ミヤコワスレとアジュガ2020/05/11 18:21

いつもの開花のタイミングからズレていますが、今年も庭のミヤコワスレが咲きました。

ミヤコワスレの花には何色か色違いがありますが、庭で咲くミヤコワスレはほとんど水色(ラベンダー色)のものばかりを植えています。それが年々少しずつ増え広がっているので、毎春淡い水色の花束を庭の方々に楽しんでいます。

咲き始めの様子がこちら。


日に日に花の数が増えていっているときの様子。



淡い水色の花が爽やかです。


奥と手前に別れているのは、花壇の上の一群から別れた株が下で増えたから。(ミヤコワスレ自らが株分けをはかった図)

こうしてみると、環境があえばよく増えてくれる花だということがわかりますね。

 

こちらは今日の花の様子で、すでに全体のピークは過ぎているので花は色あせはじめています。・・・にもかかわらず、こうして蝶々が遊びに来ていて、花はまだまだ美味しいし、楽しいらしい・・・。


ミヤコワスレは、庭では比較的長く花を楽しめる春の花の代表になっています。

 

こちらはアジュガの咲きはじめの頃の様子です。

おなじくらいの時期に咲くアジュガの花も、今年も目の覚めるような青い花を咲かせました。まとまって咲いている場所では、青いグランドカバーになって爽快です。

こちらは満開の頃の花の様子。ちょうどミヤコワスレの開花がはじまる頃に咲きだして、一足先に終わりますが、同じく庭の“春の花”になっています。

 

ところで、今日はびっくりするほど暑くなりました。

さらにこの後も、気温が高めの日が多くなりそうですね。

なので、春の涼しい頃に咲く花(今年はのんびり遅めに咲いた)は、この暑さで一気に終わりそうな気配。


急に夏が来た? ちょうど咲き始めたばかりのバラの花が、暑さでどうなるのか心配です〜・・・。

コメント

トラックバック