ホタルブクロとアジサイ2019/07/02 15:10

庭のアナベル(鉢植え)とタケシマホタルブクロです。

たしかアナベルは再再掲になりますね? すでに花のピークは過ぎてそろそろ終わる段階に入っていますので、写真は何日か前の最盛期の頃のものになります。

ちなみに、タケシマホタルブクロはまだシーズン真っ只中でございます。

アナベルもタケシマホタルブクロも、背丈が伸びて花が咲くと、花の重みで少しうつむくので置き場の都合で一緒に垂れ下がりながら咲いている様子はなかなかいい感じでした。

ただアナベルはそろそろスッキリとコンパクトにまとまるように、次の剪定の時期に枝を整理しようと思いました。

 

こちらは、いわゆる白花のホタルブクロ。実はホタルブクロも少し前にシーズンを終了していて、記事にアップするのは1週間くらい遅くなりました。ホタルブクロの白花は、たくさん花が咲いても不思議とおとなしいような……たぶん各カラーのホタルブクロの中ではいちばん楚々としていると思います。

そもそもホタルブクロ自体があんがい目立つようでおとなしい花だったりするので、もし目立たせたいなら青色系がいいのかもしれません。


せっかくなので、青花ホタルブクロも違う写真で再掲します。一時期、白やオレンジの四季咲き系のバラ(ボレロ、ラークアセンディング)と花期が重なっていたので、一緒に咲いて、なかなかきれいでした。バラに合わせるブルー系の花に、花期はアッサリ短いけれども青花ホタルブクロもどうぞ〜(鉢植えで)……参考までに、写真の奥に写り込んでいるロザンネイは、バーベナと一緒に今でもまだ咲き続けています。

 

ところで、どうがんばっても、うちの庭では、ホタルブクロ(桔梗)は鉢植えでなければ高温多湿の時期を越えられずに死滅する運命です。耐暑対策で地面から高めに土を盛って地植えにしても、やっぱり死滅、そうやって何度も何度もシツコイくらいに何度も、ホタルブクロを天国送りにしたわけです……にもかかわらず桔梗系の花の中でもホタルブクロはなぜか、どうしても諦めきれきれず……結局今はすべて鉢植えで育てるようにしています。

本音でいえば、水やりや日照や気温を気にしているのが面倒なので、なるべく植物は地植えで育つものが良いのですが……ホタルブクロは特別……さあこれでホタルブクロは大丈夫、どんどん育って増えてください〜。

 

前回から花の色がさらに変化したテマリテマリです。最初に色づいた2つのテマリは色あせはじめています。(写真のいちばん手前で白っぽくなっているのが最初に青くなったテマリ、重なっていますが2つあります)今もっとも、青や水色が美しいときですね。

 

こちらは鉢植えのアジサイ、ダンスパーティーでございます。

庭のアジサイの中では、いつもいちばん最後にシーズンを迎えるアジサイで、またもや今年も最後になってきれいな色になりました。

この園芸品種のアジサイのすぐれたところは、本当の花の部分(中心の瑠璃色のところ)までもがこんもりと密に華やかに咲いていて、周囲の花のようなガクと中心の花が美しくまとまっていることです。やっぱり梅雨にアジサイは欠かせないな〜って思わせてくれるアジサイだと思います。

これで、庭で今年最後のアジサイもピークを迎えたことになります。

気づけば7月、そろそろ近所の緑地帯のハンゲショウが葉を白くしている様子を見られる頃になりました。

早いもので。梅雨の終わりが始まった模様です。

シニアウサギ再び歯のカットへ2019/07/04 11:54

昨日の朝、いつものように朝の手入れの時間にウサギのフィーくんのケージへ行くと、餌の大半が手付かずになっていました。

 

これがおととしまでなら、換毛でたくさん抜けた毛をグルーミングで飲み込んでしまって、お腹に毛がたまって痛くなっているのだろう……ということで獣医へ行くか、ストックの腸のお薬を飲ませるかのどちらかでした。

今はもう抜ける毛が少なくなっていて、換毛でお腹が痛くなることもなくなっていますが、そのかわりに、昨年の秋から“歯”の問題が気になるようになりました。

(歯と歯が擦り合わさって自然に削れるという作用が老いるとスムーズにいかなくなる)

 

というわけで、昨年の秋以来の食欲ダウン……しかも明らかに痛そうにうずくまっているので抱きあげて口の周辺の様子を見ると、今回はヨダレではなく口の両サイドに血をにじませておりまして、とても驚きました〜。

こちらは口のケガ発見直後に、全身のチェック中に撮った写真です。

いつも見ている人間でなければ分かりづらいのですが、”うずくまっていたい” といった感じで、体を小さく丸めがちです。あと、右目は微妙に涙目です(涙目になったアト)

写真のフィーくんのすぐ真下に猫がいますが、いつものように真下にいる猫を ”覗き下ろす”こともしませんし、後ろ足立ちもしません。とにかく丸まっていたいといった様子。

正面からは、口元に固まって茶色になった血の塊が見えますが、仰向けにすると鮮血が……しかも血がとまらないのか、ずっとにじみ出てきている状態が続いているようでした。

特に右側の口元は鮮血の量が多かったので、いったいどうしたのかと、心配いたしました。


ふと、幼い頃(飼い主が小学生の頃)に、2段ベッドの飛び降りごっこで、顔面着地して舌をグサッと噛み、口から血を吹き出したことを思い出しました。血がなかなか止まらないし、血の出る勢いがすごくて痛みよりそっちのほうが怖かったよな……と。

まさかウサギがそのような愚かなチャレンジをすることはありませんが、ジャンプして滑って転んだ拍子に、顔を床に打ち付けて口にケガをした? というふうに、かつての経験から想像してしまったのでした。

(あれも梅雨の夜の出来事だった→長雨生活に退屈した子どもに訪れた惨劇)


で、話はウサギに戻って、もちろんすぐに獣医を予約して、当日夕方、10ヶ月ぶりに治療へGO〜

 

結果は……去年の秋のときと同じでした。咀嚼(そしゃく)に問題を与えているらしい歯が微妙に伸び過ぎているものの、その伸び過ぎの具合は、ほんのちょっとだけ。

「ほんのちょっとでも伸びた歯を気にする子と、口に刺さるほどに伸びても気にしない子がいて、この子は気にする子……云々」とのお話も昨年と同じでした。


なので伸びたといっても、切ってもらった歯はチビっとしかありませんでした。

では、なぜ舌はザクザクに? 


獣医さんいわく、「この子は体がとても小さい子なので、口も小さいし、なので歯に大した問題がないように見えても、この子にとってはコレ(チビっと伸びた状態)が限界の状態なのでしょう。」

きっとそうなのでしょうね。チビっと伸びただけの歯であっても噛み合わせを狂わせ、フィーくんはいつものようにザクザクと牧草を食べるノリで、思い切りよく舌をもザクザク噛んで大変な状態になったのかもしれません。

またはジャンプで滑って顔面着地……それはない?(たぶんナイ)なんとも言えませんが、じっさいに足腰も弱っているので、でも嬉しいときと遊ときは首をフリフリして跳ねるわけで、これからは「何が起きても不思議ではない」と思うことにいたします。


診療中、フィーくんの舌の怪我の様子をスコープを使って見せてもらいました。

人間が食べ物を食べるときに ”こすり合わせる” といった感じの歯の使い方はしませんが、もし人間でも、画面に映し出されているような深いケガを口の中におってしまったら、「激しい痛みで全ての意欲を喪失するだろうな、絶対に〜」そう思いました。


診療の最後に、獣医さんに、口の周りの毛にこびりついた血の塊りを優しく梳(す)きとってもらって、ウサギのセクシー口元復活完了……。診療中もまだ出血は続いていましたが、「ケガはすぐに治ります」とのことで、薬もナシで済みました。

もちろん、もし食欲が戻らないようなら再診の必要がありますが、翌日の今日は出血もなく、大好物の乳酸菌タブレットをあげると「ガウッッッ」と勢いよく食らいつきました〜。

この調子なら、あとはどんどん回復するばかりでしょう。

白色イトシャジン2019/07/05 14:54

青色イトシャジンの開花最盛期からすると、同じイトシャジンでも、白色イトシャジンはようやく少し前から開花がはじまりました。

今のところ花の数も昨年よりは少なめのような……。あともう少し待てば、花の数も増えるだろうと思ってタイミングをはかっていましたが、もともと花の期間が長めの植物なだけに、そうやってのんびりと待っているうちに撮影の機会を逃して季節を終了しかねないので、ブログにUPすることにしました。


ということで、白花イトシャジンです。

 背後にも写っている白いポツポツも、同じく白花糸シャジンでございます。


糸のように細い茎の先に、1センチ程度の小さな花を咲かせます。


ちなみに、しばらく前に掲載した今年の青色イトシャジンの様子がこちら。

(ガーデンラックの上の植木鉢で育てています)

重複しますが、青色イトシャジンの写真の、中央のひょろっと一本だけ生えている野草は、

白色イトシャジンの植木鉢に出現した屈強系の山野草です。

白色イトシャジンは、前回の植え替え&鉢サイズUPのときに、植木鉢に侵入してきたたくさんの他の植物を取り除く作業をしたので、春以降、根っこに回復力を集中させていたはず。

にもかかわらず、結局、まだ取り除くべき山野草が植木鉢に残っていて……今思えば、早い段階で邪魔な位置に生えてきた野草を引っこ抜いておけばよかったのですよね。


問題の野草の名前は忘れてしまいましたが、葉が細くて茎も細くておとなしいと思って油断していたら、途中から植木鉢すべてを占領する勢いで細く長く高く栄えまくり、水切れは起こすし栄養はもっていくし、狭い場所で共生できるタイプじゃありませんでした。

でも、地植えではいい感じになるのですよね。

(種を綿毛で飛ばして増えるタイプ/発芽率は高くもなく低くもなく)


ともあれ、白花イトシャジンはまたもやその強権な野草と一緒に、狭い鉢の中で夏越しをしなければならなくなったので、今夏も水切れに気をつけなければなりません〜。

ヤマボウシ/月光2019/07/09 14:43

方々でヤマボウシの花が咲いているのを見かけるようになりました。

庭のヤマボウシ“月光”も、6月の半ばには咲き始めて以来いつの間にか満開状態を迎えて、いまなおずっと、かわいい白い花で木を覆っています。

この白い花が並んでいる様子は、まるでレースの花模様のように見えるからか、毎度花が咲くたびに「シンプルなワリにかわいい木だなぁ」と感じ入っております。

このあとなるライチの小さな親戚のような姿をした実は、野鳥に先を越されっ放しで食べたことがありませんが、おいしいらしいので今年こそは1粒食べてみたいかも……。まぁ熟れ頃の実を野鳥より早く食べるのは難しいと思いますが。

 

そんな“月光”の常緑の葉っぱは、黄緑や赤色が入って少しばかりHOTな感じの質感があるせいか、とりたてて鑑賞価値を感じることはありません。ですが、元気のいい緑の葉っぱを年中見られる、という点ではありがたい存在になっていますし、ウチの庭では半日陰に近いところに置いているので、暗いはずの場所に緑があって大助かりです。

 

いつか地植えにしようと思いつつ、大きな鉢植えのまま、何年間もその日がくるのを待っていましたが、否が応でも外構をやりかえなければならない事態になったために、ようやく“地植えカウントダウン”が始まりました。

 

なので、月光をじっさいに地植えにした日にはどうなるのか? ……ともあれ、鉢植え最後の年になるかもしれない月光の花を、梅雨の間中楽しませてもらっています。


ヤマユリもカサブランカも咲いた2019/07/10 11:15

庭のヤマユリが咲きました。

近所の崖の上や山の切り立った斜面のヤマユリは、早いものは6月半ばには咲いていたと思いますので、庭のヤマユリが無事に咲いてなによりです。

とはいえ、昨年2球のヤマユリを植えつけたはずなのに地面から生えだしたのは1球だけ。問題の消えた1球を植えた場所は、運悪くモグラの通り道になってしまったので、もしかすると球根が傷ついて腐ってしまったか、モグラの坑道が作られた影響で地中深くに落ち込んでしまったか、とにかく何かのアクシデントに見舞われたのだろうと思います。


ともあれ1球だけでもきれいに咲いて良かったです〜。

 

こちらの白いユリはカサブランカ/ノバゼンブラーです。まだ1つ目が咲き始めたばかりですが、今年もカサブランカを見ることができました。

それにしても、夏の草木が鬱蒼とした庭に白い大きなユリ……1年ぶりに咲いてみれば、思ったよりもスッキリとしています。

同じ白でもこのカサブランカの白色は清々しくてクールな白色なのでしょうね。