冬バラの手入れ完了2020/02/05 17:40

1月下旬に冬バラの剪定を全て終え、切り口に癒合材を塗布して、あとは鉢植えのバラの植え替えをするばかりになっておりました。

 

そして昨日今日と、日暮れ前の2〜3時間ずつを冬バラの手入れにあてまして、一大イベントでもある年に一度の冬の植え替えを完了いたしました。

この冬バラの手入れの期間って、昨年の成果の良し悪しを思い出しながら「この1年、素敵に咲くといいな〜」というふうに改めて期待を大きく膨らませて再スタートする機会です。バラは、あきらめなければ何度でも夢を見られる木……今年の成果が楽しみです。

 

ただ、寒くないようにと防寒して庭仕事をしていると、すぐに汗をかくほどの暖かさで、バラにも人間にも今回の冬はちょっと寒さ不足?今春のバラはどんな感じになるのかちびっとだけハラハラしています。

前回の“冬バラの手入れ”というタイトルの記事に、確か「マチルダが死んだよ」と書いたと思いますが、今日の植え替えでわずかに生き残っている根っこを発見……ただしあまりにも細々としていて今にも死にそうな状態でしたので、そこから復活できるかどうかは謎。まだギリギリ生きているマチルダの鉢を潰すにはしのびなく、奇跡を願って新しい用土に植え替えいたしまた。

 

毎年のように咲くオルラヤも、庭の方々、地面や植木鉢に落ちたこぼれ種が、今次々に芽生えているところです。

同じく、種が飛んで増えたウズラ葉タンポポも、方々から芽生え中、バラと一緒に新しい鉢へ移動させました。(ウズラの卵みたいな模様の葉っぱがウズラ葉タンポポです)

 

あとは虫の活動が静かなうちに、鉢土の表面にマルチング材を敷き詰めるだけ。

春を迎える準備は、ほぼ整いました。


コメント

トラックバック