デグー闘病日記#3/日に日に回復中2020/07/02 15:46

一時は生死を危ぶまれたデグーのルーさん(ルディ)でしたが、目覚ましい回復を見せ、日に日にできることが増えて行っているところです。

ネズミさんだけにサイクルが短く、症状が悪化してゆくときも、反対に症状が緩和して軽くなってゆくときも、早い早い。

なので回復期の今は“〇〇ができるようになる”瞬間が刻々とやってきます。

たとえば、今日の朝まではできなかったのに、昼からはできるになった、という具合に。


ということで、前回の29日の更新以降から今日までのドラスティックな変化を“おまとめ日記”でさらっと走り書きいたします。

30日の様子がです。この日は、座って過ごすことが普通にできるようになり、つかまり立ちも頻繁にするようになりました。
ただ、まだ体の右側のマヒは残っていて、特に右の前脚は不自由・・・そのせいか、二本足の恐竜風な歩き方を前のめりになりつつ跳ねながらやるので、転んでごろごろと転げ回っては起き上がる〜という不安定な状態。
ケージの中に、邪魔にならないサイズのちぎった紙をフカフカと入れて、思いきり転んでも大丈夫なようにしました。

食べられる量もこの日は一気に増えて、水分多目とはいえペースト状のフードを5CC近く食べました。いい感じです。

 

7月1日の様子です、この日は自力で柔らかいものなら食べられるようになりました。試しに好物のブロッコリーの小さなフサを鼻先に出してみると、邪魔なエリザベスカラーと苦闘してプープーピーピー言いながらも、必死に食べました。(カラーが邪魔&手も使えない)

この様子なら、毎日の食事が自力でできるようになる日もそんなに遠くないかも・・・ようやくホッとしました。

それから、この日の3度目の強制給仕のときから、ペーストが入った注射器に自分から吸い付くようになりまして、それ以降から、毎回ペーストを自分から食べたがるようになったので、強制給仕がグッとラクになりました。

これまで、毎日2,5CCは最低でも食べてもらえるように、こまめに回数を分けて強制給餌していたわけですが、この日は7,5CC分を完食。

この日はちょうど通院日だったので、獣医さんに経過を診察してもらって回復ぶりを褒められ・・・けれどもまだ脳の誤作動は残っている気配なので、右側の耳掻きまくり&右手の自咬の対策の為にも、もうしばらくエリザベスカラーをつけたままの生活になりました。

次の通院は1週間後。

もし途中で体重が増えてカラーが苦しくなったら、首回りの調節に行かなければなりません〜。
まぁ順調に体重が増えるのは歓迎です・・・が、以前のように運動ができなくなっているわけで、美味しい強制給餌でうっかり太らせないようにしなければなぁ〜。

さて、7月2日の今日。お目目のキラキラ度合いがほぼ100%です。

今朝は、ペーストが入ったシリンジ(注射器)からツルツル、ハミハム、スムーズに餌を食べるようになり、1日の食事量のノルマを午前中のうちにクリアする勢いに・・・

いつも通りの健康なうん◯も肛門からポロポロとお出ましになり、ようやく快便になりました。

粉粉の牧草も、どうにかこうにか口に入ったものをモグモグできるようになりましし、サプリメントのタブレットも今日になって自力で半分ずつ食べることができて、よくここまで頑張りました〜。


ヒトの姿を見ると、バランスをとりながらタタッタタッタ〜と走り寄ってきて「なんかチョウダイよ」と言わんばかりの旺盛な食欲。


あとはどこまで体の機能が回復するか。


脳に多少ダメージが残るにしても、それならそれで、不足を補うように他の機能が大なり小なり活性化するはず。

ルディのこれからの生活を新しく再構築する楽しみができたので、思いつく限り、いろんなことをしてあげたいです〜。

斜傾残るも回復中/デグー2020/06/29 14:06

話の内容は前回の記事の続きになります。
(前回の記事は真下のテキストにスクロールしてお読みください〜)

先日25日、突然のように意識が混濁して体の自由も効かなくなり、そのまま昏酔してしまったデグーのルーさん。(ルディ)

急患で病院へ行ったものの、手当しても意識がない状態が続いて、一時はどうなるかと思うほどの弱りようでございました。

この写真は26日の様子ですですが、この日もグッタリとして意識がない状態でした。抱えるとグニャ〜...うっすら目があいたり、あかなかったり。
足にピンク色のサポーターを巻いているのは、時々意識が溷濁した状態で耳を激しくひっかいてしまうため。なので左の耳は引っ掻きすぎて赤くなっています。
写真ではこちら側から見えませんが、右の前足も、自分で激しくガジガジ、ザクザク、噛みしだいてしまって血だらけになったので、同じようにピンク色のサポーターが巻かれています。

もうダメかと思うような状態で、獣医さんも「助かるかどうかわからないけれど・・・」と手を尽くしてくれました。

※シッポが通常より短いです。ペットショップにいた時に怪我をした らしく、短いシッポの子として我が家にお迎えしてしております。



25日〜26日と危うい状態が続いて、意識も溷濁気味でトロトロしていました。

脳はあいかわらず誤作動を起こしているらしく、自分の腕を躊躇なくザクザクと噛み、耳をかきむしる状態は続いていました。ただ、26日の夕方あたりから、少しずつとはいえ意識がしっかりする時間が出てきたので、かすかに希望も見えてきました。



翌日の27日の様子です。この日は、なんとなくでも意識のある時間あるがさらに長くなり・・・けれどもまだ斜頸は強く出ていて体の右側はマヒ状態。

右手をザクザクやってしまって、保護テープの下から血が滲んでいます。痛ましい・・・(腕は深傷を負っています)けれど、脳が誤作動を起こしている渦中では、痛みはあまり感じてなかったのでしょう、たぶん。なので、この後だんだん元気になってきて、意識も明瞭になってくると、今度は、そうとは知らずに自分でザクザクやっちゃった怪我が痛み出すかも知れません。

ヒトも、事故を起こして怪我をしても当日は思ったほど痛くなかったりしますが、落ち着いてくるとだんだん痛みが激しくなることがありますよね・・・脳は正常な場合でも、保護機能の一環として全ての痛みの信号を送っているわけではない、と昔教えてもらったことがあるので、増して、ルーさんのように脳が大ダメージを受けている渦中では、痛みが伝わっていないのかも・・・だいたい自分に深傷/ふかでをおわせるなんてのは、痛いってことがわかっていない証拠なわけで・・・。

そんな調子で、ヨロヨロですが時々体を起して歩こうとするようになり、手伝えば、ヘタなりに少しは飲んだり食べたりもするようにもなりました。
なので、それまで細々とやっていた強制給餌の回数を増やして、チビチビ給餌をこまめに何回も行い、この日は体力増強の可能性も見えてきた〜。

ただ腕をザクザクと噛む行為も継続中でしたので、この日、病院でエリザベスカラーをつけられてしまいました。

※強制給餌は気管に入らないようにするためにも意識がある時に無理 のない範囲で行いましょう


28日の様子です↑。この日になると、体も“あたたかさ”が戻ってきて、それまで感じていた”スカスカと軽い”ような頼りなさが消えて、力も中身もある”ズシッと感”を感じられるようになりました。意識もそこそこ正常な状態になったうえにちゃんと反応もできるようになり、強制給餌のペーストも、口の脇からはみ出しつつもモグモグできるまでに回復〜。

この日は獣医さんと一緒に劇的な回復を喜ぶことができました。


とりあえず、それまでの3日間は、診察と注射のために通院しましたが、これからは自宅での投薬に切り替わり、通院は3日おきでよいことになりました。


さて本日29日の様子ですです。今日はルーさんにとってどんな日かというと、意識はほぼ完全に正常な状態に戻っていて、それまで横たわってばかりの状態も無くなって、ふらふらしつつも座れるようになりました。

強制給餌でデグーが食べるべき1日のノルマも、今日はヤスヤスとクリアするほどに・・・元気で腹ペコ?
すぐに倒れるけれど、中腰で半立ちになることだってできるようになりました。
斜頸がさらにマシになって、右側のマヒもあともう少し緩和したら、一人でご飯くらいは食べられるようになるんじゃないかな・・・と期待しながら経過見守り中です。
余談ですが、年代物(20年前のほぼ未使用品)のハムスター用のケージを治療の間は使うことにしました。上の写真の金色ケージがそれです。
大きくもなく小さくもなく、組み立てやすくて手を加えやすい昔ながらのケージは、こういう時に便利ですね。
ルーさんの体の機能が回復しなかった場合は、このケージが新しい生活の場になるのかなぁ〜と思っていましたが、この調子でいけば「これでは狭い」と言われるくらいに回復するかもしれません。

もしルーさんの体の機能が回復して、元の生活に戻れるようなら、これまで生活していた回し車のある大きなケージに戻れば済みますが、障害が残って立体運動ができない体になった場合は、平面でも広々と生活できるような環境を用意しなければなりませんね。

いずれにしろ我が家のデグーは順調に復活中、何よりです。

脳問題/デグー2020/06/26 13:49

我が家のテグーのルーさん(ルディ)が、いきなりの不調です。

昨日の朝、いつものお世話をしようとケージを開けると、隅っこにうずくまって動けなくなっていました。

意識がモウロウとしていて、こちらの呼びかけに反応したりしなかったり・・・ふいにブツクサ文句を言う(鳴く)こともあるものの、基本的に意識は低下状態・・・。

 

え?脳の病気??? 一体どうしたんだ〜ガーン。

 

信じたくない出来事&光景でしたが、そういえば2〜3日前に歩いているときにすこし足がふらついたことがあったなぁ・・・ここ数日後は少しピリピリしていてナデナデがしづらかったしなぁ・・・わずかに不調のサインが出ていたので全く思い当たるフシがないわけではないけれど,やっぱりいきなりに近いかな。

確かに最近、梅雨というより真夏のように暑い日があるので、活動量は春の頃より減っていましたが、よく食べ、キレイな糞を撒き散らし、遊びたがっていたのは確かで、なので、意識がモウロウとなって動けない、というのは、さすがに“いきなり感”がありました。

 

ということで、昨日は朝から大混乱。

かかりつけの獣医さんは、あいにくその日はどこかへの往診日なのか、受診できても夕方からになるという話しで、先生早く戻ってきてくれたらいいのに〜と願いつつ、他のエキゾチック系の獣医探しに奔走しました。

その日の仕事を午前中のうちに片付けて、いくつか急患で診てもらえそうな獣医を探しまわりましたが、移動に負担がかからない距離でテグーOKの獣医を見つけても、「手術で詰まっている」とか「すぐは無理、午後少し遅めの時間からなら診ることができる」・・・最後は、その昔通っていた少し遠方の獣医を4年ぶりに頼ろうとしたら休診でつながらず、思うように見つかりませんでした。

まぁ、ありがちというのか、マイナーな動物を世話していると、時時こういう巡り合わせに右往左往することもあります。

ヒトよりもライフサイクルが早い生きものには、こういう時ハラハラさせられます。

そうこうするうちに、かかりつけの先生が予定より3時間も早く病院に戻ってきてくれて、

真意はわかりませんが“神対応”っぽくて感激・・・やっとルーさんを診療へ連れて行くことができました。

とどのつまり「どこへ連れて行ったとしても同じ時間に診てもらうことになった」わけですね? ならば、安心して診てもらえる馴染みのお医者さんで良かったねということで・・・。

 

診断では、ウィルスとか腫瘍とか、なにかのダメージが原因で、脳や脊髄・神経あたりに異常が出ているのではないか、ということでした。

なんとなく予測していたとはいえ、難しいことになってしまったようで、ルーさん大変です。

 

カラダを動かせなくなる直前までは、ある程度しっかり食べて元気に活動していましたし、実際にそれを証拠づけるように、食欲も元気もあって胃腸の調子は良く、検便もゴールデンうん◯賞がもらえるレベル、血行も良く肌色や毛ヅヤも問題なし・・・。

一応、ウイルスや炎症を抑える薬や神経系に働きかける薬を投与してもらって、昨夜は入院、酸素テントに入って過ごしました。

 

今朝も、残念ながら意識はモウロウとしたままで、時々這いまわると点は昨日よりマシなところ・・・やはり、いきなりトラブルを起こしたのは脳や背骨のどこかで、それ以外はいまのところ健康。

 

今後のケアは、自宅で養生しながら通院生活をすることになると思います。

意識がしっかり戻り、自力で食べ、手足を使って歩いたり掴んだり跳ねたり、という基本的な動作ができるようなるかどうか・・・。

 

そうなれば嬉しいですね。


ということで、元気だった頃の様子をUP。



また元気にな〜れ〜。



❇︎つい先日メモリーカードがダメになり、ごく最近撮ったルディの写真も全て消えてしまったのですが、今になってそれが痛い〜。

忙しいリスとダルダルな猫2020/02/18 15:22

周辺の自然環境の破壊が進んだ影響なのか、それまでドングリ集めに精を出す期間ぐらいしか庭を通らなかったリスが、昨春からほぼ1年中、庭を行ったり来たりするようになりました。

メジロやシジュウカラといった諸々の小さな野鳥に混じって、野鳥用の餌台に侵入するようになったのも今春からで、人を警戒して近づかない・・・なんて真面目にワイルド・ライフやっていたら、餌の採取の範囲が限られてしまって死活問題になるのでしょう。

おかげで、リスとの距離がぐっと近くなりました。

ぐっと近づいたリスをズーム……なにがなにやらよくわかりませんが、肉付きがよさそうで、ヒゲがよく見えます、ヒゲ、意外と短い……。


“ドングリ集め”のくだりで思い出しました。ドングリの季節といえば10月頃ですが、秋は日暮れがだんだん早まる季節でもあって、晩秋の頃になると、時々2匹連れのリスが(親子?カップル?)暗くなった庭で立ち往生することがあります。

たぶん夕方まで餌の採取をしたあと、寝床へ急ぐ途中に天敵の動物や人間と遭遇してしまい、慌てて木の上に登って「災難が去ったから降りよう」と待っているうちに、あたりが暗くなってしまって目が効かなくなったのでしょう。

庭の木の上から降りられなくなっているリス(子リス?相方?)が悲痛な鳴き声をあげ続け、で、地面では茂みに隠れたもう一匹(親?相方?)がぶつくさゴニョゴニョと降りられなくなったリスに言い続けていて、木の上ではキャーキャー、地面ではブツクサ……ふいに我が家の庭が “叫びと念仏の庭” と化すのですよね、何年かに1度。

なにごとかと暗い庭へ出て、声がする木に近づいて降りられなくなっている子の姿を探そうとすると、地面でブツクサいっている子のブツクサの音量とスピードと音数が増して、ドスのきいたぼやき声は異様なレベルに達し、助けたくても近づくのは逆効果に。

……で、どうやって帰宅難リス問題を解決するのかというと、同じことを何年か前の秋頃のブログにも書いていますが、暗くなっている側の家の電気を全部つけて、庭が少しでも明るくなるようにします。うっすらでも手元足元が明るくなると、叫びリスは木から降りてきて、念仏リスと共にスタコラさっさと立ち去ります。

晩秋の夕暮れの庭は、刻々と暗くなるし、スーっと寒くなるし、昼行性のリスには危険な場所と化すのでした。

 

さて、話を現在のリスに戻しましょう。

「ホウッ」……と言っているかのような口、ダウッッと言っているところです。

デッキの上でダウダウとかホゲホゲとか、各種鳴き声をあげたあと、シッポをフサフサさせながらゆっくりお目当ての大木の方へと小走りに去っていきます。

我が家のデッキは、とある山桜の木と、とあるドングリの木の間もっとも早道で行けるバイパスになっている模様。それにしても立派なシッポですね。

体全体が丸々ムチムチっとして福々しい。



リスがパイパスに使っている木のデッキは、昨年の嵐で壊れてしまって、ヒトが歩くことも近づくこともできない危険な場所になっていますが、体重が軽いうえに身軽なリスには無関係。

でも、次の台風シーズンが来る前にデッキの改修工事をしなければなりません〜。


昨年来、毎日のように庭を行き交うようになっているリスに、愛猫はそれほど刺激を受けなくなっているのか、この日も、表で騒ぐリスそっちのけで爆睡していました。

すぐ外から、リスのフゴフゴと鳴く声が聞こえているというのに、てれ〜っと仰向け睡眠中。


Q;「リスは見なくていいの?」  Ans;「………zzz」

愛猫は小さな野鳥には、飽きもせず狩猟魂をたぎらせるのになぁ〜。

……まぁ、リスは我が家のウサギやデグーやハムハムたちに似ているので、馴染みの兄さん姉さん(げっ歯類の先住者たち)を見ているのと同じ、日常感覚に近いのかもしれません。

 

ところで写真のリス、今朝の様子を写真に撮ることはできませんでしたが、つい昨日までフサフサだったシッポに突如異変が……毛の一部がゴッソリ抜けていて、シッポのふさふさ度が低下していました。

「シッポが抜けたわけじゃない、毛が抜けただけだから大丈夫だ、必ずまた生えてくるっ」と頼みもしないのに力説するお父さんを横目に、「なにかに追われた? どこかで挟まった? どこかからか落ちた?」野生の世界は大変だなぁ〜と、リスのワイルドな暮らしを想像してしまいました。

猫好きのする箱2020/02/07 15:57

今日は愛猫ダン君の近況です。

(ラグドール/シールポイント/6歳9ヶ月)

暑さより寒さが苦手なニャンコにとって暖かな冬は過ごしやすい模様です。

 

さて、巷には素敵なニャンコグッズが多々ありますが、いろんな雑貨をあれこれ試す中で最終的に愛猫に愛用され続けるお気に入りの雑貨は、それほどたくさんありません。

まぁそういうものだと思います。

で、ニャンコグッズの中でも、特に入って遊ぶ箱系のものは、企画が日本の猫の体に合うサイズ感になっているので、今うちにいる大型のニャンコには合わないものばかり。

雑誌のふろくについている“もぐる”“入る”“かくれる”タイプのものは、9割以上の確率であまりにも狭苦しすぎて、すぐ見向きもされなくなり無用の長物と化す次第。

そんな中で、昨年たまたま使って以来すっかりお気に入りになった大きな箱は、完全になくてはならない箱になりました。


1日に何度も入り浸っているこの箱は、遊ぶ、ひたる、待つ、アピールする、かくれる、お父さんたちの魔の手から逃げる……というふうに、いつの間にかいろんな使い方をされている模様。

この箱の穴は、他のところにあいた幾多の穴よりも格別で、異次元レベルの穴らしい、どういうわけかアタックの威力と真剣味が違います。

しかもこの穴を通して見るものはまったく違って見えるらしく、見え方すら変わる異次元窓。写真のおもちゃはお気に入りのおもちゃですが、すでに飽きたおもちゃであっても、この箱の中では新鮮で過激な遊び道具になるのでした。

ただの箱なのに、中に入ると“気のせい”という魔法にやられて大フィーバー、おめでたいニャンコです。

ャンコに“狩りごっこ”を満喫してもらった後は、いつも放電しきってソファで爆睡するのが日課。遊び疲れて寝るのは極楽気分だろうなぁ。


それにしても、そんなにもその箱が気に入っているのであれば、こちらとしても、愛猫が完全に飽きて見向きもしなくなるまで使い続けたい気分……できる限り長持ちさせなければな〜と思っているところです。

 

余談ですが、こちらは幼猫の頃から使い続けている、マストアイテムと化した箱。

手入れをしながら今日まで使い続けています。(元々食品系のものが入っていた箱)

冬以外の季節はこの箱にハマって居眠りをしているので、ボロボロになっていても捨てきれません。(必然的に色が薄めの夏毛の写真ばかりになる)

今年でこの箱も7年目になるので、いよいよダメになったら、似たような質感とサイズ感で作り直そうと思っています。

結局、ダン君が気に入る箱系雑貨は安上がり〜。

 

安上がりと言えば、好きなおもちゃの上位1〜3位争いに、ストローや自前の毛で作った毛玉がランクインしていて、おもちゃもまた然り。

我が家の愛猫が好むマストアイテムは、そのへんにあるシンプルなものがいいようで……。