壊れた森とさまよえる野生動物とカタツムリと2020/10/09 14:03

ついに先月は、1度しか更新しませんでしたね・・・。

くどいようですが、昨年のはじめ頃に目の前の森が壊され、大きな建物が建って以来、意気消沈してしまったようなところがございます。その森に家族で名前をつけて親しんでいたので、いつまでたっても残念さが消えません。

人口の減少で2つ3つとなりの市では、空き家問題が起きていて、そういった空いた建物やエリアが方々で増えつつある昨今、新たに森や山をわざわざ破壊してまでして開墾・造成する必要がどこにあったのかな?と思います。

とにかく目の前の森が消えてからは、それまで庭の木々や花々に集まってきていたハナバチやハナアブや蝶々・・・いろいろな生きものが激減してしまい、庭で観察できていた四季折々の変化がガクンと減ってしまいました。

なんとなくブログの更新回数が減り始めたのは、それからだったと思います。

そこへきて最悪だったのは、森野破壊で生息環境を追われた数種類の野生動物が、頻繁に庭にやってきて荒らすようになったこと。

彼らにしてみれば、いきなり生息環境を追われて食べ物に困ったわけで、ヒトの行為の結果なのですが、空腹が半端じゃなかったのでしょう、庭の水瓶のガードを破壊的なパワーでブチ破って、長年育てていた小魚や金魚を食べ尽くしてしまいました。

たまたま、あまりにも体が小さかったために、野生動物に気づかれずに済んで辛うじて生き残ることができた金魚も、荒らされたときに傷をおったのか間もなく死んでしまい、もうこれを続けるとのは気持ち的にムリだなと・・・。

それで、それまで庭で展開していた趣味や楽しみを、色々とやめちゃったのですよね。

不意にガクッときたような・・・あまり神経や労力を書けずに地味に行こうと思いまして。

 

他にも、このブログ発信する情報も、内容によっては住んでいる環境が住みにくくて不便で不安な場所になり得ると痛感したのが、巷でコロナが席巻するようになってからでした。

元々観光地でもあるので、仕方がないのかも知れませんが、今現在よりもコロナがひどかった頃に湘南海岸に押し寄せていた車と渋滞は、不便さと不安を増すばかりで、すっかり外へ出なくなりましたし、考えもなく住んでいる地域の情報を発信するのはいけないな、と。


今は、新しいウィルス病との共生に慣れも出てきましたが、迂闊なことは言わぬが仏・・・という具合にいろいろあって、未だに更新意欲は低下気味ですが、せっかく何年も続けていたこのブログ、このところ休み休みになっていますが、まぁ、趣味なので、のらくらやっていけばいいかと。

ということで、先月はついに1回しか更新しなかった生きもの見聞録ですが、ここでちょっとまとめて、最近の身の回りの生きもの&自然のことをお話ししておきましょう。

 

やっと昨年の豪雨で壊れた外構の工事も一段落して、庭で遊べるスペースが増えました。そこへポツリと通りかかったカタツムリ。

新しく造られたばかりの花壇で、一番最初に見つけたお客さんはこのカタツムリでした。石組みと黒土の間でいい具合にカモフラージュされていますね。


こちらは先日の朝の富士山。

愛でていた眼の前の森が消えたことで、西日が直球でガンガン入ってきて夏場の暑さが増しましたが、こうして富士が見えるようになっちゃったので、富士の様子を家から確認できるようになりました。 

こちらは夕方の様子。

これからの季節は、富士山が見える日が増えますね。

 

あとは・・・このところ季節を迎えていたキンモクセイ。

隣家に大変大きなキンモクセイの木が生えていて、普段はなんとも思わずにその気の下を行き交っていますが、秋になってオレンジ色の花が満開になると、ホォ〜ッと見上げて見事な姿に感激。

何メートルくらいあるのかな?キンモクセイって、刈り込まなければそれなりに大きくて立派な木になるのですね。


早朝と夜は、香りが強くなるのか、深夜早朝はヒトの活動が静まるので香りが蹴ちらされずに済むのか、深夜早朝はこちらの感覚自体も敏感になって香りを強く感じるのか、ともあれ秋はキンモクセイの香りに癒されますね。

 

ということで、あっという間に秋が来ました。

明日明後日には台風も通過する様子・・・刻々と季節は移っていって変化を運んで来ますね。

気持ちを切り替えて、また周りの景色をたくさん眺めて楽しみたいと思います。

寒くても春/富士山〜稲村ガ崎〜江ノ島の景色2020/04/20 16:13

先週末も、春とは思えないような嵐がやってきましたね。

その影響なのか何なのか、家の洗面台のところに巻き貝(カタツムリの仲間)が隠れ潜んでいたり、家の二階の窓を大きなカタツムリが這っていったり……、どうしたのだろうかと思っていたら予想を上回る大雨が降ってきて、今回はカタツムリたちに大雨の知らせを受けたのだなぁと思っておりました。

こちらは二階の窓を這っていた大きなカタツムリ。(新品って感じのピカピカな子でした)

このカタツムリにとって、絶好の移動日和りだったのかもしれません。このあと、大きなタライが一気に満タンになるほど激しい雨が降り、カミナリが鳴りました。


さて、大雨と大風のあとは、いつものように大気が洗われて清々しい好天に。

なので昨日は、一週間分の野菜類を仕入れに、いつもの市場(いちば)に出かけました。

こちらは、昨日の朝の富士山。

 


昨日の朝は雲が少なく、青空が大きく見えました。

 

市場(いちば)からの帰路、逗子からの景色です。(江ノ島・稲村ガ崎・富士山)


雨上がりの ”青” はきれいですね。海は、川から濁った水が流れ込んでいたので、海面はところどころで、帯状に茶色が混じっていました。

 

ところで、今現在、三浦・逗子・鎌倉(藤沢・茅ヶ崎・平塚・たぶん横須賀も含む湘南の海岸線のエリア全体)では、コロナ対策の一環で、他県からの流入を防ぐために公営の駐車場を閉鎖したり利用制限したりしています。(いくつかの民間の駐車場も利用制限がある様子)

 

ところが、昨日もまた、昼頃から夕方まで海岸沿いの道路を中心に方々で渋滞発生……。

いつものように週末の午前中に出かける市場(いちば)に、昨日も野菜を買いに出かけていたわけですが、市場からの帰り道、行楽の車の渋滞に巻き込まれてビックリいたしました。

しかも、車の事故を二度も目撃して、う〜ん……カオス〜。

さすがにこのご時世です、他地域から大量に流入した車が生活道に一挙に集中すると、怖くなるかな……。

*神奈川県は緊急事態宣言が出ているエリア

 

ともあれ、今は市場(いちば)や近隣のスーパーに採れたての春の野菜がいろいろと並んでいて、野菜売り場で目がランランと輝きます。葉付きの人参や大根、フンワリ巻きの春キャベツや、香りが最高なセリ、朝採りタケノコ……旬を美味しく楽しめる季節。

味の濃い野菜をモリモリ食べて、つみたてのハーブをうさぎやチンチラと分けっこして、胃袋で春を満喫いたしましょう〜。

富士〜江ノ島〜箱根の桜2020/04/16 11:46

陽気、暴風雨、冷え込み……の繰り返しで、暑いのか寒いのか、よくわからない春を迎えていますね。春といえば空気が霞んでいるのが常でしたが、雨や風で空気が洗われる日が少し多い……おかげで、富士山を見られる回数もちょっと多めです。

富士〜箱根方面の峰々を眺めると、峰々がかぶっている雪の面積がこのところの降雪で広がったらしく、冬景色に逆戻りしています。

先日の日の出の時刻の様子です。

 

こちらもつい最近の、雨上がりの朝の様子。

遠くの景色を眺めていると、クサクサした気分が吹き飛ばされますね。


こちらも先日の湘南平からの眺め。遠くに江ノ島が見えていますね。

所用で平塚に出かけたおりに、いつものように湘南平へ登って公園でお昼を食べた時のものです。きっと外出自粛の影響なのでしょうね、ここ最近は公園やグラウンドといった屋外のオープンスペースにいつもより人が集まっていて、この日も桜の終わった公園に人がそこそこ出ていて賑やかでした。

せっかくなので、江ノ島にズーム。風や雨のあとは江ノ島がよく見えます。

 

この日は湘南平からそのまま箱根方面へプチ・ドライブ。遅れて咲くはずの桜を見に行きました。箱根のあたりまでくると、天気は曇天に。

いつものように、箱根峠の標高が高い場所では今になって桜が咲いていて、大きな峠全体が、新緑のライム色や桜の木の白や桃色でモネの絵のようにフワフワしていました。


旧東海道を越えるあたりは雨天で、ちらほら雨が降りだしましたが、それでもきれいな景色に変わりありませんでした。

かつてレジャー施設と駐車場があった場所に、今も咲き続けている桜と、


コブシと、


アセビと……。


山の上には、麓(ふもと)から1ヶ月遅れで春がきていました。


今年は、住んでいる地域が自粛要請エリア→緊急事態宣言区域 で、家族でのんびり花見をすることができませんでしたが、車中から遅ればせながらの花見学。峠の山々に咲く桜を眺めることができました。

満開のサクラとアヤメ2020/04/03 15:03

その昔、みんなで植えたソメイヨシノが今年も咲いています。(電柱・電線が邪魔ですが…)

ソメイヨシノの老木が並ぶ桜並木で、すでに15年前には「昔の勢いがない」と毎年のように先輩方にぼやかれていましたが、個人的には、老木らしい儚げな感じがいいと毎年にように思っておりました。

ところが、今年はなんとなく木に勢いがあるように見えるのは気のせいでしょうか?

 

……まぁ気のせいでも、ずいぶんモリモリと咲いているように見えるおかげで、満開の花でパッと明るい気持ちになりました。

桜並木に立ち止まって写真を撮る人がチラホラ・・・車をとめて撮る人もチラホラ・・・何もせずに通り過ぎるにはあまりにキレイで、老若男女を問わず、カメラを構える姿を見ることができました。

日当たりが良い場所の桜はすでに散り始めていますが、ちょうど今が満開の場所の桜は、あふれんばかりの花を咲かせています。

 

来年の今頃、またキレイな満開のサクラに会えるといいですね。

 

桜並木の通り沿いの畑に、何箇所かにまとめて植えられているアヤメ?……模様と色の感じがアイリスっぽい?……ともあれアヤメ系の花が清々しい青さで人の目をひいていたので1枚。

日当たりがいい場所でのびのびと咲くアヤメの花は国産でも外国産でもステキですよね。

自宅のアヤメはまだまだ咲きそうにないので、驚かされました。


参考までに自宅のアヤメその1。まだ葉っぱだ〜花の気配なんてない〜。庭の南側に植えられていてこの状態なので、国産のアヤメの仲間たちはまだまだこれからです。

 

こちらはアヤメその2。寒の戻りで降雪があった4日前(3月29日)の様子です。初夏の頃から日当たりがよくなる場所に置かれているからか、庭の南側のアヤメに比べて動き出すのがかなり遅めです。

なので、桜並木のそばの畑で咲いていたアヤメっぽい何かは、きっとアイリスの仲間に違いありません。

……そういえば、今年はついに、鉢植えのドワーフアイリスが咲かなかったなー。大抵2月〜3月あたりで咲いてたのに。こんなこともあろうかと、すでに新しいアイリスの球根をGETしておりまして、来年の今頃は庭にアイリスが咲いているかもしれません。

 

話をソメイヨシノに戻しましょう。

ソメイヨシノが終わる頃って、春真っ盛りなので(南関東)、このあと花が散って少し寂しくなっても、方々でいろんな花が次々と咲いて和まされますね。

とにかく間に合わないほど、あちらこちらで花が咲くわけで、毎日庭へ出たり、近所を散策したりするのが楽しい季節になりました。

さくらが咲いた2020/04/02 12:54

今年も近所の沿道の桜並木が満開になりました。花見がてらに散策を楽しむ人の姿を、今年は見ることができませんが、それでも桜の花は変わりなく満開で、季節はどんどん過ぎていっているようです。

せっかくなので、ほぼ満開の桜の様子をひとつ。

先日ある花を探しに、夫婦池という緑地まで足をのばしたついでに、“独り花見”をいたしました。

散策しているうちに風が強めに吹きはじめて、池にさざ波がたちました。

(このあと天候が崩れました)

新緑と桜と池は静寂に包まれていました。


桜は、花だけでいっぱいの木もあれば、新緑を見せながら咲いている木もありました。同じ桜でも種類が違うのか、天候が複雑なのか、日当たりの条件で開花の仕方がまちまちなのか……いくつかの表情が楽しむことができました。

 

緑地の中では、オオイヌノフグリが点々と水色の花を咲かせている最中で、地面はけっこう賑やかです。

タチスボスミレは青い花を開花中。この野生のタチスボスミレの種が動物によって運ばれているのか、うちの庭にも、どこからともなくやってきたタチスボスミレがポツと咲いています。

 

水色のハナニラも所々でまとまって咲いていて、ピカピカな感じの星型の花が目を引ききました。


遠くに咲いているのをズームで撮ったこの花↑は、たぶんムラサキハナナかな?

地面の方々で青系の花をたくさん見ることができました。


シャガは咲き始めたばかり。ごく近所にシャガが群生している場所があるので、タイミングよく通りかかる機会があったら、また写真に撮っておこう……と思いました。

 

緑地内にいくつかある小さな湧き水のひとつです。

湧き水の周囲は地衣類や生えだしたばかりの草が青々としている様子がよくわかりました。

これからまた、周囲の草がうっそうと茂ってくるのかな……?ともあれ今は新緑が清々しい季節ですね。

モクレンが咲きました2020/03/11 11:35

今年も近所のモクレンの木が満開になりました。

毎年たいてい春の嵐の頃に開花を迎えるので、満開に近づくまで待っているうちに、途中で激しい風雨に2〜3度やられてしまいます。


昨夜も春の嵐がゴーゴー吹き荒れていて、今朝は地面に花びらが散り落ちはじめていました。
春の嵐が来る前から咲いていた花から、順番に終わりはじめてもいるのでしょう……いずれにしろ、今日の日中は大変な暖かさになる様子ですし、いつものように、やっと咲いたと思ったら、もう散りはじめた模様です。

強風でところどころ茶色く傷ついている花もありますが、やっぱり美しいですね。

 

ほぼ満開に近かったからか、木のそばは花の香りに満ちていました。

嵐の翌朝が晴れた日は大気からゴミが一掃されているので、白い花が映えるほどの青空。

清々しいですね。

わずかに日陰になっている部分をよく見ると、同じ白でもやさしい白色をしていることがよくわかります。

全体の様子がよくわかる位置から1枚。「いつまでもこの場所にいてください」と今年も言わずにはいられない……というのも、昨今の開発の影響で、近隣ではこの3年の間に次々と高木が何本も伐採されてしまいました。なので、今年も無事に花を見られて嬉しい限り、大きなモクレンの木に満開の花をまた来年も見られますように。

それにしても、ここは日当たりが良いのでしょう、早めに咲いて早めに終わります〜。