先に軟らかなものから選り分けて食べたあと、食べやすい牧草がなくなってからフィーダーの周囲に残っている硬いものもチビチビ食べている模様。

こちらは床に散らばった硬い牧草です。


牧草はフィーダーにたくさん詰め込むので、軟らかな牧草を食べ尽くした直後は大量の硬い牧草がフィーダーの周囲で山のようになります。この硬い牧草が全て無駄になるわけではなく、ここからまた、より食べやすいものを選り分けながら食べている様子です。

ですが、これまでに比べて廃棄される硬い牧草は増えました。

・・・ 1番刈りの新牧草は、だんだん咀嚼が難しくなってきているのかな?


新牧草の期間が終われば、同じ一番狩りの牧草でももう少し食べやすくなるはずなので、あとしばらく、頑張って新牧草をハミハミしてもらおうと思っています。

 

ともあれ、食欲は大変旺盛ですし、餌の時間も元気前回のはしゃぎようで、噛み合わせのトラブルもこのところ起きておらず、いたって平穏な毎日。

強いて難点を言うなら、まだ冬毛になっていなくて薄器のような状態ですが、こうなることは予測していたので、とくに問題になるでもなく……すでに寒さ対策のためのバリケードを作っていて、少し前からケージのところだけ常春の暖かさになっていますので、換毛が間に合わなくても大丈夫。

ただ、冬毛になっていないぶん、体温調節がうまくいかないと思いますので、冬は室内の散歩も減らし気味。当面はケージの中がいちばん楽しくて暖かくて安心できる場所になりますね。


冬支度完了/チンチラ2019/11/27 13:08

今朝はいちだんと寒くなりましたね。そんな今日は、チンチラのズーくんの近況です。

その前に……前回のチンチラの記事(10/16)で、夏場に停電したら?バリカンで毛を刈って熱中症対策になる? といった内容のお話をいたしました。

(夏の停電で空調止まったら毛を刈ればなんとかなるのかな?という期待と疑念)


実は、このブログを立ち上げて以来、年に1度くらいの割り合いで “しのげるのであれば夏の停電はバリカンで…?”とぼやき続けておりました。

キッカケは東日本の震災の計画停電。

そのあとも、国内で自然災害が起きるたびに、動物たちの居場所や飲み水を巡って起きる出来事をチェックしては、まだまだ対策が足りていない〜と見直すことの繰り返し。

とくにチンチラに関しては、どうしても夏場の空調の問題に対してコレという対策が思い浮かばず、今回の台風で、そろそろ獣医さんに知恵を借りておかねば〜と思った次第。

で、先日やっと、よくやく、今になって、チンチラ専門の獣医さんに意見をいただくことができまして、「バリカンで毛を刈っても無駄ですよ」ということがわかりました。

 

なりほど、ヘアレス・チンチラと化しても熱中症になることに変わりがないのか……そうか〜ダメなのか〜……煩悩がまたひとつ滅却されました、チ〜ン。

 

ということで、少し先になりますが、休暇がとれてゆっくりできる時に、毎年一回ぼやいていた“毛刈り”関連の記事に対して「バリカンは無駄と判明」と追加補足文を入れさせていただきますね。


これまでのチンチラの飼育経験では、夏場、湿度が極端に高くなければ28度くらいまでは耐えられていますし、その点については儒医さんも同じ意見で、「28度くらいまでならなんとかなります」とのことでした。

いずれにしろ、チンチラの夏の停電対策についてやっと詳しい人の意見ができてひと安心。

たまにチンチラを獣医に連れていく機会があっても、目の前の手当てのことで夏場の停電についての質問を忘れてしまうか、覚えているときに限って患畜さんが多くて質問を遠慮するか……なかなか機会がありませんでした。いちおう、可能なことと不可能なことがひとつずつわかって、仕切り直しができました

 

さて、この写真はズー君の何年も長持ちしている床暖パネルです。今朝この敷きパネルをケージにセットして、チンチラのケージの冬対策は全て完了しました。

昨日の記事では、破壊王のルーさん(デグー)が2年でダメにした床暖パネルをお見せいたしましたね? それと同じものとは思えない使用感……まだこの先もじゅうぶん使えそうです。

 

ちなみに、チンチラの暖房対策は雲母の壁掛けパネルヒーターと、床を広範囲で温める薄い敷パネル(アクリルボードの床の下に敷いている)そして今朝セットしたパネルヒーターです。

たくさん暖房器具がありますが、効力が違うものを組み合わせていますし、逃げ場もちゃんと作ってあるので大丈夫。これで問題なく冬の暖をとることができています。

 

今は葉っぱ付きの人参が近隣の市場に出回っているので、今朝の副菜は人参の葉っぱ。

モグモグ一気に食べたあと、朝の牧草を選り好みしながら食べて、設置したばかりの床暖パネルの上に横になって眠ってしまいました。

巣箱に床暖/デグー2019/11/26 19:08

久しぶりにデグーのルーさんの近況です。

寒さ対策を早めに済ませたほうがよい子から順番に、老ウサギ→ニャンコ→デグー→チンチラ……のはずが、デグーの飼育キットで更新しなければならないものがいくつかあって、デグーのルーさんの冬支度の完了が一番最後になりました。

 

まずルーさん用に使っている巣箱は、年季が入りすぎて替え時になっていたので新しいものを通販で注文。

こちらが引退前のボロボロの巣箱。天井を外した状態になっていますが、使い始める前に天井と底の両方に防水防汚のための薄いビニール版を貼り付けて、汚れを拭き取りながら長く使えるように手を加えます。なので今回お役御免になった巣箱は、冬から春までの間と夏から秋までの間と、天井と床を入れ替えてほぼ1年使うことができました。ちなみに、夏の時期は使えない牧草クズを巣箱の中に分厚く敷き詰めて、こまめに丸ごと交換……夏の牧草はイグサみたいで快適そうに見えます。

言葉の説明だけではわかりにくいかもしれませんので、参考までに、こちらが取り外し可能の天井部分。(白のビニール版を張りつけてある状態です)季節によって天井になったり床になったり、言い換えると取り外しの天井&床ですね。

 

前回の冬は、天井を外してくるっと巣箱の上下を反転させて、床暖の上に床のない巣箱をじかに置いたので、巣箱に入るとそのまま床暖の上で伸びられるようになっていました。

今冬もその方法でいこうと思っていて、巣箱の上と下に貼り付けるビニール版をホームセンターで購入して巣箱の防水防汚を済ませましたが、そのあと、片付けてあった床暖式のペットヒータを使おうとして固まってしまいました。

こちらの写真は破壊王のルーさんによって徹底的にかじられた床暖パネルの姿。

(パネルの白っぽい模様は蓄積して模様と化した汚れで製品の本来の色ではありません)

いちおう通電させるとなんとなく暖かくなるのですが、赤い絶縁テープが物語るように、いたずら防止の金属すらもかじり倒して中の配線が微妙に見えたところで春……。洗って片付けるときに、もう次は使えないかもなぁと思いつつ保管しておきましたが、今思えば、そのときに処分しておいたほうがよかったのかもしれません。


というのも、数日前に、ぐっと寒くなった日が続いたときに慌ててホームセンターのペットコーナーに走ったのですが、欲しいサイズがのきなみ売り切れになっていてガビーン……。

 

今すぐに床暖パネルが欲しい状態になっているというのに、これはどうしたものか〜と売り場をグルグルウロウロ歩きながら次の手を考えていたら、ふと目についたのは、1つだけヒーターの陳列から外れた違うコーナーにポツっと置かれた、ハムスター用の小さな床暖パネル。

 

「これじゃ小さいよ」と一瞬思いましたが、「やりかたによってはイケるかもっ」と思い直してハム暖を購入。

 

ということで、今冬は、巣箱の一部に配線を通すための溝を作って、巣箱の中にハム暖を入れこみまして、そこへストレートカットしたわら半紙をたくさん詰め込んで寒さ対策完了。

この新しい方法は気に入るかな?これでちゃんと暖まるかな? と心配でしたが、ハム暖入りの巣箱を設置したその日は、長めの睡眠……やっぱり寒さ対策が遅れている間、少し寒くて熟睡できなかったのかもな〜……反省……ともあれ、床暖入り巣箱を気に入った様子で一安心。

それにこの方法なら、パネルの配線をかじりまくって床暖をダメにする心配が減りますし、門歯がビリっとくる危険もなくせるかもしれません。

とにかく、今回これで暖房機材を破壊されることなく春を迎えられたら、ルーさん関連の悩みがひとつ解消するはずです。

一応すでに冬毛になっていますが、もともと冬毛も薄いので、冬毛って感じがしませんね。