アゴにきた(一番刈りの新牧草)2019/12/04 17:33

今日はうさぎのフィーくんの近況です。あと三ヶ月で9才になります。上の写真は人参の葉っぱをハミハミしている様子です。

長年常用している牧草の新牧草が少し前から出回っているので、今年も同じようにフォーダーいっぱいに詰め込んで、たくさん食べてもらっているところです。


うさぎのフィーくんにとって、この愛用している牧草はよほどおいしいらしく、大抵は食べきることがほとんどでしたが、今回の新牧草はいつもより硬く感じられているのか、食べやすいものかさら先に選んで食べている様子。


さすがに一番刈りの新牧草の硬さがアゴにこたえる年齢になったのでしょうね。


もちろん、硬い牧草をまったく食べなくなったというわけではなく、先に軟らかなものから選り分けて食べたあと、食べやすい牧草がなくなってからフィーダーの周囲に残っている硬いものもチビチビ食べている模様。

こちらは床に散らばった硬い牧草です。


牧草はフィーダーにたくさん詰め込むので、軟らかな牧草を食べ尽くした直後は大量の硬い牧草がフィーダーの周囲で山のようになります。この硬い牧草が全て無駄になるわけではなく、ここからまた、より食べやすいものを選り分けながら食べている様子です。

ですが、これまでに比べて廃棄される硬い牧草は増えました。

・・・ 1番刈りの新牧草は、だんだん咀嚼が難しくなってきているのかな?


新牧草の期間が終われば、同じ一番狩りの牧草でももう少し食べやすくなるはずなので、あとしばらく、頑張って新牧草をハミハミしてもらおうと思っています。

 

ともあれ、食欲は大変旺盛ですし、餌の時間も元気前回のはしゃぎようで、噛み合わせのトラブルもこのところ起きておらず、いたって平穏な毎日。

強いて難点を言うなら、まだ冬毛になっていなくて薄器のような状態ですが、こうなることは予測していたので、とくに問題になるでもなく……すでに寒さ対策のためのバリケードを作っていて、少し前からケージのところだけ常春の暖かさになっていますので、換毛が間に合わなくても大丈夫。

ただ、冬毛になっていないぶん、体温調節がうまくいかないと思いますので、冬は室内の散歩も減らし気味。当面はケージの中がいちばん楽しくて暖かくて安心できる場所になりますね。


うさぎ、イロイロとゆるんでますが意欲的2019/10/23 12:07

うさぎのフィーくんです。(8才7ヶ月)

こうやって見栄えのいい角度から見ているだけなら、普通にかわいいウサギです。

 

じっさいは、またもや口元に水とかヨダレとか汁とかが浸み出したままになっていて、数日前から、とりあえず「いつでも獣医へGO」の体制です。

でも、口の中のエキスを口の脇からしたたらせているからといって、必ずしも歯のトラブルや口腔内の怪我とは限らず、なんとなく漏れている状態が続いているだけで、ふいになんともなくなる場合もございます。

ちなみに、今朝はこんな感じで野菜の青汁が付着。昨日は水っぽい何か(たぶんヨダレ)でしたが、今朝のように青々とした葉っぱを頬張ったときは、青汁が顔の模様と化すのでした。

きっと老化で口(顎の筋肉)がゆるくなっているところへ、グルーミングも昔のように上手ではなくなっていて、このような展開になっているのでしょう。

ヒトでいうなら、爺ちゃんの柔らかくなって剃りにくくなったヒゲの剃り残しに、朝ごはんが付着している感じかな……。

もちろん、ほんとうに獣医へ行かねばらならない状態のときはすぐに連れて行きます。


参考までに、噛み合わせのトラブルが現実に起きている場合は、牧草や副菜を食べなくなり、盲腸便も食べ残しが増えます。そして頻繁に口をクチャクチャいわせるか、場合によっては不正咬合で口の中をケガして口元に血がにじんでいたりもするので、通常の健康チェックで気づくことができます。

そんなフィーくん、今現在は連日のように豪快に食べまくっています。仕入れた牧草は今は新牧草で、よほどおいしいのか超ハイペースで食べるので、結果的に水をたくさん飲んでいて水の減りも早く、目下“大いなる食欲の秋”を迎えている模様です。なので口元の汁やヨダレは今のところ経過観察でOKかと。


こういう食欲旺盛なときって、副菜と言いながらついイロイロとあげたくなります。

ですが、そうやってこちらが油断すると、すぐに歯の咬合が悪くなるようになったな〜と感じているので、いろいろあげたい気持ちを抑えて、ギューギューに詰め込んだ新牧草をひたすら食べてもらっています。

さて、口元チェックの終了後は、いつものニャンコとの異種間交流。


2匹の間でなんらかの合意にいたったのか、いたっていないのか……愛猫のお気に入りの場所をウサ兄が占領中。

❇︎ニャンコ界のルールでは、お気に入りの場所は先に占有した者勝ち

「ふぅ〜ん」「へぇ〜」「ほぉ〜」「ははぁ〜ん」「ふんっ」「けっっ」「ちっ」……みたいな、かなり単純な会話をしているように想像してしまいます。

このあと、フィーくんはソファの上へあがろうとして失敗。気づけば、いつの間にか椅子の背にかけあがることができなくなっていて、よろけて転んでしまいましたが、上手に転んで起き上がる様子は、まるで”おきあがりこ法師”のごとし……フツーに軽やかです。

……まぁ、このところジャンプの成功率は低下の一途をたどっておりますが、そうやって活動欲求があるうえに、上に登ろうという意欲的なところがGOOD

やっと秋らしくなって食欲も運動欲求も増した昨今、季節が快適なうちに、よく体を動かして運動してもらいましょう〜。

今更夏毛へ移行中2019/09/12 14:39

再びウサギのフィー君の換毛事情です。

お話をわかりやすくするために、前現在のうさデータをお伝えすると、すでに8才半、かなり小柄(この2年間の平均体重は710グラム前後)

若くて充実していたときから比べて50グラムほど痩せていますが、日々食べる量はそれほど変わっていないし、大人になって以来、これといった病気に罹患することもなく元気です。

(痩せているのは栄養を吸収する力が次第に弱まってきているからでしょう→たとえば老化で腎臓の機能が若いときよりも低下していたり〜)

で、話しを換毛に移しましょう。

昨年はマトモな換毛がなかったも同然の状態だったというのに、思い出したかのように全身の換毛がはじまったのは、8月に入ってしばらくしてからのこと。

しかも通常のフィー君のリズムだと、以前なら7月には始まっていた換毛でしたが、今回はかなり遅くからはじまったうえに、まるで毛に入れ替わりに手こずってでもいるかのようにま〜だ終わらない……だからこちらも一向に気が抜けません〜。


ブラッシングをすると、いまだに柔らかな毛がキリがなくとれるので、少しでも暑さがマシな時間に外へ出ては、換毛の手伝いをしております。今朝のように、多少勢いのある風が吹いているような日は、蚊も飛んでいないし、梳きとった毛が風にサーっと流されて、手入れがとってもラクでした。

(風がなくじっとりとした日は集まった蚊にたかられ梳いた毛は汗ばんだ腕や顔や湿った服にまとわりつき「ゔゔ〜」って感じに)

目下、被毛は3層のマダラ模様になっています。首元の”オシャレ襟巻き風”な毛は、ほとんど抜けて生えかわり待機中。
チャイ・ラテ色の被毛でしたが、換毛の途上の今はグレーの毛の色が目立っています。

こちらは一部分のアップ。


それにしても、いい加減に換毛が終わる兆しがみえてもいい頃なのになぁ〜、老ウサギ的にはそれなりに大変なイベントになっているのだろうに。とはいえ、今回はかなり久しぶりに全身の毛が生えかわるような、まとまった換毛になっているので、まだまだ達者な証拠だと喜んだりもしていて……飼い主的には「かえってきた換毛」って感じです。

ゆっくりと後ろ足で立ち上がりかけて↑……この直後に、コロンとひっくり返りました。

ここ数ヶ月は、後ろ足で立ち上がってもすぐによろけて転ぶか、途中の半立ち止まり(中腰)になっていて、月単位〜季節単位〜でジリジリと衰えていっていますが、それは身体的な能力の部分。好奇心はあるし、囃せば嬉々として踊るし、ケージの前にいる人に向かってアピールするし、衰えていない部分もたくさんです。1日2回のペレットの時間も、”ケージに手を入れられる→怒” ということで、ヴァゥヴァゥ言いながら頭突きをせんと突進してくるというふうに相変わらずの怒りん坊です。転んだり怒ったりしているうちがハナ。


とにかく動物の特権って、どんなに老いてもフケて見えないところ、ですよね。

この換毛が終わると夏毛。あきたけなわの頃に夏毛ってのもなんですが、次にブログでお目にかかるのは、きっとこざっぱりとした毛になっていることでしょう。

思い出したように観桜/シニアウサギ2019/08/27 17:59

8月も下旬頃になると、沿道の桜の木の葉が、ハラハラと落ち始めます。このところは朝になると、道に散らばった桜の木の葉を掃き掃除する音が聞こえるようになりました。

これから桜の木が裸木になるまで、朝の掃き掃除の音を聞くことになり、外の景色は一足先に秋模様……。

そんな今日は、老ウサギのフィー君のお話です。

愛兎は、今夏はまるで思い出したかのように、かつての夏のような換毛期が訪れました。

なので、目下くまなく全身の毛が生え変わり中。

若い時と唯一違う点は、フニャっとした猫の毛のような毛からフニャっとした猫の毛のような毛に生え変わっているというところでしょうか。

(昔は夏の毛はサラッとしていて固めだった)

あと、全体的に毛の量が減って薄い感じがするのは仕方がないのでしょうね。

それにしても、久ぶりに丸ごと感のある換毛なので、本人もグルーミングが大変なハズで、すぐに毛をのみこんで腹痛を起こしそうな気配。それでこのところは毎日のように、集中的に毛を梳いて換毛のお手伝いをしています。

 

きっと今回の換毛では年齢的にそれなりの体力を使ったことでしょうね、まだまだ元気な証拠とはいえ、お疲れサマと言いたくなるくらいに、連日大量の毛がハイペースで抜けていっています。

 

抜けて行く毛が1万円殺だったとしたら、すごい金額だろうにな。

 

この角度から見ると抜け毛中のマダラ感が多少は伝わります?(背中から脇のライン)

胸元に襟巻き状にあるハズのフサッとした毛は、ほぼぬけて腕の上にわずかに残るのみになっています。

ともあれ、今から夏毛かぁ〜〜〜……。

若い時より1ヶ月〜1ヶ月半くらいタイミングが遅れました。

この調子だと、秋らしくなった頃に完全に夏毛に変わるはずなので、薄い毛のまま晩秋〜初冬に入って寒々しい状態になるので、今年も早めに冬向けの保温を開始してあげなければなりません。

なので本人(本兎)の体毛がアテにならない以上、環境管理にそれなりに気を使いますが、性格的に神経質で怒りん坊な子が、ケージの中で気持ちよさそうにまどろんでいる姿を見ると、癒されるし嬉しいし、「よっしゃ〜」って気持ちになりますね。

シニアウサギ再び歯のカットへ2019/07/04 11:54

昨日の朝、いつものように朝の手入れの時間にウサギのフィーくんのケージへ行くと、餌の大半が手付かずになっていました。

 

これがおととしまでなら、換毛でたくさん抜けた毛をグルーミングで飲み込んでしまって、お腹に毛がたまって痛くなっているのだろう……ということで獣医へ行くか、ストックの腸のお薬を飲ませるかのどちらかでした。

今はもう抜ける毛が少なくなっていて、換毛でお腹が痛くなることもなくなっていますが、そのかわりに、昨年の秋から“歯”の問題が気になるようになりました。

(歯と歯が擦り合わさって自然に削れるという作用が老いるとスムーズにいかなくなる)

 

というわけで、昨年の秋以来の食欲ダウン……しかも明らかに痛そうにうずくまっているので抱きあげて口の周辺の様子を見ると、今回はヨダレではなく口の両サイドに血をにじませておりまして、とても驚きました〜。

こちらは口のケガ発見直後に、全身のチェック中に撮った写真です。

いつも見ている人間でなければ分かりづらいのですが、”うずくまっていたい” といった感じで、体を小さく丸めがちです。あと、右目は微妙に涙目です(涙目になったアト)

写真のフィーくんのすぐ真下に猫がいますが、いつものように真下にいる猫を ”覗き下ろす”こともしませんし、後ろ足立ちもしません。とにかく丸まっていたいといった様子。

正面からは、口元に固まって茶色になった血の塊が見えますが、仰向けにすると鮮血が……しかも血がとまらないのか、ずっとにじみ出てきている状態が続いているようでした。

特に右側の口元は鮮血の量が多かったので、いったいどうしたのかと、心配いたしました。


ふと、幼い頃(飼い主が小学生の頃)に、2段ベッドの飛び降りごっこで、顔面着地して舌をグサッと噛み、口から血を吹き出したことを思い出しました。血がなかなか止まらないし、血の出る勢いがすごくて痛みよりそっちのほうが怖かったよな……と。

まさかウサギがそのような愚かなチャレンジをすることはありませんが、ジャンプして滑って転んだ拍子に、顔を床に打ち付けて口にケガをした? というふうに、かつての経験から想像してしまったのでした。

(あれも梅雨の夜の出来事だった→長雨生活に退屈した子どもに訪れた惨劇)


で、話はウサギに戻って、もちろんすぐに獣医を予約して、当日夕方、10ヶ月ぶりに治療へGO〜

 

結果は……去年の秋のときと同じでした。咀嚼(そしゃく)に問題を与えているらしい歯が微妙に伸び過ぎているものの、その伸び過ぎの具合は、ほんのちょっとだけ。

「ほんのちょっとでも伸びた歯を気にする子と、口に刺さるほどに伸びても気にしない子がいて、この子は気にする子……云々」とのお話も昨年と同じでした。


なので伸びたといっても、切ってもらった歯はチビっとしかありませんでした。

では、なぜ舌はザクザクに? 


獣医さんいわく、「この子は体がとても小さい子なので、口も小さいし、なので歯に大した問題がないように見えても、この子にとってはコレ(チビっと伸びた状態)が限界の状態なのでしょう。」

きっとそうなのでしょうね。チビっと伸びただけの歯であっても噛み合わせを狂わせ、フィーくんはいつものようにザクザクと牧草を食べるノリで、思い切りよく舌をもザクザク噛んで大変な状態になったのかもしれません。

またはジャンプで滑って顔面着地……それはない?(たぶんナイ)なんとも言えませんが、じっさいに足腰も弱っているので、でも嬉しいときと遊ときは首をフリフリして跳ねるわけで、これからは「何が起きても不思議ではない」と思うことにいたします。


診療中、フィーくんの舌の怪我の様子をスコープを使って見せてもらいました。

人間が食べ物を食べるときに ”こすり合わせる” といった感じの歯の使い方はしませんが、もし人間でも、画面に映し出されているような深いケガを口の中におってしまったら、「激しい痛みで全ての意欲を喪失するだろうな、絶対に〜」そう思いました。


診療の最後に、獣医さんに、口の周りの毛にこびりついた血の塊りを優しく梳(す)きとってもらって、ウサギのセクシー口元復活完了……。診療中もまだ出血は続いていましたが、「ケガはすぐに治ります」とのことで、薬もナシで済みました。

もちろん、もし食欲が戻らないようなら再診の必要がありますが、翌日の今日は出血もなく、大好物の乳酸菌タブレットをあげると「ガウッッッ」と勢いよく食らいつきました〜。

この調子なら、あとはどんどん回復するばかりでしょう。

ウサギ8度目の春2019/03/13 11:32

うさぎのミフィことフィーくんです。

(まぎらわしいので愛称で書かせていただいています)

もうすぐ8歳の誕生日です。

すでにスーパーシニアのラビットフードに切り替えていて、ネザーランドドワーフ用のペレットとの混ぜご飯を食べています。(スーパーシニア用2:ドワーフ用1)

写真のポーズは「葉っぱください」「ペレットください」の後ろ足立ちです。

 昨年の秋に歯の調子を悪くして獣医へ行っていらい、牧草の量を増量しまくっておりましておかげで歯と顎のコンディションは無事に保たれていますが、副菜やペレットへの渇望感は増している模様です。

今朝も副菜の野菜(人参の葉とパセリ)をもらってモグモグやっていましたが、野菜の汁が口から溢れ出して、口の周囲やアゴの毛は青汁まみれに。

水分の少なハーブでも、ボタ、ボトと汁を落とすこともあるので、口の締まり具合を気にしながらの副菜タイム。老いの影響なのか、食べるのがヘタになってゆく一方ですが、食べたい意欲は減退していないので、この調子で穏やかに過ごせたらいいな〜と思っています。


ハムちゃんもウサちゃんもそうですが、自力で食べられる状態が保たれていることってすごく嬉しいことなので、これからもつとめて健康な状態を維持していこうと思っています。

 

さて、今冬も薄い毛のままでの越冬になりました。当たり前とはいえ、昨年よりもさらに毛の質が寒い感じ(毛の密度が低くて薄くホヤホヤとした毛が生えている)でしたので、どちらかといえば暖冬だったおかげで過ごしやすい冬になりました。この調子で今年も元気&ラッキーですごせますように。


昨夕の爪切りTimeの様子です。

うっかり深爪して流血沙汰にならないよう、明るい窓辺で爪を太陽光に透かして見ながらの爪切りです。

ここ最近、爪切りのときに感じることは、あまりビクビクしなくなったし、暴れなくなったなぁ〜ということ。

パチンとするたびに、首や耳を“振るッッ”としたり、後ろ足で“エアキック”したり……しなくなりましたし、後ろ足の爪切りでは必ず途中でバタバタ暴れて何度も中断していましたが、それもなくなりました。


もしかして、爪切りで何度か痛い思いをしたことを忘れてしまったのかな? まぁ悪い記憶なら消えてくれてもいいけれど……。

(赤い持ち手のハサミはウサギ用の爪切り)

この3〜4ヶ月のあいだに、良くも悪くも爪切りがしやすくなったわけで、これも経年の変化のひとつなのだろうと受け取っています。

もともと少しばかり気難しい子だったので、緊張がゆるんで良かったのだろうし。

 

そんなこんなで、春といってもウサギのケージの暖房器具はまだフル稼働中で、フィーくんにとって暖かな春が訪れるのはもうちょっと先になりそうです。


いずれ暖かくなって、また庭で“うさんぽ”できるようになる日を楽しみに待っています。