リスとシークヮーサー2020/01/06 12:20

前回のブログ記事は“みかんにメジロ”でした。

そして今日はシークヮーサーに入れ込むリスの模様です。

その前に、前回のメジロの様子を2階の窓から撮った時の写真の片隅に、シークヮーサーが写っている様子を参考までに1枚。

 

食べるにはタイミングが遅くなってしまったシークヮーサーを、「野鳥が食べるかな?」と試しにガーデンテーブルの上に置いたのは大晦日。

ミカンよりも数日早くシークヮーサーは台の上に置いたわけですが、傷みかけたL玉のミカンの売れ行きのほうが、あまりにもスピーディー。なので、食べごろを過ぎた10個ほどのシークヮーサーは、このまま庭の飾りとして終わるのかもなぁと思っておりました。

 

けれど、メジロの「みかんキャピキャピ〜」が呼び水になったのか、つられるようにリスが飾り台の上に上がってシークヮーサーの“実”を持ち去り始めました。

柑橘系もイケるのか?……リス? 2階からではなく勝手口の猫用窓から覗き飲んで撮影。


このあと、視線を感じたリスは、こちらを見て尻尾をブワッと膨らませつつ、実をくわえてダッシュ、しばらく戻ってきませんでした。

 

リスが全ての実を運び去るまでほぼ2日、朝の早い時間に4〜5個、これを2回繰り返して運搬終了……その場で食べた分もあったと思いますが、遠くの巣まで、何度も往復して運んだ実のほうが多かったと思います。


リスにしてみれば、前年から、隣家のクヌギの木が切られたり、開発で森がひとつ壊されたりで、近隣の野生動物たちと同様に餌は激減しているはずです。

そんな条件にあっても、冬の寒さにも負けずに食べものを探し当てて生き抜く彼らに脱帽〜。それにしてもリスがシークヮーサーの実を食べるとは意外でした。

 

そんな野生動物たちのキビシイくもしたたかな生活ぶりを、愛猫はいつものように勝手口から「家ニャンは見た!」と興奮しながらロックオン。

忙しそうに”ただ見ているだけ”のニャンコですが、ミカンにはメジロが、シークヮーサーにはリスが、年明け早々、刺激が盛りだくさんなお正月スペシャルでございました。

みかんとメジロ2020/01/04 11:41

年末に小箱で買ったみかんが、2つ傷みはじめているのを発見。

モッタイナイので、カビる前に無事なところだけ食べるか、動物たちにあげるか……と一寸考えて、結局、庭先にだして、通りかかった生きものに自由に食べてもらうことにしました。


これまでの経験から、遅めの時間帯にりんごのヘタや柑橘類などの果実類を外へ出すと、夜行性のハクビシンに食べられるのが常でした。なので、今回も暗い早朝のうちにセット。


ひとつ目は予想より早く食べ尽くされ、早朝だしたみかんは昼過ぎには皮だけに。

みかん狙いのお客さんはメジロでした。




しぶ〜い。しぶくてかわいい〜。

余談ですが、メジロが止まっている裸木はユスラウメ。

ユスラウメの木の直線的に伸びる枝って、こうして見ると、メジロの背景で独特の模様のようになっていて、思いがけずシブさ倍増効果がありますね。

 

ふたつ目のみかんは、早朝庭へだしたあと、午前中のうちに完食される素早さ。メジロ見たさに毎日みかんを置きたくなりました。

せっかくなので、ふたつ目のみかんは、小さなメジロがどうやって自分の体ほどもあるみかんを素早く食べているのか、解体される前にみかんに近づいて観察。

まず、あけた穴を掘るように食べ進んでいって、それにつれて穴もだんだん大きくなり・・・

半分まで食べたあたりで、今度は反対側から食べ始め・・・なるほど、食べにくくなったら、食べやすい方から再スタートするらしい。

なんとなくやっているだけなのか、それともメジロは効率的で無駄のない働きかたをするコトリなのか? てっきり、最後までみかんの中を真っ直ぐ直進し続けるものと思っていたので、メジロをバカにしてはいけないなと反省〜。

それに、クチバシの素晴らしいドリル痕(あと)に感じ入りまして、久しぶりにまた小鳥を飼い衝動に襲われました。

江ノ島にニャンコに富士2020/01/03 11:47

元旦の日の江ノ島です。

今回の年末年始は好天に恵まれているので、富士山を見られる日が続いています。

冬季は遠方の富士がよく見える確率がぐっと上がるので、キレイな夕日に富士山が浮き上がる様子を見られますし、そこへ今の季節は宵の明星も西の空に浮かんでいたりして、夕景が楽しい季節です。(宵の明星は11月〜4月まで西の空に見られる)

 

ということで、お正月の江ノ島周辺の様子をひとつ。(奥に富士、写真左はシーキャンドル)

 

ライトアップ中の江ノ島は、シーキャンドル(江ノ島灯台)を中心に、全ての道に電飾が施されているので、幻想的で寒さを忘れます。

なので日が暮れても、寒さも時間も忘れていつまでも遊んで回ってしまいます。

辺津宮から奥津宮へ続く途中の道に、


辺津宮から中津宮へ続く途中にある木道。

公園も道も地面も樹木も電飾で光っています。

中津宮と奥津宮の途中の参道から見たシーキャンドル。観光客も参拝客も、この場所で次々と立ち止まって写真を撮っていました。


今日はどんなニャンコに出会えるかな?……と期待つつ、聖天島公園から江ノ島に入りましたが、その日聖天島公園付近にニャンコを見かけることはできませんでした。そのかわり、参道のお店の前で何匹かのニャンコを発見……江ノ島の猫たちは、冬だけに寒そうにしているものの、いつものように元気そうでした。

寒いといってもどちらかといえば暖かな冬。外で暮らす猫にはラッキーですね。


明確ではありませんが、この子には首輪があったような……放し飼いのニャンコ店長だったりして……やっぱり冬場は暖色の茶トラに目が温められますね。


※バタバタと騒音をたてて駆け寄ったり、追いかけ回したりしないでね。寝ているところを撫でると叱られることもありますよ。 from江のニャン


今年も開催しています、コッキング苑の色とりどりのチューリップ&ライトアップ。

冬になっても電飾と花と灯台と海の幸でいっぱいの江ノ島は、こうしてみると1年中賑わっています。

それに今年はオリンピックのセーリングがこの地で開催されるので、当面はお祭りムードが続きそうですね。

ともあれ、良い一年になりますように。

また大涌谷へ2019/12/29 20:26

大涌谷への入山規制が解かれているので、またジオパークへ、黒たまごをGETしに出かけました。今日は”ジオパークでたまご三昧”のお話です。

 

箱根へはいつものように西湘バイパスを通って行きました。

台風で破壊された西湘バイパスのパーキングには、今は仮設の休憩所(トイレ&自販機)が設けられていて、駐車スペースは減っているものの、暖房で暖められた落ち着いた仮設トイレを使えるようになっていました。

パーキングエリアの建て物も、台風直後は内側が破壊されて痛い光景でしたが、今は中が片付けられていた様子。

しかも構造そのものは、しっかりそのまま残っていたので、もともと頑丈なものがそこに作られていたのだなぁと感動してしまいました。

破壊のアトが痛々しいのですが、見るからに屈強そうな建物を見ていると、また再開されて賑やかになるに違いないと思えて元気になりますね。


さて、一路ターンパイクを経由して箱根へ。

ところどころ路肩に雪が残っていて、標高が高いところはすっかり真冬の寒さでした。

途中の眺望ポイントにも降り立ちました。雲とガスで海と空の青が不明瞭ですが、今日は、彼方の海に初島(はつしま)と大島(おおしま)が浮かんでいるのが見えました。


大観山レストハウスの黒たまご。こちらも「食べたら7年寿命が云々〜」と延命ロマンが袋につづられています。

大涌谷に入れない間は、この大願山のレスハウスで売られている黒たまごをよくいただきました。(微妙に燻製っぽくなっているところが美味しい)

ニワトリに両足飛び蹴りを喰らっても仕方がないほど、卵と鶏肉を食べるのが好きだな……。

余談ですが、昔、1度だけチャボをつがいで飼ったことがありましたが、ヒヨコから世話をして育てていると情は入ってしまって食べられなくなり、山里に住む知り合いに貰ってもらったことがありました。……そんなものですよね。

 

さて、話は戻って、大涌谷に入山できるうちにGO〜ということで、大涌谷ジオパークへ。

今日の大涌谷駐車場への渋滞は、いつもより距離は長めでしたが、渋滞が始まった地点から駐車場まで到達する時間は少し早かった印象です。

*渋滞はゲートのところから駐車場まで平均1時間。今回はゲートより1キロほど下から渋滞が始まりましたが1時間半くらいだったかな?2時間かからずに到着

 

おなじみの話題なので繰り返しになりますが、また黒たまごを食べて延命した可能性。

参考までに、こちらは黒たまご館の袋。

延命に関する楽しげな伝説が綴られています。

こちらはいつもの黒たまご。

大涌谷の常連だけに、これまで食べた数があまりにも凄すぎて「1個で7年寿命が延びるとしたら一体?」……のびた寿命の計算がもはや不可能で、ヤバい。

明確に言えることは、このまま本当に寿命が延びたとしたら「将来、人外さん」ってことになりますね。(思い当たる個数で計算機を叩いた段階ですでに500年は超えてしまっている)

ま、延命伝説はさておき、今日の大涌谷は冬の地獄谷らしく煙がモクモクでエネルギッシュでした。

国内外の観光客もたくさんいて、皆さん楽しそう。

とりあえず今年の見納めってことでグルリと園地を散策しながら大地のパワーをもらって帰って来ました。


冬のおおやま(こま参道〜阿夫利神社下社)2019/12/10 14:36

先週末はおおやま(伊勢原市の大山)へ出かけました。

目的は散策がてら味噌と豆腐を買うこと。

この日も朝から富士山が見えていて、いつの間にかまた冬が来たのだな〜と思う日々。

(冬はガスがかからない日が増えるので富士山が見える日も多くなる)

寒いけれど、冬景色を楽しめる季節になりました。

 

おおやまのこま参道付近では、まだモミジの紅葉がすすんでいない場所があって、見た目は秋でした。

参考までに、こま参道を3分の1ほど登った付近と……


こま参道のもっとも上の付近……。


いつもの皇帝ダリアもシーズンを迎えて開花中でした。

(早い時間に山陰に入る場所なので夕方みたいに見えています)

湘南では、今くらいの時期に方々でこの花が咲いているのを見かけることができます。ふと、近所の皇帝ダリアも咲いていないかどうか、様子を見に行きたくなりました。

 

いつものサネカズラも実をつけていたので1枚。海に近い我が家のサネカズラはとっくに実がなって、しかもトリに食われてあっけなく終わってしまいましたが、標高が高いところでは今が見頃の場所もあるのですね。

 

ケーブルカーの途中駅(大山寺駅)の景色。

家族みんなで眺望を楽しむ様子が、また良い景色になっていますね。

 

トンネルを出ても秋のトンネルが続いています。枯れ気味の葉っぱが混じってフワフワ感がありますが、黄色やフワフワが暖かく見えていい感じです。

 

おおやまでは、すでに恒例のモミジ祭りは終わっていて、行楽や観光のお客さんはいつもより減っていましたが、冬を迎えたとはいえ、おおやまの景色あいかわらず壮観でございました。

 

おおやま阿夫利神社からの景色を眺めたあと、阿夫利神社駅のそばのお店でビールをジョッキでゴックゴク〜。

こってり厚着した体にノ〜ロノ〜ロ散歩する程度のしょぼい運動……そんなこじつけのような汗をかいたにすぎませんが、やっぱり汗をかいたあとのビールはおいしゅうございますな…。

 

おおやまケーブル駅の周囲の桜。降りた側のホームの向こうに何本も木があって、こうして花が咲くと目をひきます。たぶん十月桜? この日は花がたくさん咲いていました。

 

帰路、こま参道を下りながら、お目あての豆腐も味噌もGETして、この日の“やることリスト”はすべて完了。せっかくなので、帰りの道すがら、豆腐を使ったフワフワなお菓子や、豆腐を使ったサクサクのメンチカツを食べ食べ家路につきました。

夕方、今度は夕暮れの富士山を見ながら走行。

いよいよ、冠雪した富士の景色が楽しい季節になりましたね。