キノコ日和り2019/11/01 13:40

やっと晴れの日が続くようになりましたが、地面の土も空気も、なんとなく乾ききらない感じの日々……キノコが出ていてもおかしくないと思いつつ、ゆっくり探し回る時間がなくて残念に思っておりました。

 

……が、キノコのほうからお出ましになりまして、昨朝ひとつ、今朝もいくつか、目につくところにキノコを発見。こんなに生えているのですから、もっと探せばいろんなキノコがゾロたくさん生えていそうです。

 


上の2枚の写真は同じキノコです。一見食べられそうに見えますが、もちろん種類が不明なので食べません。

このキノコのカサのフチは、はじめに見たときは壊れていなかったのですが、いつの間にか破れてしまっていました。

大抵のキノコは柔らかくて、脆くて、すぐに姿が変わるので、見つけたらすぐに撮影しなければなぁと思いました。それにしても、ヒダの深さと肉厚感、カサの部分はこんがり焼いたホットケーキ模様がキノコ好きには誘惑的ですね。

 

これは……ヤマアカタケ?


ちょうど出てきたばかりのがいたので1枚撮影。


少し時間がたってからまた1枚、頭がメルヘンチックにとんがってきたな〜。このまま見ていたら、赤い帽子をかぶった小人(妖怪?)の顔が下からニョッと出てきたりして……。

(周りに写っているのはモミガラ)


ヤマアカタケかどうかはわかりませんが、ギョッとする赤色から不気味な黒色へと変色してゆく、ドッキリ系のキノコということだけは、見ていてよくわかりました。


小さいものはカサの径が1,5〜2センチほど、大きなものだと5〜6センチくらいかな。

真上からみたらこんな感じ。全部は写りきれていませんが、赤いカサを方々からポツポツと出していて最盛期、今日はいいキノコ日和りになっている模様です。

このレッド&ブラックのキノコも、ヒトは誰一人触れていないのに破損したみたいに壊れているので、時間とともに 黒変→萎縮→破れ ……ているのかな?

頑張って接写してみました。

周りに写っているモミガラを基準にするとキノコのサイズを想像しやすくなる思います)

よく知らないキノコはうかつに触れないほうがいいので、カメラレンズだけ突っ込んで何枚か適当にパシャパシャパシャ……やって、マトモに取れたものがこの1枚。


こうやってキノコ目線でみると、けっこうかわいいじゃないですか〜、抱いていた危険なイメージが少しだけ和らぎました。(でも触らないよ)

なるほど、これからしばらくはいいキノコ日和りが続きそうですね。春のタケノコ狩りのときのようにまたもや狩り人と化して、今秋はキノコ狩りだ……って、庭先で毒っぽい色のキノコ見た後に思うことではありませんよね。

月光の実/ヤマボウシ2019/11/05 16:52

秋の実が野鳥に大人気のヤマボウシ。(鉢植え)

今秋も実が片端から野鳥に落とされ、最後の1コも遠からず食べ散らかされる運命でしょう。

ということで、こちらは木に残っている最後の1コです。実った実がだんだん赤く色づいてきて、可愛いな〜と喜んでいる頃がトリにとっての食べごろらしく、ゆっくりと実を鑑賞することはできません。

   いつも先を越されるので実を食べることもできない

 

こちらが地面に転がっている食べ残しの実。アリがおこぼれにあずかっていたので、少し甘いのかな? ともあれこの実の味は、いろんな生きものに好まれている模様です。

庭のヤマボウシは常緑の月光という品種なので、このあとも葉っぱをつけたまま冬越しです。


もし可能なら、度々の嵐で傾き管理不能になったがため今年切り倒したシンボルツリーの後釜として、来年庭の中心に地植えにしようと思っています。

もちろん、あくまでも可能だったらの話しで、鉢植えといってもそれなりに大きく育っているので、DYIでやるのは難しそうな気が……。

とはいえ、地植えにしたら、これまで以上に花も実もたくさん見られて庭が賑やかになりそうなので、試す価値はありそうです。

猫ハウスの季節2019/11/06 15:41

秋らしくなって涼しい毎日になりましたが、昨日今日と、早朝の時間帯を寒く感じるようになりました。

そんな今日は愛猫のダン君の近況です。

 

ふいに朝晩の冷え込みの差が大きくなったので、昨朝は冬用のニャンコハウスを引っ張り出してきて設置。

前回シーズンが終わって片付けるときに、毛布もハウスも全て毛を取り除いて、ジャブジャブ洗濯して、お日様に当てまくって天日干しにして、湿度調整の効いた場所に保管していたので“かえってきたニャンコハウス”は心地良く使える状態のはずでした。

 

で、反応はというと、用意されたニャンコハウスにスタスタと入ったきり……朝の8時から夕方の6時過ぎまで鬼のように爆睡すること約10時間。

まるで「病院に連れて行かれて疲れ果てた日」みたいに寝入りまくりまして、そんなことならもう少し早くハウス出してあげればよかったな〜と思った次第です。

ということで、こちらがいつものニャンコハウス。(まだ中にヒータは入れていません)

 

ダン君が入ったきり、不気味なほどの静けさが漂うニャンコハウス……ただ寝ているだけなのか、もしや何か違うことになっていたりしないか、時間がたつにつれて気になりまして、さすがに、夕方頃にはそ〜っと近づいて中の様子を確認いたしました。


寝入ってから9時間目(5時頃)の様子。カメラに気づいて目を開けましたが、すぐまた寝入ってしまいました。

ずっと飲まず食わずでひたすら眠っていたので、肉食やめて冬眠始めた?って言いたくなる感じです。

 

ニャンコの10時間は人間に換算すると何時間? 一時間後にもう一回様子を除くと、まだまだ眠たそうな感じ……。

やっと起き出してきたときは、寝起きの悪い人っぽい雰囲気をかもしだしていましたが、とりあえずノビをして、アクビして、ひととおりウォーミングアップ。 

キャットフードを食べてから、トイレも済ませて……(↑放尿中)


で、場所を変えてまた寝に入る……。

「あまりに寝過ぎると朝夕が逆転して、外国星人に変身したり、時間感覚が浦島タロウ化したりしませんか?」とニャンコにお尋ねしたいところ。

 

ヒトも動物も、季節の変わり目は ”暁を覚えず” で眠たいものですよね。

……でもって、この調子で冬になって暖かな場所でホカホカうだうだ……動かなくなるのですよね。

小さな紅葉2019/11/07 15:42

鉢植えのツタが紅葉しました。

全体が赤くなると、葉っぱ的にはおしまいらしくアッサリ散り落ちてしまうので、ツタの紅葉は緑から赤へと変わってグラデーションを楽しまなければなぁと毎度のように思います。

こちらは斑入りのヘンリーヅタの紅葉。

今はすでに全ての葉っぱが散り落ちてツルだけになっています。

 

年間を通して葉が赤色の西洋ヒメヅタ。

新緑のころ新芽以外は赤いので、カラーリーフのように楽しんでおりますが、紅葉の赤色と普段の赤色は微妙に違っているように見えます。このヒメヅタもすでに全ての葉っぱが散りました。

 

ヘンリーヅタの紅葉です。

他の西洋ヅタと違って、今もまだ少し赤い葉っぱがツルに残っていて、紅葉するツタ類の中ではもっとものんびり紅葉している姿を楽しめるツタだと思います。

同じく違う植木鉢のヘンリーヅタ。ツタもこうして赤くなってしまうと、モミジのようにきれいですね。


これで紅葉まで楽しめる西洋ヅタのシーズンはおしまい、ツルだけになった姿で次の春を待ちます。

 

紅葉ついでにカクレミノについてもひとつ。

常緑のカクレミノも古くなった葉を黄色に紅葉させては、ポトポト地面に落としています。

お昼前後の時間しか日が当たらない場所でも、きれいに紅葉しているのが嬉しいです。

(すぐそばにあるマルバの木は日照不足らしくあまり紅葉しない)


ちらは裏から、木の下から見上げた場合に見える葉っぱの様子です。

今は鉢植えサイズの小ささですが、それでも葉っぱはいちにんまえに大きいので、大人のヒトの手ほどもある大きな黄色い落ち葉が足元の鉢植えに覆いかぶさっていて、存在感あり過ぎる落ち葉になっています。

ということは、庭木として地植えにすると、背丈も幅も大きくなるぶん落ち葉の量も増えて、秋がくるたびに足元がすごいことになりそうです。……となると、地植えにせず鉢植えのままでもいいのかなぁ〜? でも落ち葉が大きいってことは掃除しやすいってことでもあるので、予定通りに地植えにしてもいいのかもしれません。

ハナフサ/成長中のちびっこたち2019/11/12 17:15

ちびっこのハナフサたちがすくすく成長中。3ヶ月前の、2センチ前後の稚魚のころに比べると、体の模様がいろいろと浮き上がってきて、個性と言いましょうか、一匹一匹の違いがわかるようになってまいりました。

参考までにこちらは2ヶ月前の様子で、その当時はどの子もまだ白っぽい状態でした。

 

こちらは今月始め頃の様子で……

 

これ以降の写真は昨日今日の様子。全身が写っている個体が、稚魚たちの中でも、もっとも大きく成長している子です。

ハナフサの名の通りに、これからフサっとなりそうなボンボンを観察できるのは、今のところこのもっとも大きな体つきのこの個体だけ。

よ〜く目を凝らして見ると……うん、あるある、フサ・ノヴァだ。


まだ体の小さな他の子たちのフサはこれからなのでしょう、今のところ見当たりませんが、それとは別に体の色がどんどん明瞭になってくる様子は、まるで色が変わる花を見ているようで楽しいです。

この子たちもフサはこれからかな。一番手前の子は、わずかにポフッときている模様。これからパフ〜んといってくれるはずです、きっと。


こうやって、あれや、これや……と、フサの形成具合にも個体差があるのを見ていると、これからそれぞれがどんな風になるのかワクワクです。

「早く〜、もっと〜、フッサフッサボ〜ンとなぁれ」とばかりに、パラパラ餌をまく人類は、完全にフサの思う壺……にハマっているのかな。ハナフサにフサがある限り、フサへの欲望をたぎらせながらハナフサの鼻先に見入る日々が、この先も続くものと思われます。

ハナフサ2/白のハナフサ2019/11/13 13:25

昨日の引き続き今日は別の水鉢のハナフサについてひとつ。

上の写真のハナフサは、最初は兄弟姉妹3匹で連れてきた子です。けれども仲間の2匹が星になってしまって、今は1匹になってしまいました。


寂しそう? そういう金魚もいますよね。

でも、この白いハナフサは、周りに仲間がいなくなっても餌に並々ならぬ闘志を燃やしまくっている、自家発電型の熱血ファイターでございます。


夏に江戸川から連れてきた子ですが、そのときからさらにスクスクと成長しておりまして、体の色も模様も変化し、尾ひれにほんのりと朱色の縁取りが入りました。

それに体の白色も、同じ白でもキラキラな白色になりましたし、ハナフサの象徴である”フサ”のモシャモシャ感も、割増し増量中の模様。


鼻の付近のフサがそれなりにポフッとなっているのですが……わかりにくいかな……。


よく考えると、成長につれて体だけでなく、フサの面積も増えるわけですよね、少なくとも現時点で「ナイス・フサ」と言いたくなるフサが形成されているので、これはきっと有望株。

きっと、鼻の上のボンボンは体の大きさに合わせて存在感を増してゆくはずで、となると、とにかく長生きして、もっと大きな体に成長して、BIGなフサを見せてくれると嬉しいです。

 

ヒトの気配に瞬間反応して、じ〜っと水面を伺っている様子、相変わらずひとなつこいです。

……否、間違いなく、餌のことで頭をいっぱいにしているのでしょう、こうやって日がな水面に映る人影ばかりを気にして過ごしています。なので写真を撮ろうと近づくと、こちらを見てパクパクと水面から顔を出して、はからずも金魚がヒョウキンに見える構図の出来上がり。

神経質で逃げ回る子も写真に撮りにくいけれど、水面から顔を出す子も撮りにくかったりして……そんな姿を見ていると、”魚リンガル”なるものがあったらいいなと思ってみたりもして。


ともあれ、金魚もいろんな子がいて、その”いろいろ”を見ているだけで癒されます。